M&Aニュース

人・夢・技術グループ、エヌ・ビー技建の一部株式取得へ

更新日:

人・夢・技術グループ株式会社(9248)は、株式会社エヌ・ビー技建(広島県広島市、以下NB技建社)の発行済株式の一部を株式譲渡により取得し、人・夢・技術グループとNB技建社の株主との間で本件株式取得にかかる株式譲渡契約の締結を決定した。

人・夢・技術グループは、総合建設コンサルタント。インフラ領域の建設コンサルティングを軸として事業を展開している。

NB技建社は、各種防水工事、各種建築仕上げ工事、各種土木工事、コンクリート構造物調査、診断、改修、橋梁点検他施設点検を行っている。

人・夢・技術グループは、事業分野のさらなる拡大を目的に、NB技建社と資本提携を行い、グループの更なる事業成長・企業価値の向上を目指す。

【資本提携の内容】
NB技建社株主からの株式譲渡により、発行済株式総数の10%(約7百万円)株式を2023年8月31日に取得する予定。

【本件株式取得の目的】
①橋梁点検分野の強化・拡大
②防災対策・災害復旧への対応体制の構築・強化
③まちづくり事業の一層の展開・拡大

その他の設備工事・職別工事業界のM&A・事業承継の動向はこちら

その他の設備工事・職別工事業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、その他の設備工事・職別工事業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

人・夢・技術グループに関連するM&Aニュース

人・夢・技術グループ、Zip Infrastructureと資本提携へ

人・夢・技術グループ株式会社(9248)は、ZipInfrastructure株式会社(神奈川県秦野市、以下Zip社)との出資、ならびに資本提携を決定した。人・夢・技術グループは、総合建設コンサルタント。インフラ領域の建設コンサルティングを軸として事業を展開している。Zip社は、運送機器の製造・販売、土木・建築工事業、自動車の陸送および回送、貨物自動車運送事業を行っている。自走型ロープウェイ「Zi

人・夢・技術グループ、ニックスの完全子会社化に向け、株式譲渡契約締結へ

人・夢・技術グループ株式会社(9248)は、株式会社ニックス(東京都渋谷区)の発行済全株式を株式譲渡により追加取得し、完全子会社化するための株式譲渡契約の締結を決定した。人・夢・技術グループは、総合建設コンサルタント。インフラ領域の建設コンサルティングを軸として事業を展開している。2021年10月1日より持株会社体制に移行した。ニックスは、クラウドサービスの販売、Webソリューションの開発・構築支

人・夢・技術グループ、ピーシーレールウェイコンサルタントの株式取得、子会社化へ

人・夢・技術グループ株式会社(9248)は、株式会社ピーシーレールウェイコンサルタント(栃木県宇都宮市)の発行済全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。株式取得の相手先は、有限会社ピーシー。取得価格は、アドバイザリー費用等も含め約2,210百万円。人・夢・技術グループは、総合建設コンサルタント。インフラ領域の建設コンサルティングを軸として事業を展開している。ピーシーレールウェイコンサルタン

この記事に関連するタグ

「資本提携・株式譲渡」に関連するコラム

【M&A成約式】将来的な後継者不在を解決し、社長と従業員の夢を実現するM&A

広報室だより
【M&A成約式】将来的な後継者不在を解決し、社長と従業員の夢を実現するM&A

「自分たちが設計したものを、見て触って動かしたい」という譲渡企業の社長と従業員の夢を実現するM&Aが成立しました。機械設計事業・制御設計事業を行うアイドラス株式会社(以下、アイドラス、山梨県中央市)は、省人化設備・自動化設備などの製造業を営む株式会社鳥取メカシステム(以下、鳥取メカシステム、鳥取県鳥取市)と資本提携を結びました。両社の所在地である山梨県と鳥取県は直線距離で実に約400キロ離れていま

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

業務提携とは?資本提携・M&Aとの違い、メリットを解説

M&A全般
業務提携とは?資本提携・M&Aとの違い、メリットを解説

企業は、競争力の強化や市場拡大、イノベーションの促進、リスクの分散などを実現するために、業務提携を積極的に活用しています。本記事では、業務提携の概要、メリット、リスクや注意点、円滑に進めるためのポイントについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、業務提携や資本提携をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこ

「資本提携・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード