M&Aニュース

アライドアーキテクツ、運用型広告の支援を行うデジタルチェンジの株式取得、子会社化

アライドアーキテクツ株式会社(6081)は、株式会社デジタルチェンジ(東京都目黒区)の株式を取得し、子会社化した。議決権所有割合は51.0%となる。

アライドアーキテクツは、自社で開発・提供するSaaSやSNS活用、デジタル人材などによって企業のマーケティングDXを支援する様々なサービスを提供している。日本、アジア、欧米に7つの拠点を持つ。

デジタルチェンジは、運用型広告の支援を行っている。全国47都道府県すべてにおいて支援実績を持つ。

本件M&Aにより、アライドアーキテクツは、地方の集客・販促におけるデジタル広告運用に実績・知見が豊富なデジタルチェンジとともに、運用型広告とSNS活用を掛け合わせ、費用対効果の高い支援の提供を図る。

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

アライドアーキテクツに関連するM&Aニュース

アライドアーキテクツ、しまうまプリントよりSNS特化型撮影サービス「torutte」事業を譲受け

アライドアーキテクツ株式会社(6081)は、株式会社しまうまプリント(東京都新宿区)の運営するSNSに特化した撮影サービス「torutte」事業を会社分割の方法により、アライドアーキテクツが承継することを決定した。アライドアーキテクツは、マーケティングDX支援事業を展開している。しまうまプリントは、インターネット写真プリント・フォトブック・年賀状サービスの運営およびシステム開発を行っている。また、

アライドアーキテクツ(6081)、CDG(2487)と業務提携および資本参加

アライドアーキテクツ(6081)は、CDG(2487)と業務提携に向けて協議を開始すること、およびCDG社との今後の協業関係を強化する目的で既存株主からCDG社の普通株式を取得することを決定した。アライドアーキテクツは、CDG社の普通株式100,000株(発行済株式総数の1.60%)を平成29年11月14日付で既存株主から取得する。アライドアーキテクツは、FacebookやTwitterなどのSN

アライドアーキテクツ(6081)、「GreenSnap」運営事業において大都と資本業務提携

アライドアーキテクツ(6081)は、植物特化型のSNSプラットフォーム「GreenSnap(グリーンスナップ)」の運営事業について会社分割(簡易新設分割)によりGreenSnap株式会社(東京都渋谷区)を設立すること、及びGreenSnap社を株式交換完全子会社、株式会社大都(大阪市)を株式交換完全親会社とする株式交換を行うことについて、大都との間で基本合意を締結することを決定した。GreenSn

アライドアーキテクツ(6081)とインサイト(2172)、資本・業務提携

アライドアーキテクツ(6081)は、インサイト(2172)との間で資本・業務提携を行うことを決定した。アライドアーキテクツは、インサイト社の普通株式40,000株(発行済株式総数の2.49%)を取得する予定。アライドアーキテクツは、国内最大級のSNSマーケティング専業会社。大手メーカー企業などに向けてSNSを活用した販売促進・広告宣伝を支援する多様なサービスを提供している。インサイトは、主に北海道

アライドアーキテクツ(6081)、ケーキ通販サイト運営のFLASHPARKを持分法適用関連会社化

アライドアーキテクツ(6081)は、株式会社FLASHPARK(東京都新宿区)の第三者割当増資引受けについて決定した。取得価額は190百万円。本件により、アライドアーキテクツのFLASHPARK株式持分比率は1.9%から21.1%となり、FLASHPARKはアライドアーキテクツの持分法適用関連会社となる。アライドアーキテクツは、企業がSNSを効果的にマーケティングに活用するためのサービスを専門に提

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社」に関連するコラム

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

M&A全般
西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「株式譲渡・子会社」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード