M&Aニュース

プレミアムウォーターHD、ラストワンマイルの株式をTOBにより取得へ

更新日:

株式会社プレミアムウォーターホールディングス(2588)は、株式会社ラストワンマイル(9252)の株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。

買付等の価格は、普通株式1株につき788円。買付代金は、488,560,000円(買付予定数620,000株に、1株当たりの買付価格を乗じた金額)。買付予定数の下限は、614,000株。

プレミアムウォーターホールディングスは、グループにて家庭向けに天然水を製造・宅配している。
2022年7月に、ラストワンマイルとの資本業務提携契約を締結している。

ラストワンマイルは、電気・ガス・宅配水・インターネットなどの生活にかかわるインフラサービスの販売を行っている。

本件M&Aによりプレミアムウォーターホールディングスは、人材交流、営業ノウハウの共有およびシステム相互利用といった経営資源の相互活用を行うことで、両者の強みを活かし、さらなる経営効率化および競争力強化を図る。

・今後の予定
公開買付開始公告日 2023年2月17日
買付け等の期間   2023年2月17日~2023年3月17日(20営業日)
決済の開始日    2023年3月27日

飲食(配達・テイクアウト・給食等)業界のM&A・事業承継の動向はこちら

プレミアムウォーターホールディングスに関連するM&Aニュース

INESTとプレミアムウォーターHDが資本業務提携へ

INEST株式会社(7111)は、株式会社プレミアムウォーターホールディングス(2588、以下PWHD)との間で資本業務提携と、PWHDを割当予定先とする第三者割当による新株式の発行に関する契約を締結した。また、PWHDの子会社であるエフエルシープレミアム株式会社(東京都渋谷区、以下FLCP)の第三者割当増資の引受を決定し、FLCPを連結子会社化する。INESTは、グループにてマーケティング支援、

プレミアムウォーターHD、DREAMBEERの第三者割当引受けへ

株式会社プレミアムウォーターホールディングス(2588)は、株式会社DREAMBEER(東京都豊島区)の普通株式、および転換社債型新株予約権付社債の第三者割当増資の引き受けを決定した。DREAMBEERの普通株式74,962株を999百万円にて、転換社債型新株予約権付社債を1,999百万円にて、第三者割当の方法により引き受けることを決定している。プレミアムウォーターグループは、天然水の製造・宅配を

プレミアムウォーターHD(2588)、エア・ウォーター(4088)の宅配水販売子会社の一部事業を譲り受け

プレミアムウォーターホールディングス(2588)は、エア・ウォーター(4088)との間で、宅配水サービス事業全般における業務提携について業務提携契約を締結することを決定した。また、本提携の一環として、連結子会社である株式会社PWリソース(東京都渋谷区)を新設し、エア・ウォーターの子会社であるAW・ウォーター販売株式会社(東京都渋谷区)の「水源水事業」をPWリソースが譲り受けることを決定した。AW・

この記事に関連するタグ

「TOB・資本業務提携・株式譲渡」に関連するコラム

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

「TOB・資本業務提携・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年2月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード