M&Aニュース

伊藤忠商事、100%出資の合同会社がTOBにより大建工業を非公開化へ

更新日:

伊藤忠商事株式会社(8001)は、100%出資する合同会社であるBPインベストメント合同会社(東京都港区)が、大建工業株式会社(7905)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。

本件は、大建工業の株主を伊藤忠商事らのみとして非公開化することを目的としている。

買付け等の価格は、普通株式1株につき3,000円。買付代金は、49,789,764千円(買付予定数16,596,588株に、1株当たりの買付価格を乗じた金額)。
買付予定数は、16,596,588株。買付予定数の下限は、8,298,295株。

伊藤忠商事は、大手総合商社。繊維や機械、金属などの国内取引や輸出入ならびに三国間取引を行っている。

BPインベストメントは、会社の株式または持分の所有により、当該会社の事業活動を支配、管理等を行う。

大建工業は、木質内装建材、住宅機器、インシュレーションボード、ダイロートン、ダイライト、畳おもて、MDF、単板、構造用LVL等の製造販売事業等を行う。

伊藤忠商事は、以下のとおり、本件M&Aおよびその後の施策を通し、大建工業に関しても伊藤忠商事グループとの間でシナジーの創出が見込め、大建工業の企業価値向上に資すると判断した。

(ア)非住宅分野における事業展開の加速
(イ)国内住宅事業における収益力強化
(ウ)北米を中心とした海外市場における事業強化と拡大の加速
(エ)人財基盤のさらなる強化
(オ)事業基盤、財務基盤およびガバナンスのさらなる強化

・今後の予定
公開買付開始公告日    2023年8月14日
公開買付届出書提出日   2023年8月14日
届出当初の買付け等の期間 2023年8月14日~2023年10月10日まで(40営業日)
決済の開始日       2023年10月17日

総合・その他専門卸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

木材・木製品・家具装備品製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、木材・木製品・家具装備品製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

伊藤忠商事・大建工業に関連するM&Aニュース

伊藤忠商事、子会社を通じ英国自転車メンテナンス会社を買収

伊藤忠商事株式会社(8001)は、英国子会社EuropeanTyreEnterpriseLimited傘下のKwik-Fit(GB)Limited(英国、以下「KF社」)を通じ、FettleBikeRepair(英国、以下「Fettle社」)の全株式を取得した。Kwik-FitGroupは、1971年に設立された世界最大級の独立系自動車部品・修理・交換専門店。KF社は英国全土にグループ会社と合わせ

伊藤忠商事、オフグリッド型脱炭素エネルギーソリューションを推進するオーストラリアUONと資本業務提携

伊藤忠商事株式会社(8001)は、UONPtyLtd.(オーストラリア西オーストラリア州マラガ、以下「UON(ユーオン)」)の第三者割当増資を引き受け、オフグリッド型脱炭素エネルギーソリューションの推進に関する資本業務提携契約を締結した。伊藤忠商事は、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、

伊藤忠商事、ビッグモーター再建に向け基本合意書締結

伊藤忠商事株式会社(8001)、伊藤忠エネクス株式会社(東京都千代田区)、株式会社ジェイ・ウィル・パートナーズ(東京都千代田区)は、株式会社ビッグモーター(東京都多摩市)のデューデリジェンス実施を発表した。これと合わせビッグモーターと、独占交渉権の付与を含む基本合意書の締結を実施した。伊藤忠商事は、大手総合商社。繊維や機械、金属などの国内取引や輸出入ならびに三国間取引を行っている。伊藤忠エネクスは

大建工業、マレーシアの植林事業会社の全株式取得へ

大建工業株式会社(7905)は、連結子会社であるDAIKENSARAWAKSDN.BHD.(以下、DSK社)が、WTKREFORESTATIONSDN.BHD(マレーシアサラワク州、以下WTKR社)の全株式取得を目的とする株式譲渡契約を9月11日に締結したと発表した。年内にはWTKR社の全株式を取得し、大建工業の孫会社(DSK社の子会社)とする予定。大建工業は、建材や住宅機器などの製造および卸売を

大建工業、システム収納の材工販売会社のカルテルを子会社化へ

大建工業株式会社(7905)は、株式会社カルテル(埼玉県狭山市)の全株式を取得する株式譲渡契約を締結した。カルテルの完全子会社で、同社が販売するシステム収納の製造会社である株式会社スタッフ(栃木県那須塩原市)についても、大建工業の連結子会社となる予定。大建工業は、建材や住宅機器などの製造および卸売を手掛けている。カルテルは、システム収納家具の設計・販売・施工を行っている。カルテルが手掛ける「工事を

この記事に関連するタグ

「TOB・株式譲渡」に関連するコラム

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

会社売却を行うにあたって押さえておきたいポイントは複数存在します。本記事では会社売却のメリットや注意点、売却額の算出方法、会社売却を進める流れについてご紹介します。会社売却とは?会社売却とは、会社の事業や資産を第三者に売却して対価を受け取るプロセスを指します。会社売却が検討されるケースとしては、経営を引き継ぐ人材がいない「後継者不在」、業界の再編などで事業の先行きに対する不安、あるいは大手傘下に入

TOB(株式公開買付け)とは?目的やメリット、事例を解説!

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?目的やメリット、事例を解説!

TOB(株式公開買付け)は、他の企業の経営権を取得する買収方法の1つです。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらTOB(株式公開買付け)とは?TOBは、「TakeoverBid(株式公開買付け)」の略で

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

「TOB・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード