M&Aニュース

三浦工業、ベルギーのJENSEN-GROUP NVと資本業務提携

更新日:

三浦工業株式会社(6005)は、JENSEN-GROUP NV(ベルギー ヴェッテレン、以下JENSEN-GROUP)の株式を、第三者割当増資により取得すると発表した。

第三者割当増資にあたり、三浦工業の子会社であるアイナックス稲本株式会社(東京都品川区)の株式を現物出資し、JENSEN-GROUPと業務用ランドリー機器等の製造販売に関する資本業務提携を目的とした出資契約、および合弁契約の締結を行った。

三浦工業は、ボイラーを中心とした機器の製造開発をおこなう企業。

JENSEN-GROUPは、業務用ランドリー機器メーカーのグローバル企業。大型洗濯機の製造・販売・メンテナンス、およびアフターサービス事業を行っている。

本件により三浦工業は、顧客が抱える省人化・自動化の課題早期解決と、より品質の高い製品とサービスの提供を図る。

また、JENSEN-GROUPに関しては、日本への製品展開を加速させ、三浦工業グループの技術を活用し、グローバル企業としてさらに成長を目指す。

・今後の予定
第三者割当増資の実施日 2023年4月3日
本資本業務提携の開始  2023年4月3日

業務用・産業用機械製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

業務用・産業用機械製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、業務用・産業用機械製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

三浦工業に関連するM&Aニュース

三浦工業、ドイツの蒸気発生器販売・アフターサービスのCERTUSSを買収

三浦工業株式会社(6005)は、2024年4月30日付でドイツにおいて60年以上にわたり事業展開を進め、顧客と強い信頼関係を築いてきたCERTUSSDampfautomatenGmbH&Co.KG(ドイツ・ノルトライン‐ウェストファーレン州、以下「CERTUSS」)の全株式を取得した。三浦工業は、産業用ボイラのトップメーカーとして、小型貫流ボイラ・舶用補助ボイラ・排ガス(廃熱)ボイラ・水処理機器・

三浦工業、トータスエンジニアリングの株式取得

三浦工業株式会社(6005)は、4月4日付でトータスエンジニアリング株式会社(愛媛県伊予郡)の株式を取得した。三浦工業は、ボイラーを中心とした機器の製造開発を行う企業。トータスエンジニアリングは、船舶用・陸上用ボイラの製造、圧力容器製造を行っている。本件M&Aにより三浦工業は、ケミカルタンカー等商船向け船舶ボイラの製造・販売における技術力と顧客との信頼関係に、ミウラの技術・生産力、営業・販売力、メ

三浦工業(6005)、子会社によりアイナックス稲本HDの全株式取得

三浦工業(6005)は、子会社のMLE株式会社(東京都港区)が、株式会社アイナックス稲本ホールディングス(東京都品川区)の全株式をライジング・ジャパン・エクイティ株式会社の運営するファンドより取得し、子会社化することを決定した。取得価額は11,100百万円。アイナックス稲本HD傘下の株式会社アイナックス及び株式会社稲本製作所は、業務用洗濯機・乾燥機等の開発・製造・販売・メンテナンス・機械設備エンジ

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・持分法適用関連会社化・第三者割当増資・現物出資・資本業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

「株式譲渡・持分法適用関連会社化・第三者割当増資・現物出資・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年3月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード