M&Aニュース

横浜ゴム、ベトナムの生産販売会社を分社化し、タイヤ販売会社を設立

更新日:

横浜ゴム株式会社(5101)は、ベトナムのタイヤ生産販売会社であるYokohama Tyre Vietnam Inc.(ベトナム ビンズオン省、以下「YTVI」)を分社化により生販分離し、販売機能を2023年11月に設立したYokohama Tyre Sales Vietnam Co., Ltd.(ベトナム ホーチミン市、以下「YTSV」)に事業譲渡する。YTSVの営業開始日は2024年1月1日を予定。

YTSVは、二輪用、小型トラック用、産業車両用、乗用車スペアー用などのバイアスタイヤの販売、 乗用車・トラック用ラジアルタイヤの輸入販売を行う。

YTVIは、二輪用、小型トラック用、産業車両用、乗用車スペアー用などのバイアスタイヤの生産を行う。

横浜ゴムは1997年11月にベトナムにタイヤ生産販売の合弁会社を設立しベトナムでの事業を開始。2006年5月には当社100%出資のYTVIを設立し、生産販売の強化と市場プレゼンスの向上を推進してきたが、近年の同市場の急激な乗用車・トラック用ラジアルタイヤ需要の増加に対応するため、生販分離による事業拡大が不可欠であると判断した。

今回の販売会社新設により、ベトナム市場でのヨコハマタイヤの販売増を図る。

輸送用機械・部品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

横浜ゴムに関連するM&Aニュース

横浜ゴム、連結子会社のヨコハマゴム・マリン&エアロスペースを吸収合併へ

横浜ゴム株式会社(5101)は、連結子会社であるヨコハマゴム・マリン&エアロスペース株式会社(神奈川県平塚市)を吸収合併することを決定した。横浜ゴムを存続会社とする吸収合併方式で、ヨコハマゴム・マリン&エアロスペースは解散する。横浜ゴムは、タイヤが売上の約9割を占める主力事業。あらゆるカテゴリーのタイヤ、チューブ、工業用ゴム製品の製造・販売を行う。ヨコハマゴム・マリン&エアロスペースは、横浜ゴムグ

横浜ゴム、スウェーデンTrelleborg社のWheel Systems事業を買収

横浜ゴム株式会社(5101)は、農業機械用や産業車両用タイヤなどの生産販売事業を展開するTrelleborgWheelSystemsHoldingAB(スウェーデン、TWS)の全株式を取得することを、株式を保有するスウェーデンのTrelleborgAB(スウェーデン)と合意、株式売買契約を締結した。横浜ゴムは、主力事業はタイヤ。MB、その他スポーツ用品、情報処理サービスなど事業を展開している。Tr

横浜ゴム、米国とメキシコで自動車用ホース配管の生産体制を再編

横浜ゴム株式会社(5101)は、ホース配管事業強化の一環として、アメリカおよびメキシコの自動車用ホース配管の生産体制を再編する。YokohamaIndustriesAmericasInc.(アメリカ・ケンタッキー州、YIA)およびYokohamaIndustriesAmericasSouthCarolinaLLC(アメリカ・サウスカロライナ州、YIASouthCarolina)の生産品の一部を、メ

横浜ゴム、スイスに本社を置くスペシャリティ・ケミカルカンパニーSikaグループへハマタイト事業を譲渡へ

横浜ゴム株式会社(5101)は、ハマタイト事業をSikaグループ(スイス)に譲渡することを決定した。本件では、横浜ゴムおよび横浜ゴム100%出資の連結子会社である横浜ゴムMBジャパン株式会社、海外グループ会社であるYokohamaIndustriesAmericasInc.、YokohamaIndustrialProducts–HangzhouCo.,Ltd.、YokohamaRubber(Tha

横浜ゴム(5101)、産業車両用タイヤメーカーの愛知タイヤ工業の全株式取得

横浜ゴム(5101)は、愛知タイヤ工業株式会社(愛知県小牧市)の全株式取得について同社の株主と合意した。横浜ゴムは、タイヤ事業戦略の柱のひとつとして生産財タイヤ事業の拡大を促進している。愛知タイヤ工業は、国内を中心に産業車両用タイヤであるクッションタイヤやソリッドタイヤの製造・販売を行っている。本件により、横浜ゴムは、生産財タイヤ事業の一層の強化と拡大を図る。●今後のスケジュール買収完了日平成29

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・事業譲渡・分社型分割」に関連するコラム

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A
2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A
2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の松原です。ベトナムを中心にクロスボーダー案件を担当しております。2023年は日越国交関係樹立50周年の節目となる年で、政治や経済、文化などの分野において友好関係がさらに発展した1年でした。日越間のこの記念すべき1年について、企業の究極的な友好関係であるM&Aの視点から振り返ります。後半では2024年の展望にも触れていきます。2023年ベトナム経済振り返り日

2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

海外M&A
2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の杉木です。東南アジアを中心としたクロスボーダーM&Aをお手伝いさせていただいています。本コラムでは、物流・運送業界におけるクロスボーダーM&Aの2024年の展望について、ご紹介していきます。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボーダーM&Aでご支

シンガポール投資における2024年のキーワード

海外M&A
シンガポール投資における2024年のキーワード

日本M&Aセンター海外事業部にて東南アジアを中心に、クロスボーダー案件を担当している長谷川です。今年、20年ぶりの首相交代を控えるシンガポール。本コラムでは、2024年のシンガポール投資を考えるうえで注目したいキーワードについてお話ししていきます。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボー

「クロスボーダーM&A・事業譲渡・分社型分割」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード