M&Aニュース

横浜ゴム、スイスに本社を置くスペシャリティ・ケミカルカンパニーSikaグループへハマタイト事業を譲渡へ

横浜ゴム株式会社(5101)は、ハマタイト事業をSikaグループ(スイス)に譲渡することを決定した。
本件では、横浜ゴムおよび横浜ゴム100%出資の連結子会社である横浜ゴムMBジャパン株式会社、海外グループ会社であるYokohama Industries Americas Inc.、Yokohama Industrial Products – Hangzhou Co., Ltd.、Yokohama Rubber (Thailand) Co., Ltd.のハマタイト事業を譲渡する。

横浜ゴムは、タイヤ・ホイール、MB(工業品、航空部品)、ゴルフ関連商品などの製品を取り扱っている。

Sikaは、各種自動車、土木、建築、工業用化学製品の製造販売と研究開発を行っている。

本件により、横浜ゴムは、ハマタイト事業をSikaに譲渡することでさらなる成長・発展を期待する。

・今後のスケジュール
事業譲渡実行日 2021年11月1日

横浜ゴムに関連するM&Aニュース

横浜ゴム、スウェーデンTrelleborg社のWheel Systems事業を買収

横浜ゴム株式会社(5101)は、農業機械用や産業車両用タイヤなどの生産販売事業を展開するTrelleborgWheelSystemsHoldingAB(スウェーデン、TWS)の全株式を取得することを、株式を保有するスウェーデンのTrelleborgAB(スウェーデン)と合意、株式売買契約を締結した。横浜ゴムは、主力事業はタイヤ。MB、その他スポーツ用品、情報処理サービスなど事業を展開している。Tr

横浜ゴム、米国とメキシコで自動車用ホース配管の生産体制を再編

横浜ゴム株式会社(5101)は、ホース配管事業強化の一環として、アメリカおよびメキシコの自動車用ホース配管の生産体制を再編する。YokohamaIndustriesAmericasInc.(アメリカ・ケンタッキー州、YIA)およびYokohamaIndustriesAmericasSouthCarolinaLLC(アメリカ・サウスカロライナ州、YIASouthCarolina)の生産品の一部を、メ

横浜ゴム(5101)、産業車両用タイヤメーカーの愛知タイヤ工業の全株式取得

横浜ゴム(5101)は、愛知タイヤ工業株式会社(愛知県小牧市)の全株式取得について同社の株主と合意した。横浜ゴムは、タイヤ事業戦略の柱のひとつとして生産財タイヤ事業の拡大を促進している。愛知タイヤ工業は、国内を中心に産業車両用タイヤであるクッションタイヤやソリッドタイヤの製造・販売を行っている。本件により、横浜ゴムは、生産財タイヤ事業の一層の強化と拡大を図る。●今後のスケジュール買収完了日平成29

横浜ゴム(5101)、オランダのタイヤ製造・販売Alliance Tire Group B.V.を子会社化

横浜ゴム(5101)は、AllianceTireGroup各社の持株会社であるAllianceTireGroupB.V.(オランダ)の全株式を取得することを、同社の株式を保有する投資会社KKRその他の株主と合意した。取得価額は概算1,371億円。横浜ゴムは、鉱山・建設車両用超大型ラジアルタイヤの開発や拡販に取り組んでいる。AllianceTireGroupは、農業機械用、産業機械用、建設機械用、林

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・選択と集中」に関連するコラム

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

ASEAN地域におけるM&A事例紹介

海外M&A
ASEAN地域におけるM&A事例紹介

日本M&Aセンター海外支援室は、日本企業のアジア進出あるいは撤退の支援を第一段階として展開してきた。今や、第2段として、日本企業の現地資本企業(ローカル企業)の買収等、いわゆるIN-OUT案件を発掘、構築する段階に至っている。ここでは、第1段階の総括として、ASEAN2カ国で成約した案件、および第2段階の本格的IN-OUTの端緒となるであろう案件をご紹介する。CASE1インドネシア【背景】買手A社

巨大な日本人マーケットを持つタイ

海外M&A
巨大な日本人マーケットを持つタイ

今回のブログでは、巨大な日本人マーケットを持つタイの現状についてご紹介したいと思います。※本記事は2022年5月に執筆されました。日本人に会わない日はないASEANには多くの日本人が住まれており、活動範囲も限られていることが多く、日本人界隈は比較的狭くあります。友達の友達は知り合いということもよくあります。特にバンコクで暮らしていると、日本人に会わない日は、家から一歩も外出しなかった日くらいになる

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを詳しく解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを詳しく解説

企業を経営していく上で不採算部門の整理や経営資源の集中など事業の見直しが必要になる場合があります。このような場面で活用されているのが、事業売却です。事業売却は組織再編において活用しやすい方法ですが、デメリットを十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生んでしまいかねません。本記事では、「事業売却とは何なのか?」を整理した上で、売却する場合の売却価額の算定方法や、事業売却のメリット・デメ

何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

海外M&A
何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

Xinchào(シンチャオ:こんにちは)!3月中旬以降、ベトナム政府はWithコロナ政策に切り替え、国境が正常化するとともに、ホーチミン市内で外国人を見かける機会も増えてきたベトナムです。雨期前のホーチミンは少々暑いですが、日本で重度の花粉症で苦しんできた私にとってはこの時期は天国です。※本記事は2022年4月に執筆されました。何故、二重帳簿がベトナムに存在するのか?いきなり超ヘビー級のトピックで

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・選択と集中」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード