M&Aニュース

横浜ゴム、スウェーデンTrelleborg社のWheel Systems事業を買収

横浜ゴム株式会社(5101)は、農業機械用や産業車両用タイヤなどの生産販売事業を展開するTrelleborg Wheel Systems Holding AB(スウェーデン、TWS)の全株式を取得することを、株式を保有するスウェーデンのTrelleborg AB(スウェーデン)と合意、株式売買契約を締結した。

横浜ゴムは、主力事業はタイヤ。MB、その他スポーツ用品、情報処理サービスなど事業を展開している。

Trelleborg ABは、ポリマー技術を活用した産業用ゴム商品の生産販売を行っている。
TWSは、農業機械用、産業車両用タイヤなどの生産販売を行っている。

本件M&Aにより、横浜ゴムは「商品ブランド体系の完成」「サービス体制」「DXの活用」「販売における地域補完」「新車装着タイヤ納入」の強化を図る。
今後、タイヤ商品やサービスの研究開発、生産、販売、品質、ESGなど全ての領域において両社の強みを融合し、オフハイウェイタイヤ事業のさらなる成長を図る。

輸送用機械・部品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

横浜ゴムに関連するM&Aニュース

横浜ゴム、米国とメキシコで自動車用ホース配管の生産体制を再編

横浜ゴム株式会社(5101)は、ホース配管事業強化の一環として、アメリカおよびメキシコの自動車用ホース配管の生産体制を再編する。YokohamaIndustriesAmericasInc.(アメリカ・ケンタッキー州、YIA)およびYokohamaIndustriesAmericasSouthCarolinaLLC(アメリカ・サウスカロライナ州、YIASouthCarolina)の生産品の一部を、メ

横浜ゴム、スイスに本社を置くスペシャリティ・ケミカルカンパニーSikaグループへハマタイト事業を譲渡へ

横浜ゴム株式会社(5101)は、ハマタイト事業をSikaグループ(スイス)に譲渡することを決定した。本件では、横浜ゴムおよび横浜ゴム100%出資の連結子会社である横浜ゴムMBジャパン株式会社、海外グループ会社であるYokohamaIndustriesAmericasInc.、YokohamaIndustrialProducts–HangzhouCo.,Ltd.、YokohamaRubber(Tha

横浜ゴム(5101)、産業車両用タイヤメーカーの愛知タイヤ工業の全株式取得

横浜ゴム(5101)は、愛知タイヤ工業株式会社(愛知県小牧市)の全株式取得について同社の株主と合意した。横浜ゴムは、タイヤ事業戦略の柱のひとつとして生産財タイヤ事業の拡大を促進している。愛知タイヤ工業は、国内を中心に産業車両用タイヤであるクッションタイヤやソリッドタイヤの製造・販売を行っている。本件により、横浜ゴムは、生産財タイヤ事業の一層の強化と拡大を図る。●今後のスケジュール買収完了日平成29

横浜ゴム(5101)、オランダのタイヤ製造・販売Alliance Tire Group B.V.を子会社化

横浜ゴム(5101)は、AllianceTireGroup各社の持株会社であるAllianceTireGroupB.V.(オランダ)の全株式を取得することを、同社の株式を保有する投資会社KKRその他の株主と合意した。取得価額は概算1,371億円。横浜ゴムは、鉱山・建設車両用超大型ラジアルタイヤの開発や拡販に取り組んでいる。AllianceTireGroupは、農業機械用、産業機械用、建設機械用、林

この記事に関連するタグ

「買収・株式譲渡・子会社・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

「買収・株式譲渡・子会社・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年3月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード