M&Aニュース

FHTホールディングス、DLMを完全子会社化へ

更新日:

株式会社FHTホールディングス(3777)は、DLM株式会社(大阪府大阪市)の株式を取得し、完全子会社化することを決定した。

FHTホールディングスは、グループにてIT関連事業、資源エネルギー事業、環境事業を推進している。
2021年6月にリユース事業の開始を発表しているが、リユースのノウハウを有した人材の離職により、業績向上に課題を持っている。

DLMは、家庭用電気機器、ゲーム機、携帯、健康器具、美容器具の輸出・輸入および販売等を行っている。
リユース事業において拡大を実現しているが、それに伴う経営効率や商品管理といった課題の側面もある。

本件M&AによりFHTホールディングスは、リユースのノウハウを獲得するとともに、グループが持つノウハウ提供を通じ、DLM社に対して経営&運営支援を行うことで、事業基礎固めや、経営体制の強化、ITインフラ支援による業務効率化などの相互メリットを見込む。

・今後の予定
株式売買契約締結日 2023年2月27日
決済・株式取得日  2023年2月27日

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A・事業承継の動向はこちら

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

FHTホールディングスに関連するM&Aニュース

FHTホールディングス、連結子会社化間で合併実施へ

株式会社FHTホールディングス(3777)は、連結子会社化間の合併を決定した。①コネクト株式会社(東京都港区)を存続会社、DLM株式会社(大阪府大阪市)を消滅会社とする吸収合併方式。②アイレス株式会社(東京都港区)を存続会社、株式会社東環(東京都港区)を消滅会社とする吸収合併方式。コネクトは、通信機器や周辺機器のソフトウェアおよびハードウェア開発・製造・輸出入・販売等を行う。DLMは、家庭用電気機

FHTホールディングス、電力売買を行うライフエナジーの株式取得、子会社化へ

株式会社FHTホールディングス(3777)は、株式会社ライフエナジー(香川県高松市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。FHTホールディングスは、エリアエナジー株式会社などを傘下に持つ持株会社。Webシステム効率化のためのソリューション提供を行うIT関連事業のほか、太陽光発電所の運営、ビルメンテナンス事業にも着手している。ライフエナジーは、香川電力株式会社の子会社。電力の売買および売買の

FHTホールディングス、機械式立体駐車場の据付メンテナンス事業を行うアイレスの全株式取得、子会社化

株式会社FHTホールディングス(3777)は、アイレス株式会社(東京都港区)の全株式を取得し子会社化するため株式譲渡契約を締結することを決定した。取得価額は、62,200千円。FHTホールディングスは、ヘルスケア事業、IT関連事業、再生可能エネルギー事業、環境事業を展開している。アイレスは、機械式駐車場据付工事・定期保守点検・修繕工事を行っている。本件M&Aにより、FHTホールディングスは、アイレ

FHTホールディングス、中国子会社3社の全持分を譲渡し、中国におけるヘルスケア事業から撤退

株式会社FHTホールディングス(3777)は、中国子会社の全持分を譲渡することを決定した。本件により、吉奥莱科特医疗健康科技(上海)有限公司(中国・城北路)、上海蓉勤健康管理有限公司(中国・上海市)および栖霞市东明置业有限公司(中国・山东省)は連結子会社から除外されます。FHTホールディングスは、ヘルスケア事業、IT関連事業、再生可能エネルギー事業、環境事業を展開している。吉奥莱科特医疗健康科技(

FHTホールディングス(3777)連結子会社であるエリアエナジー、太陽光発電所をギガソーラーへ譲渡

FHTホールディングス(3777)の連結子会社であるエリアエナジー株式会社(東京都港区)は、北海道三笠市弥生町太陽光発電所を株式会社ギガソーラー(東京都港区)へ譲渡することを決定した。エリアエナジーは、発電所の開発及びその代行、第三者への売却、売電事業等を行っている。ギガソーラーは、太陽光発電システム、再生可能エネルギー発電システムにおける事業や、自然エネルギー等による発電事業、運営、管理及び電気

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

経営・ビジネス
関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

関連会社に該当するかどうかは、議決権の割合によって定められています。本記事では関係会社や子会社との違いも含め、関連会社の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら関連会社とは?関連会社とは、親会社が議決権の20%以上を所有し「経営方針の決定に重要な影響を与えること

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

「株式譲渡・子会社」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年2月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード