コラム

イエローハットのM&Aを通じた成長戦略

渡邊 大晃

Nihon M&A Center Vietnam Co., LTD (ベトナム現地法人) 代表取締役社長

M&A全般

⽬次

[表示]

株式会社イエローハットは、自社成長とM&Aをバランス良く組み合わせながら継続的に企業価値を高めている企業である。2012年、同社が立て続けに実施したM&A、株式会社モンテカルロ(当時業界第6位)買収、株式会社ドライバースタンド(当時業界第4位)買収、および出光興産との資本業務提携は、カー用品業界リーディングカンパニーとして躍進が著しい同社を大きく印象づけるものであった。ドライバースタンド買収案件のアドバイザーとしての目線で、同社のM&A事例を取り上げてみたい。

同社は、1961年、カー用品卸売業として創業、東証一部上場(1997年)を経て、カー用品業界のリーディングカンパニーへと飛躍発展した。しかし2000年以降は、個人消費の低迷や、若者の「クルマ離れ」などの影響で、同社業績も必ずしも順調ではなかった。

現代表取締役社長・堀江康生氏が就任した2008年10月当時は、業績不振を起因とする「信用不安」、「社内士気の低下」、そして同年の「リーマンショック」を引き金とした、「底の見えない不景気の始まり」という最悪の状況であった。2期連続赤字となり銀行管理下への瀬戸際であった同社を、堀江社長は就任からわずか半年後の本決算で黒字化に導いた。その後もカー用品市場の縮小傾向(2006~2011年の年平均成長率は△2.2% ※矢野経済研究所調べ)にもかかわらず、現在に至るまで、同社は売上高・利益の伸び率において他社に抜きんでている。

堀江社長新体制下では、経営と現場の距離を縮める「風通しの良い組織」への改革がなされ、加えて「本業の集中強化」という旗印のもとで、以下の諸施策が行われた。

  • 本社管理部門(システム)のスリム化及び現場部門への人材シフト
  • 非中核事業の整理・売却、遊休資産の売却整理
  • 本業であるカー用品販売に特化(物流機能を生かした卸売業の強化)
  • 小売の工賃収益拡大(消耗品販売、修理・整備・車検事業の強化)

「選択と集中」とM&A

「選択と集中」においては、短期的に効果の出るコストカットばかりが注目されがちだが、堀江社長は、社員の士気向上のため多少の無理も覚悟し、給料アップの早期実現及び広告宣伝費増を行った。特筆すべきは、事業の再構築時にありがちな、リストラを繰り返す「ダウンサイジングの罠」に陥らなかったことだ。むしろ、M&Aによる企業活力向上を目的とした積極的投資を継続して行なっている(図1)。まさに会社の隅から隅まで知り尽くした優れた実務家であり、数々の困難を乗り越える「経営」を見つめてきた堀江社長の真骨頂である。

図1 イエローハットの売上高・純利益推移と主要なM&A

図1 イエローハットの売上高・純利益推移と主要なM&A

以上の、堀江新体制下での同社の社内改革、M&Aを一体化した「成長戦略」は、株式市場においても信認を得ているといえる。アベノミクス始動以降の活況な株式市場においても、同社株価が、日経平均を大きくアウトパフォームしていることがその証しである(図2)。

 図2 イエローハットの株価推移(2008年10月を100%とする)

図2 イエローハットの株価推移(2008年10月を100%とする)

無論、同社においても解決すべき課題は多い。若者の「クルマ離れ」、EVへの対応、メーカーのアフターサービス強化、あるいは機能向上する純正品との競合などである。これらの課題に対して、堀江社長がどのような解決策を用意し、率先していくか?どのようなスピードで、イエローハットグループ全社が、一丸となってこれに取り組んでいくか?

これからも同社の打ち出す「成長戦略」から目が離せない。
******************
カーブアウト(ノンコア事業・子会社の売却)に関するサービス
******************

広報誌「Future」 vol.3

Future vol.3

当記事は日本M&Aセンター広報誌「Future vol.3」に掲載されています。

******************
日本M&Aセンターの成長戦略支援サービス
******************

著者

渡邊 大晃

渡邊わたなべ 大晃ひろみつ

Nihon M&A Center Vietnam Co., LTD (ベトナム現地法人) 代表取締役社長

大手化学メーカーを経て、2004年日本M&Aセンターに入社。2010年以降、海外M&A業務(東南アジア、米国、中国、インド等)に従事。2019年ベトナム法人設立に伴い、同代表に就任。上場未上場企業のM&A支援実績多数。米国公認会計士(USCPA)、英ノッティンガム大学修士(MBA)。

この記事に関連するタグ

「広報誌・ケーススタディ・成長戦略・選択と集中」に関連するコラム

業務用食品卸売業界のトップ企業として、「業界再編の核」へ

M&A全般
業務用食品卸売業界のトップ企業として、「業界再編の核」へ

株式会社トーホーは、創業67年を迎える業務用食品卸売最大手企業。「M&A戦略の更なる加速」を重点施策として掲げ、16件のM&Aにより、コア事業(業務用食品卸売、業務用食品現金卸売、食品スーパー)の拡大を図っている。業界の現状やM&Aを活用した戦略ついて、上野社長に語っていただいた。(聞き手:日本M&Aセンター執行役員平山巌)業務用食品卸売は小規模乱立再編は急速に進んでいくまず、貴社の属する「業務用

大好評オンラインセミナー 買収の参観日

広報室だより
大好評オンラインセミナー 買収の参観日

日本M&Aセンターのオンラインセミナー「買収の参観日―M&Aの実現と成功のために―」(計3回)が5月より始まりました。M&Aで買い手候補となる経営者を対象にした初めてのセミナーです。毎回、配信が平日の夕方にも関わらず数百人以上が視聴し、まだ2回の配信ながら、すでに人気のコンテンツに成長しています。買い手企業の経営者指南M&Aを検討しながら契約に至る企業と、躊躇して一歩を踏み出せない企業には考え方に

ASEAN地域におけるM&A事例紹介

海外M&A
ASEAN地域におけるM&A事例紹介

日本M&Aセンター海外支援室は、日本企業のアジア進出あるいは撤退の支援を第一段階として展開してきた。今や、第2段として、日本企業の現地資本企業(ローカル企業)の買収等、いわゆるIN-OUT案件を発掘、構築する段階に至っている。ここでは、第1段階の総括として、ASEAN2カ国で成約した案件、および第2段階の本格的IN-OUTの端緒となるであろう案件をご紹介する。CASE1インドネシア【背景】買手A社

プラットフォーム事業における多様なM&A

M&A全般
プラットフォーム事業における多様なM&A

卸売事業とは、商品、資金、情報をやり取りして取引を成立させる流通「プラットフォーム(事業)」と言える。一般にプラットフォーム事業は、絶対的な規模が競争上重要である。現在、各種卸売業界で起きている大手企業への集約化の動きは、この事業特性を前提としている。株式会社トーホーの戦略も、規模拡大のための正攻法の戦略といえる。ここでは、他社事例より、プラットフォーム事業における規模拡大の追求「以外」の3つの戦

小売と産地のイノベーションが食品卸売業界の可能性を拡大する

M&A全般
小売と産地のイノベーションが食品卸売業界の可能性を拡大する

国分、丸紅との包括提携を発表大手グループの再編は最終局面へ商業動態統計調査によると2013年の食品卸売の総販売額は63兆5,800億円(前年比101%)となった。生鮮卸売市場は前年比98%と苦戦したが、食料・飲料卸売は41兆3,360億円(同103%)と伸長した。しかしながら、この数字は10年前の101%という水準にとどまるものであり、市場の飽和感が弛んだわけではない。食品卸売大手10社の2013

トーホーのM&Aによる成長戦略

M&A全般
トーホーのM&Aによる成長戦略

株式会社トーホー(以下、「トーホー」)は、外食事業者への食材卸売をコア事業とする「業務用」食品卸売業界の最大手である。1947年佐賀県にて食品卸売業者として創業した。『食を通して社会に貢献する』という経営理念のもと、現在は神戸市に本社を構え、主要事業は業務用食品卸売(ディストリビューター)、業務用食品現金卸売(キャッシュアンドキャリー)、食品スーパー(トーホーストア)事業の3事業となっている。グル

「広報誌・ケーススタディ・成長戦略・選択と集中」に関連するM&Aニュース

マミヤ・オーピー、連結子会社キャスコの全株式をKSTに譲渡

マミヤ・オーピー株式会社(7991)の連結子会社であるキャスコ株式会社(香川県さぬき市)の全株式を株式会社KST(埼玉県児玉郡)に譲渡することを決定した。本件伴い、キャスコは連結対象から除外される。譲渡価額は、500百万円。マミヤ・オーピーは、電子機器事業、スポーツ事業、不動産事業を行っている。連結子会社キャスコは、ゴルフ用品の製造・販売を行っている。KSTは、ゴルフ場経営および管理請負業、ゴルフ

テレビ東京HD、子会社間で吸収合併

株式会社テレビ東京ホールディングス(9413)は、子会社である株式会社テレビ東京コマーシャル(東京都港区)が、同子会社の株式会社テレビ東京ヒューマン(東京都港区)を吸収合併し、新たに会社を設立することを発表した。本件は、テレビ東京コマーシャルを存続会社、テレビ東京ヒューマンを消滅会社とする吸収合併方式とする。株式の発行または金銭等の割り当てはない。テレビ東京HDは、株式等の保有を通じて企業グループ

ノジマ、完全子会社シグニの全株式を譲渡

株式会社ノジマ(7419)は、完全子会社であるシグニ株式会社(東京都江東区)の発行済全株式を、ベーシック・キャピタル・マネジメント株式会社(東京都中央区、BCM)が運営するBCM-V投資事業有限責任組合(東京都中央区、BCM-V)へ譲渡した。ノジマは、「デジタル家電専門店運営事業」「キャリアショップ運営事業」「インターネット事業」「海外事業」を軸とし事業を展開している。完全子会社のシグニは、医療機

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース