M&Aニュース

伊藤忠商事、オフグリッド型脱炭素エネルギーソリューションを推進するオーストラリアUONと資本業務提携

更新日:

伊藤忠商事株式会社(8001)は、UON Pty Ltd.(オーストラリア 西オーストラリア州マラガ、以下「UON(ユーオン)」)の第三者割当増資を引き受け、オフグリッド型脱炭素エネルギーソリューションの推進に関する資本業務提携契約を締結した。

伊藤忠商事は、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開する。

UONは、製造業、電源サービス供給を行う。鉱山サイトのような電力過疎地域に対してオフグリッド型電源ソリューション事業を展開する。自社で設計・製造、工事、保守メンテナンス機能を一気通貫で保有することで、短納期かつ効率的な電源構築を行い、電力過疎地域での様々な顧客ニーズに最適なソリューションを提供する。

伊藤忠商事は、分散型電源、家庭用・産業用から系統用の蓄電池、太陽光・バイオマス・風力等の大型再エネ発電に亘る脱炭素事業を推進している。UONとの資本業務提携を通じて、オフグリッド型電源ソリューションの機能を獲得することで、農業・建設現場・島嶼エリア等への脱炭素ソリューション展開というオフグリッドやマイクログリッドの新たな需要を取り込み、再生可能エネルギーと蓄電池の更なる有効活用と電力の地産地消を推進していく。

本提携により、伊藤忠商事とUONは、オフグリッド・マイクログリッド分野において低炭素かつ強靭で先進的なエネルギーソリューション事業に共同で取り組み、グローバルな展開を目指す。

総合・その他専門卸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

総合・その他専門卸業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、総合・その他専門卸業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

伊藤忠商事に関連するM&Aニュース

伊藤忠商事、子会社を通じ英国自転車メンテナンス会社を買収

伊藤忠商事株式会社(8001)は、英国子会社EuropeanTyreEnterpriseLimited傘下のKwik-Fit(GB)Limited(英国、以下「KF社」)を通じ、FettleBikeRepair(英国、以下「Fettle社」)の全株式を取得した。Kwik-FitGroupは、1971年に設立された世界最大級の独立系自動車部品・修理・交換専門店。KF社は英国全土にグループ会社と合わせ

伊藤忠商事、ビッグモーター再建に向け基本合意書締結

伊藤忠商事株式会社(8001)、伊藤忠エネクス株式会社(東京都千代田区)、株式会社ジェイ・ウィル・パートナーズ(東京都千代田区)は、株式会社ビッグモーター(東京都多摩市)のデューデリジェンス実施を発表した。これと合わせビッグモーターと、独占交渉権の付与を含む基本合意書の締結を実施した。伊藤忠商事は、大手総合商社。繊維や機械、金属などの国内取引や輸出入ならびに三国間取引を行っている。伊藤忠エネクスは

伊藤忠商事、100%出資の合同会社がTOBにより大建工業を非公開化へ

伊藤忠商事株式会社(8001)は、100%出資する合同会社であるBPインベストメント合同会社(東京都港区)が、大建工業株式会社(7905)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。本件は、大建工業の株主を伊藤忠商事らのみとして非公開化することを目的としている。買付け等の価格は、普通株式1株につき3,000円。買付代金は、49,789,764千円(買付予定数16,596,588株

伊藤忠、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)をTOBで非上場化へ

伊藤忠商事株式会社(8001)は、同社が100%を出資するデジタルバリューチェーンパートナーズ合同会社を介して、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(4739)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。買付け等の価格は、普通株式1株につき4,325円。買付代金は、387,631,437,950円(買付予定数89,625,766株に、1株当たりの買付価格を乗じた金額)。買付予定数

伊藤忠商事、TRENDEの株式を追加取得へ

伊藤忠商事株式会社(8001)は、TRENDE株式会社(東京都千代田区)の発行済株式を追加取得した。この結果、TRENDEは伊藤忠商事の連結子会社となる。伊藤忠商事は、大手総合商社。繊維や機械、金属などの国内取引や輸出入ならびに三国間取引を行っている。TRENDEは、家庭向け屋根置き太陽光サービス、P2P電力取引技術開発、電力プラットフォーム開発を行っている。東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都港

この記事に関連するタグ

「資本業務提携」に関連するコラム

新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

M&A全般
新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

業界経験豊富なM&Aのスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動きについて、プレスリリースを紐解き解説する「M&Aニュースサテライト」。今回はNTTドコモとマネックスグループ・マネックス証券のニュースを解説します。※本記事はYouTube動画の内容を抜粋・編集してご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。ご相談は無料、秘密厳

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより
インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYSBAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYSBAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセ

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。日本M&Aセンターでは、資本提携など、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード