コラム

「やらない理由がどこにある?」M&A決断のとき

M&A全般

⽬次

[表示]

先日、ある社長に3年ぶりにお会いしてきました。 最初の出会いは約10年前、私がM&Aのアドバイザーとしてまだまだひよっ子だった頃です。 「生意気だけど、言ってることは合ってる。信用できる奴だと思ってたよ」 30歳の若僧の言葉でも真摯に聞いてくれる社長のことが、私も大好きでした。 3年前に私がご提案したのは、東海エリアで10店舗展開している会社でした。事業内容や財務情報などをご説明した後、少し間をおいて、社長はこうおっしゃいました。 「細かいことはどうでもいい。早く、この会社の社長に会わせてほしい」

目的のないM&Aには意味がない

「社長、提案している私が言うのも何ですが、もっと時間をかけて考えていただいたほうが・・・」 当社で概要書と呼んでいる譲渡企業の紹介資料をお見せしてから、まだ10分も経っていませんでした。 「私はうちの会社を3年後までに50店舗まで拡大したいんだ。この会社と一緒になれれば、40店舗になる。この会社はきちんと利益も出している。やらない理由がどこにある?」 「いつまでに」「何」をやり遂げるのか― 「売上を伸ばしたい」「エリアを広げたい」という漠然とした目標を持っている経営者の方もたくさんいます。 また、目標がはっきりしていても、「いつまでに」という時間軸を考えられていない方もいらっしゃいます。 しかし、M&Aを成功させる(意味のあるものにする)ためには、「いつまでに」「何」をやる、という明確な目標が必要です。 なぜなら、M&Aが成功だったか、失敗だったかは、その目標を達成することができたかどうかで判断されるからです。 社長が立てられていた目標は、とてもシンプルで明確なものでした。

「いつまでに」「何を」という目標設定がM&A決断の決め手となった

成長戦略としてのM&A

「3年後までに50店舗にしたい。でも、自社のスピードでは35店舗が限界」 「君だったら、どうする?」 目標を達成するための戦略(手段)として、M&Aは必須なのだと社長はおっしゃいました。 「分かりました。すぐに先方にお伝えします」 社長にとって、それが初めてのM&Aでした。 最初の決断は早かった社長でしたが、M&Aのプロセスに入ると、とても慎重だったと記憶しています。 そのなかでも一番大事にされていたのは、お相手となる会社の社長との面談でした。 「一緒のグループとしてやっていくのだから、相手の会社も成長しなければ意味がない」 「一緒に上手く成長していくためには、社長との相性が大事なんだ」 そうおっしゃって、何度も先方の社長とのご面談やご会食を重ねられていました。

M&Aで成長するには

“譲渡企業が成長”していることが、M&A後にグループとして成長を遂げているケースに共通している点です。 譲渡企業の従業員も、自社グループの従業員になるわけです。彼らのモチベーションを上げなければ、グループ全体の成長はありえません。 今回ご紹介した社長は、その後も2件の買収を重ねられ、現在60店舗にまで拡大されました。 今の目標は2年後のIPO(株式上場)とのことです。 「あの時のM&Aがなかったら、いまの会社はなかったよ。IPO後も頼むよ、竹内くん」 2年後に上場を果たした社長にお会いするのが、いまからとても楽しみです。 いま、多くの企業がM&Aを検討されています。 実際、中堅中小企業のM&Aは年々増加しており、2社、3社と買収を重ねられている会社も数多くいらっしゃいます。 それは、買収した結果に満足されていることの裏返しではないでしょうか。 今回の成長戦略セミナーは、買収戦略に特化した内容となっています。体験談では、経済産業省が発行する「中小企業白書」にも取り上げられた株式会社シマキュウの島田社長にご登壇いただき、実体験に基づくM&Aの成功の秘訣をお話いただく予定です。 是非、皆様の買収戦略のご参考にしていただければと思います。 ※今回の成長戦略セミナーは終了致しました。

書籍『どこと組むかを考える成長戦略型M&A』

Think Owner's

著者

竹内 直樹

竹内たけうち 直樹なおき

日本M&Aセンター 常務取締役 営業本部長

当社内最大件数(年間100件超)を成約させる事業法人部の責任者として5年間牽引し、上場後の当社の業容拡大に大きく貢献。事業法人部は主にマッチングを行う部署であるが、買い手と売り手との双方の成長戦略を描くなかで、譲渡案件のソーシングにも従事。昨今はミッドキャップ案件(売買金額20~100億円程度)を中心に、ソーシングからクローズに至るまでの全てのフェーズにて陣頭指揮をとっている。買収も売却も実行できるミッドキャップ企業をターゲットとした「成長戦略セミナー」を2015年からスタートさせ、2019年10月で同セミナーは10回を数え、累計参加者は3,000名を超える。 著書に『どこと組むかを考える成長戦略型M&A──「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現』がある。

この記事に関連するタグ

「成長戦略・買収」に関連するコラム

キリンホールディングスの事例から読み解く!M&Aポイント解説

海外M&A
キリンホールディングスの事例から読み解く!M&Aポイント解説

国内外のM&Aに精通するDr.(ドクター)Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する新企画「Dr.MのM&Aポイント解説」。第1回で取り上げる企業は「キリンホールディングス」。国内ビール業界の中でも海外展開を積極的に進めてきたキリンで、いま何が起きているのでしょうか。|*概要*||-------------------------------------------

【大人気セミナー「買収の参観日」開催レポート】日本初のM&A仲介業務に自動付帯する保険サービスがスタート!

広報室だより
【大人気セミナー「買収の参観日」開催レポート】日本初のM&A仲介業務に自動付帯する保険サービスがスタート!

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日」が2021年12月10日に開催されましたのでセミナーレポートをお届けいたします。7回目を迎える今回は、下記の3つのテーマについてお話ししました。1、実行する前に知っておくべきM&Aの基礎知識2、当社仲介案件に付与する「表明保証保険」について3、データが導き出す買収戦略とマッチ

好評発売中!『自社の価値を最大化する成長戦略型M&A2.0』

M&A全般
好評発売中!『自社の価値を最大化する成長戦略型M&A2.0』

M&Aで会社を成長させるには買収しかない。そう思い込んでいませんか?M&Aで会社を成長させるには譲渡か買収か、と問われたら、あなたはどちらを答えますか。多くの方が「買収」と答えるのではないでしょうか。しかし、本書の答えは「譲渡」です。なぜ企業の成長が譲渡で可能になるのか、その理由を著者である日本M&Aセンター上席執行役員の栗原弘行が語りました。なぜ、会社の成長=譲渡なのかこれまで譲渡というと、後ろ

コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

経営・ビジネス
コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

事業規模がある程度以上大きくなった企業は、傘下にいくつもの子会社を持つグループ企業へと成長していきます。このグループ企業の組織編成にはいくつかの様式があり、それぞれに長所と短所があるため、各グループの経営方針や収益構造、ターゲットとしているマーケットになどを考慮しながら企業体の編成方法が選択されます。この企業体の編成方法の一つとして、いま注目を浴びているのが「コングロマリット」です。本記事では、コ

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

広報室だより
人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年10月11日に開催されました。5回目の今回は成約を成功に導くキーワード「PMI(PostMergerIntegration)」について、当社グループのPMI支援専門会社株式会社日本PMIコンサルティング代表取締役の竹林信幸が解説しま

「成長戦略・買収」に関連するM&Aニュース

米マイクロソフト、米ゲーム会社のActivision Blizzardを買収

マイクロソフト(アメリカ・ワシントン州)、米ゲーム会社のActivisionBlizzard(アメリカ・カリフォルニア州)を買収することを決定した。取得価額は、687億ドル。本件に伴い、テンセント、ソニーグループにつづいて世界第3位のゲーム会社となる。マイクロソフトは、ソフトウェア開発、販売の大手IT企業。ActivisionBlizzardは、「コール・オブ・デューティ」などの人気ゲームを手がけ

ウェブシャーク、ビーズソファブランド「Yogibo」買収

株式会社ウェブシャーク(大阪府大阪市)は、YogiboLLC.(アメリカ・ニューハンプシャー州、Yogibo)を買収することを決定し、持分譲渡契約を締結、全持分取得を完了した。ウェブシャークは、「Yogibo」の日本総代理店、世界初エッグウィッチ専門店「ドン・ウォーリー・エッグウィッチ」の運営、社会課題の解決を促進する広告を企画する「TANZAQ」の運営を行っている。Yogiboは、ビーズソファブ

武田薬品工業、英国Adaptate Biotherapeuticsを買収

武田薬品工業株式会社(4502、武田薬品)は、AdaptateBiotherapeutics(イギリス、Adaptate社)を買収するオプション権を行使した。本件に伴い、Adaptate社の新規の抗体ベースのガンマデルタ(γδ)T細胞エンゲージャープラットフォームが武田薬品の自然免疫に着目したがん免疫治療のポートフォリオに加わる。武田薬品は、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品事業を展開している。

日本精工、軸受リコンディショニング事業を買収

日本精工株式会社(6471、NSK)のグループ企業である米国法人NSKコーポレーション社は、AllianceBearingRepairandreclaim,LLC(アメリカ・オハイオ州、アライアンス社)の軸受リコンディショニング事業を買収した。本件に伴い、顧客使用済み軸受を、損傷度合いにより手直しし再使用するサービスを開始した。日本精工は、創業以来、軸受(ベアリング)事業行い、産業機械事業および自

NTTデータ、北米子会社を通じてChainalytics, Inc.を買収、合意へ

株式会社NTTデータ(9613)は、北米子会社のNTTDATAServicesを通じて、サプライチェーン領域におけるコンサルティングおよびアナリティクスに強みを持つChainalytics,Inc.(アメリカ・ジョージア州、Chainalytics)を買収することで、合意した。本件に伴い、市場価値の高い専門性を有する約200名の人材を獲得。NTTデータは、システムインテグレーション事業、ネットワー

ハリマ化成グループ、ドイツ化学メーカーHenkel AG&Co. KGaAより一部事業買収

ハリマ化成グループ株式会社(4410)は、ドイツ化学メーカーHenkelAG&Co.KGaA(ドイツ、Henkel)からはんだ付け材料事業に係わる商権・資産などを買収する契約を締結することを決定した。本件に伴い、欧・米・アジアにおける、生産設備、生産技術、商標、特許、研究設備、在庫、従業員、商権などと、マレーシアの工場不動産を取得し、海外子会社の事業と統合する。ハリマ化成グループは、松から得られる

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース