M&Aニュース

SBIホールディングス、リミックスポイントと資本業務提携契約を締結

SBIホールディングス株式会社(8473)は、株式会社リミックスポイント(東京都港区)と資本業務提携契約を締結した。

【資本提携の内容】
1.SBIホールディングスが、リミックスポイントの発行済株式総数の5.0%相当の普通株式を市場内取引で取得する
2.SBIホールディングスの連結子会社であるSBIファイナンシャルサービシーズ株式会社が、リミックスポイント連結子会社である株式会社ビットポイントHDから、株式会社ビットポイントジャパンの発行済株式総数128,400株のうち51.0%の普通株式を、12,750百万円で譲り受ける(なお、上記譲渡金額のほかに、ビットポイントの今後の業績如何によってビットポイントHDが追加で譲渡代金を受け取る旨のアーンアウト条項が含まれる)

【業務提携の内容】
1.暗号資産関連分野での連携
2.Web3.0 関連分野での連携
3.エネルギー関連分野での連携

SBIホールディングスは、株式等の保有を通じた企業グループの統括・運営などを行っている。

リミックスポイントは、エネルギー事業、自動車事業、レジリエンス事業、金融関連事業を行っている。

ビットポイントジャパンは、暗号資産取引所・販売所の運営などを行っている。

本件により、SBIホールディングスは、事業分野および事業規模の拡大、経営効率化および競争力強化、顧客満足度の高いサービスの提供を実現し、両社グループの企業価値向上を図る。

・今後の予定
クロージング日 2022年7月1日

證券・投資・その他金融業界のM&A・事業承継の動向はこちら

SBIホールディングスに関連するM&Aニュース

SBIホールディングス、三井住友フィナンシャルグループと資本業務提携締結

SBIホールディングス株式会社(8473)および完全子会社の株式会社SBI証券(東京都港区)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316、SMBCグループ)、株式会社三井住友銀行(東京都千代田区)、三井住友カード株式会社(東京都江東区)との間で包括的な資本業務提携を締結することを決定した。また、SMFGを割当予定先として第三者割当による新株式の発行を行う。発行済株式数の11.01%(27,

SBIホールディングス、DX事業のチェンジと資本業務提携へ

SBIホールディングス株式会社(8473)は、株式会社チェンジ(3962)と資本業務提携契約を締結した。SBIホールディングスは、チェンジ社の普通株式14,300,000株(議決権総数割合:19.78%)を取得する。SBIホールディングスは、金融サービス事業、アセットマネジメント事業などグループ事業を展開している。チェンジは、AI(人工知能)などの新しいIT技術の活用やデジタル人材育成を通じて、企

SBIホールディングス、大阪デジタルエクスチェンジより第三者割当増資引受を合意

SBIホールディングス株式会社(8473、SBI)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316、SMBCグループ)、野村ホールディングス株式会社(8604、野村)および株式会社大和証券グループ本社(8601、大和)と、大阪デジタルエクスチェンジ株式会社(東京都港区、ODX)の第三者割当増資を引受けることを決定、合意した。SBIは、金融サービス事業、アセットマネジメント事業などグループ事業を

SBIファイナンシャルサービシーズ、不動産資産の管理運用を行う東西アセット・マネジメントの株式取得へ

SBIホールディングス株式会社(8473)の100%子会社であるSBIファイナンシャルサービシーズ株式会社(東京都港区)は、不動産資産の管理運用を行う東西アセット・マネジメント株式会社(東京都港区、東西AM社)との間で、自己株式処分契約書および総数引受契約書を締結し、東西AM社が保有する自己株式の全てを譲受けるとともに、一部の既存株主との間で株式譲渡契約を締結し、あわせて同社の発行済み株式総数の5

SBIホールディングス、データソリューション事業を展開するALBERTと資本業務提携へ

SBIホールディングス株式会社(8473)は、株式会社ALBERT(3906)と資本業務提携を行うことで基本合意した。本件により、SBIホールディングスグループは、ALBERTの既存株主より発行済株式総数に占める割合で31.29%の株式を譲受け、同社をSBIホールディングスの持分法適用会社とすることとした。SBIホールディングスは、株式等の保有を通じた企業グループの統括・運営等の事業を展開している

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・株式譲渡・業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

「資本業務提携・株式譲渡・業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード