M&Aニュース

コニカミノルタ、中国ラックスビジョンに現地生産子会社2社を譲渡

更新日:

コニカミノルタ株式会社(4902)は、光学コンポーネント事業における中国生産子会社2社の株式80%を広州ラックスビジョンズイノベーションテクノロジー有限会社(中国 広東省広州、以下ラックスビジョン)に譲渡する契約を締結した。

譲渡後、2社はラックスビジョンの子会社となる。

コニカミノルタは、デジタルワークプレイス事業、プロフェッショナルプリント事業、ヘルスケア事業、インダストリー事業などを行う。

ラックスビジョンは、中国の電子部品大手。

コニカミノルタは、今回の戦略的業務提携を通じ、産業用光学ユニット事業の体制を最適化する。加えて、ラックスビジョンのグローバルな幅広い顧客接点から得られる情報を、コニカミノルタの材料・加工技術開発に活用する。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

電子部品・機械器具製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、電子部品・機械器具製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

コニカミノルタに関連するM&Aニュース

コニカミノルタ、米REALM IDx, Inc.の株式を追加取得へ

コニカミノルタ株式会社(4902)は、連結子会社のREALMIDx,Inc.(米国カリフォルニア州、以下REALMIDx社)の株式を株式会社INCJ(東京都港区)から追加取得することを決定した。INCJは保有するREALMIDx社の全株式について、プット・オプションを行使する。想定買取価格は、約220百万米ドル※2023年7月3日時点の為替レート(1ドル=約144.5円)で換算すると約320億円。

コニカミノルタ、子会社の合併完了(非連結化)、事業開始へ

コニカミノルタ株式会社(4902)は、コニカミノルタマーケティングサービス株式会社(東京都千代田区)とゴウリカマーケティング株式会社(東京都国分寺市)との合併が2023年6月1日に完了し、新会社「ゴウリカマーケティング株式会社」(東京都中央区)が設立され事業を開始した、と発表した。本合併に伴い、ゴウリカマーケティングはコニカミノルタの連結対象外となったが、コニカミノルタの提供するデザイン解析サービ

コニカミノルタ、丸紅と出資契約締結。介護業界の働き方改革支援で協業

コニカミノルタ株式会社(4902)と丸紅株式会社(8002)は、高齢化社会の課題解決に向けた介護現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)に寄与するため、丸紅がコニカミノルタQOLソリューションズ株式会社(東京都千代田区、コニカミノルタQOL)に出資することに合意、出資契約を締結した。取得割合は、コニカミノルタ51%、丸紅49%となる。コニカミノルタは、デジタルワークプレイス事業、プロフェッシ

リケンテクノス(4220)、コニカミノルタ(4902)より、自動車窓ガラス用遮熱フィルム「ICE-μ」を事業譲受

リケンテクノス株式会社(4220)は、コニカミノルタ株式会社(4902)より、自動車窓ガラス用遮熱フィルム「ICE-μ」にかかる事業を事業譲受することを決定した。リケンテクノスは、1951年設立の理化学研究所をルーツとする中間素材の化学メーカーで、合成樹脂加工に係わる総合的な技術をベースに「コンパウンド事業」「フイルム事業」「食品包材事業」の3事業を柱に国内外で事業を展開している。コニカミノルタは

コニカミノルタ(4902) 、シーメンスヘルスケアより国内経腟超音波事業を譲り受け

コニカミノルタ(4902)の子会社であるコニカミノルタジャパン株式会社(東京都港区)は、シーメンスヘルスケア株式会社(東京都品川区)と国内経腟超音波事業を譲り受けることについて譲渡契約を締結した。コニカミノルタは、主に病院・クリニック向けにヘルスケア事業を展開しており、現在ウーマンズヘルス分野に積極的に取り組んでいる。シーメンスヘルスケアは、SiemensAG(ドイツ)の100%子会社で、医療機器

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・業務提携・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

アライアンスとは?関連用語、M&Aとの違いなど解説

経営・ビジネス
アライアンスとは?関連用語、M&Aとの違いなど解説

企業が手を取り合い、共同で価値を生み出すために結ばれるアライアンスは、変化を伴う市場環境でますます重要な役割を担います。本記事では、アライアンスの概要、M&Aとの違い、メリットやデメリット等をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらアライアンスとはアライアン

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A
2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A
2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の松原です。ベトナムを中心にクロスボーダー案件を担当しております。2023年は日越国交関係樹立50周年の節目となる年で、政治や経済、文化などの分野において友好関係がさらに発展した1年でした。日越間のこの記念すべき1年について、企業の究極的な友好関係であるM&Aの視点から振り返ります。後半では2024年の展望にも触れていきます。2023年ベトナム経済振り返り日

「株式譲渡・業務提携・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード