M&Aニュース

サントリー、オセアニアにてコーヒー事業を展開する子会社をUCCに譲渡

サントリー食品インターナショナル株式会社(2587、サントリー)は、ユーシーシーホールディングス株式会社(兵庫県神戸市)の子会社であるUCC ANZ MANAGEMENT PTY LTD(オーストラリア・クイーンズランド州、UCC社)との間で、オセアニアを中心にフレッシュコーヒー事業を展開しているSuntory Coffee Australia Limited(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州)の全株式を譲渡することに合意した。
譲渡価額は、約185億円。

サントリーは、国内・海外の食品事業を行っている。

UCC社は、UCC Coffee Australia LimitedおよびUCC Coffee New Zealand Limitedの管理・運用を行っている。

サントリーは、継続的な事業ポートフォリオ見直しによる、フレッシュコーヒー事業の成長にむけてあらゆる選択肢を検討した中で、当該事業の成長ポテンシャルを最大化することができる第三者への売却が最善と判断、本件譲渡することを決定した。

・今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2022年12月期上期中

サントリー食品インターナショナルに関連するM&Aニュース

サントリー食品インターナショナル、ナイジェリア連結子会社の株式譲渡

サントリー食品インターナショナル株式会社(2587)の子会社のSuntoryBeverage&FoodAsiaPte.Ltd.(シンガポール、SBFA)は、AfricaFMCGDistributionLtd.(モーリシャス、AFDL社)との間で、ナイジェリアにおいて清涼飲料の製造・販売事業を展開しているSuntoryBeverage&FoodNigeriaLimited(ナイジェリア、SBFN)の

サントリー食品インターナショナル(2587)、食品及びインスタントコーヒー事業展開の子会社による株式譲渡を発表

サントリー食品インターナショナル(2587)の孫会社であるCerebosPacificLimited(セレボス)は、子会社である3社の全株式をTheKraftHeinzCompany(米国・ペンシルバニア州)に譲渡することを決定した。譲渡価額は約260億円。サントリー食品インターナショナルグループは、セレボスにおいて、フレッシュコーヒー事業を展開している。今回の譲渡対象となる3社はそれぞれ、オース

サントリー食品インターナショナル(2587)、グラクソ・スミスクライン ナイジェリア社の清涼飲料事業を譲受け

サントリー食品インターナショナル株式会社(2587)は、グラクソ・スミスクラインナイジェリア社(GlaxoSmithKlineConsumerNigeriaPlc、以下「GSKナイジェリア社」)の清涼飲料の事業基盤を譲受けることを決定した。譲受け価額は約70億円。サントリー食品は、2013年12月に英国GlaxoSmithKlineplcから『Lucozade(ルコゼード)』『Ribena(ライビ

サントリー食品インターナショナル(2587)、日本たばこ産業(2914)の飲料自動販売機オペレーター事業子会社株式及び飲料ブランドの取得へ

サントリー食品インターナショナル株式会社(2587)は、日本たばこ産業株式会社(2914)(JT)との間で、JTが保有する株式会社ジャパンビバレッジホールディングス(JB)及びジェイティエースター株式会社(JTA)等の株式並びに飲料ブランドの取得について基本合意書を締結した。サントリー食品インターナショナルは、JBの株式(JTの持分70.5%)、JTAの全株式、株式会社ジャパンビバレッジエコロジー

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・クロスボーダーM&A・選択と集中」に関連するコラム

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

ASEAN地域におけるM&A事例紹介

海外M&A
ASEAN地域におけるM&A事例紹介

日本M&Aセンター海外支援室は、日本企業のアジア進出あるいは撤退の支援を第一段階として展開してきた。今や、第2段として、日本企業の現地資本企業(ローカル企業)の買収等、いわゆるIN-OUT案件を発掘、構築する段階に至っている。ここでは、第1段階の総括として、ASEAN2カ国で成約した案件、および第2段階の本格的IN-OUTの端緒となるであろう案件をご紹介する。CASE1インドネシア【背景】買手A社

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

「株式譲渡・クロスボーダーM&A・選択と集中」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード