コラム

保守的な会社こそ、M&Aによる成長戦略が有効

竹内 直樹

日本M&Aセンター 取締役

M&A全般

⽬次

[表示]

5年ほど前、ある企業の社長とCFOにお会いしました。 東京23区内の会社で、売上高は100億円を超え、純資産も潤沢な優良企業です。 その社長も事業承継と成長戦略に悩みを抱えていました。 「事業承継については、うちの会社は保守的なので社内で解決したいと思っています」 「今は業績が好調ですが、当社の事業の市場は将来確実に縮小します。でも、うちの役員や従業員は保守的なので…」 いろいろとお話をお伺いしていくうちに、この会社の本当の悩みは「会社が保守的で何もできないでいること」だと感じました。 会社は社長だけのものではありません。役員や従業員の理解が得られなければ、何事も上手くはいきません。 「外部資本が入るなんて考えられない!」 「ファンドなんて絶対無理!」 そういった反応を予想したのか、結局この会社の社長とCFOが出した結論は、現在の役員によるMBOでした。

MBOという決断も、事業承継の選択肢のひとつ

MBO(Management Buyout)って何?

MBOとは、会社の経営陣が今のオーナーから株式を買い取ることです。 とはいえ、通常役員に株式を買い取る資金はないので、会社の資産や将来の利益を担保に金融機関から買取資金を借りることになります。では、その借入はどうやって返済するのか? それは、会社が毎期計上する利益(配当)です。つまり、会社は間接的に金融機関から借金をすることになり、利益の分配(配当金)という形で返済していくことになります。

先延ばしされた会社の成長戦略

MBOは事業承継問題を解決してくれますが、一方で会社の成長という観点から見ると「絶対プラスになる!」とは言えません。 MBOは会社の内部留保や将来の利益の使途を、成長分野への投資ではなく、借入返済に向けることになります。投資がそれほど重要でなく、キャッシュフローが安定している場合には問題ないですが、投資が必要な場合にはいい方法とはいえないと思います。 例えば、これまでは100の利益をあげれば、税金を支払った後の70を将来の投資に回すことができました。しかし、MBO後は100の利益をあげても、税金以外に借入返済のための配当50を支払わなければならなくなり、将来の投資には20しか回せなくなります。 成長資金が70と20とでは、どちらが成長できるか一目瞭然です。もし、競合他社が70投資していたら、どうなるでしょうか。 お会いしたCFOも、これらのことを充分すぎるほど理解されていました。それでも「保守的な会社ではMBOしか選択肢がない」と決断しました。 M&Aなら、成長資金も失わずに事業承継も解決でき、成長戦略も描くことができるのに…

保守的な会社だからこそM&Aのメリットは大きい

これからの事業環境はスピードを上げて変化していきます。企業も絶えず変化していくことが求められるでしょう。 とはいえ、会社の風土や従業員の意識を変えることは簡単ではありません。 だからこそ、M&Aを有効に使っていただきたいと思っています。M&Aは事業承継問題を解決し、成長戦略を実現するための手段になるばかりか、他社と一緒になることで企業文化を変える絶好の機会です。 実際、M&Aをきっかけにいい方向に変わっていった例をいくつも見てきました。最初は抵抗感のあった役員や従業員の方々も、変わっていくことへのメリットを感じていただけているのだと思います。

成長を可能にする事業承継

非上場企業にとって、事業承継は避けて通れません。 では、会社の成長を描きながら、どう事業承継したらいいのか。 事業承継対策の方法は複数あります。何を重視するかで、選択すべき方法は変わります。会社の成長が最優先でないのなら、MBOが答えになることもあると思います。 この度執筆した『どこと組むかを考える成長戦略型M&A』では、企業の成長と事業承継のどちらも解決した実例をご紹介しています。 10年というM&Aコンサルタントの経験が詰まった1冊になったと自負しております。ぜひ参考にしていただければ幸いです。

『どこと組むかを考える成長戦略型M&A』

出版記念!著者竹内直樹との座談・懇親会はこちら

Think Owner's

著者

竹内 直樹

竹内たけうち 直樹なおき

日本M&Aセンター 取締役

当社内最大件数(年間100件超)を成約させる事業法人部の責任者として5年間牽引し、上場後の当社の業容拡大に大きく貢献。事業法人部は主にマッチングを行う部署であるが、買い手と売り手との双方の成長戦略を描くなかで、譲渡案件のソーシングにも従事。昨今はミッドキャップ案件(売買金額20~100億円程度)を中心に、ソーシングからクローズに至るまでの全てのフェーズにて陣頭指揮をとっている。買収も売却も実行できるミッドキャップ企業をターゲットとした「成長戦略セミナー」を2015年からスタートさせ、2019年10月で同セミナーは10回を数え、累計参加者は3,000名を超える。 著書に『どこと組むかを考える成長戦略型M&A──「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現』がある。

この記事に関連するタグ

「MBO・事業承継・成長戦略・書籍」に関連するコラム

家、家にあらず。継ぐをもて家とす

事業承継
家、家にあらず。継ぐをもて家とす

父の観阿弥とともに能(能楽)を世に広めた世阿弥は、多くの言葉を残しています。一番有名なのは、「初心忘るべからず」でしょうか。その世阿弥の有名な言葉のひとつに「家、家にあらず。継ぐをもて家とす」があります。世阿弥は、「たとえ自分の子供であっても、その子に才能がなければ、芸の秘伝を教えてはならない」と言ったうえで、この言葉を続けています。この「家、家にあらず。継ぐをもて家とす」とは、「家というものは、

「僕には継げない」親子で歩んだM&Aの道のり

事業承継
「僕には継げない」親子で歩んだM&Aの道のり

これは、私が出会ったとある親子の話です。当社が開催したセミナーに50歳代と30歳代の男性が連れ立ってご参加されました。会場の真ん中に座っていた二人は、私の講演をとても熱心に聞いていただいていました。「社長を引き継ぐ息子の勉強のためにセミナーに来たのかな」とはじめは思っていました。セミナー後にその親子にお話をお伺いしたところ、思いもしなかった相談を受けました。父(社長):「M&Aで自社の売却を考えて

好評発売中!『自社の価値を最大化する成長戦略型M&A2.0』

M&A全般
好評発売中!『自社の価値を最大化する成長戦略型M&A2.0』

M&Aで会社を成長させるには買収しかない。そう思い込んでいませんか?M&Aで会社を成長させるには譲渡か買収か、と問われたら、あなたはどちらを答えますか。多くの方が「買収」と答えるのではないでしょうか。しかし、本書の答えは「譲渡」です。なぜ企業の成長が譲渡で可能になるのか、その理由を著者である日本M&Aセンター上席執行役員の栗原弘行が語りました。なぜ、会社の成長=譲渡なのかこれまで譲渡というと、後ろ

解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

広報室だより
解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

令和3年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募が9月30日から開始となりました。本補助金は、事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を支援するものです。事業承継とは本補助金の制度運用を担う中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐に解説していただきました。※本記事は6月30日に公開した内容に最新情報を加筆しております。事業承継の動向我が国

業種特化セミナーがスタート

広報室だより
業種特化セミナーがスタート

日本M&Aセンター業種特化事業部によるオンラインセミナー「全17コマ9月横断業種特化セミナー」が2021年9月10日から始まりました。高い専門性を駆使してM&Aを成功に導くコンサルタントがIT、物流、調剤、建設、食品、製造の業種別に最新M&A事例や成長戦略を解説します。IT業界M&Aからスタート「売上20億円以上の受託開発ソフトウェア業におけるM&A戦略」をテーマに、同事業部IT業界支援室の室井優

IKKOさんが語る「M&Aは"希望"グイッと成長できる」

広報室だより
IKKOさんが語る「M&Aは"希望"グイッと成長できる」

日本M&Aセンターは経営者の皆様やM&Aに興味をお持ちの方に向けて、事業承継の問題を解決するM&Aや成長戦略に関するセミナーを多数開催し、たくさんの方々にご参加いただいております。2021年8月23日に美容家のIKKOさんを招いたオンラインセミナー「IKKOさんが聞く『M&Aって何!?』」を開催しました。東京本社にご来社された黒の着物姿のIKKOさんの輝かしいオーラに社員一同は圧倒されました…!今

「MBO・事業承継・成長戦略・書籍」に関連する学ぶコンテンツ

「MBO・事業承継・成長戦略・書籍」に関連するM&Aニュース

トランスコスモス、新設会社「日本直販」に通信販売事業を承継および同新設会社の株式を譲渡

トランスコスモス株式会社(9715)は、総合通信販売事業を中心とする日本直販事業を会社分割により新設会社に承継し、同新設会社の全株式を株式会社悠遊生活(神奈川県横浜市)に譲渡することを決定した。トランスコスモスを分割会社とし、新設会社を承継会社とする簡易新設分割。【新設会社の概要】名称:日本直販株式会社所在地:大阪府大阪市事業内容:総合通信販売事業分割効力発生日に、悠遊生活の子会社となる予定。トラ

ハウス食品グループ、子会社間で国内業務用食品事業を統合

ハウス食品グループ本社株式会社(2810)は、子会社であるハウス食品株式会社(東京都千代田区)の業務用食品事業を、同じく小会社の株式会社ギャバン(東京都中央区)に承継させることを決定した。分割会社はハウス食品、承継会社はギャバンとなる簡易吸収分割の方式。ギャバンの商号は「ハウスギャバン株式会社」に変更される。ハウス食品グループ本社は、グループ戦略立案、事業会社(国内・海外)への経営サポートならびに

セイコーHD、吸収分割により子会社のセイコーアイ・テクノリサーチに事業を承継

セイコーホールディングス株式会社(8050)は、吸収分割により機能の一部を完全子会社であるセイコーアイ・テクノリサーチ株式会社(千葉県千葉市)に承継させることを決定した。セイコーHDを分割会社、セイコーアイ・テクノリサーチを承継会社とする簡易吸収分割。【分割する事業の内容】・グループ全体の研究開発および生産技術開発、事業サポート・グループ横断の新事業開発・上記に附帯または関連する事業セイコーHDは

IBJ、マッチングサービス事業を行うDiverseの株式を譲渡へ

株式会社IBJ(6071)は、株式会社Diverse(東京都千代田区)の株式を譲渡することを決定した。議決権所有割合は、19.95%となり、Diverseは持分法も含めIBJの連結対象から除外される。譲渡先は、Diverse代表取締役である津元啓史氏。IBJは、結婚相談所などの婚活サービスを展開している。Diverseは、友人・恋人探しのマッチングアプリを中心にマッチングサービス事業を行っている。

SMN、連結子会社のSMTのソリューション事業を会社分割により新設会社に承継へ

SMN株式会社(6185)は、連結子会社であるSMT株式会社(東京都品川区)のメディアデータを軸としたソリューション事業を会社分割により新設会社に承継し、同新設会社の株式を分割会社の現代表取締役社長宮口文秀氏に譲渡することを決定した。SMTを分割会社とし、会社分割により新設会社設立する新設分割方式。SMNは、マーケティングテクノロジー事業を行っている。SMTは、マーケティングソリューション事業を行

KDDI、エネルギー事業の経営戦略や管理事業を中間持ち株会社に集約

KDDI株式会社(9433)は、エネルギー事業に係る子会社の管理事業及び事業戦略の企画・立案・推進機能等を、auエネルギーホールディングス株式会社(東京都千代田区)に対し承継することを決定した。また、電力小売に係る事業等をauエネルギー&ライフ株式会社(東京都千代田区)に対し承継することも決定した。KDDIを分割会社とし、それぞれの完全子会社を承継会社とする吸収分割(簡易吸収分割)とする。KDDI

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース