M&Aニュース

ラスクルの子会社ジョーシス、第三者割当増資へ

ラスクル株式会社(4384)の子会社であるジョーシス株式会社(東京都品川区)は、第三者割当増資を実施することを決定した。
発行価格は、1株につき500円。
本件に伴い、ジョーシス社はラスクルの連結子会社から外れ、持分法適用関連会社となる。

ラスクルは、ネットで印刷を低価格で小口から仲介する「ラクスル」を運営している。

ジョーシスは、ITデバイス & SaaS統合管理クラウドサービス事業を展開している。

ラスクルは、ジョーシスの財務基盤を強化し、事業運営に必要な資金を確保、事業の一層の成長・拡大を図る。

・今後のスケジュール
払込日 2022年3月31日

ラクスルに関連するM&Aニュース

この記事に関連するタグ

「第三者割当増資・持分法適用関連会社化」に関連するコラム

資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

経営・ビジネス
資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

企業が経営活動を行い成長を目指す中で、切り離せないテーマである資金調達。本記事では資金調達方法や種類、それぞれの特徴や具体例をわかりやすく解説します。資金調達とは?資金調達とは、ビジネスを行うために必要な資金を、主に外部から調達することです。企業の成長には潤沢な資金が欠かせません。そこで、内部留保しているお金が不足している場合は資金調達を行い、必要な金額を補填します。資金調達が必要になる場面企業が

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

経営・ビジネス
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

企業がビジネスを継続するために、資金調達は経営上の重要な課題です。企業の主な資金調達の手法には、第三者割当増資や融資などが挙げられます。本記事では、第三者割当増資の概要、第三者割当増資のメリットや注意点などについて、詳しくご説明します。第三者割当増資とは第三者割当増資とは、会社の資金調達方法のひとつで、既存株主ではない特定の第三者に新株の購入権利を付与する増資のことです。企業の主要な資金の調達手法

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

「第三者割当増資・持分法適用関連会社化」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年3月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード