M&Aニュース

ジーニー、SaaS型サービス事業強化を目的にマルジュの新設会社、完全子会社化へ

株式会社ジーニー(6562)は、株式会社マルジュ(東京都豊島区)のWeb広告の効果計測やレポート自動作成を支援するSaaS型サービスを承継する新設分割設立会社の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。

ジーニーは、広告プラットフォーム事業、マーケティングSaaS事業、海外事業を展開している。

マルジュは、SaaS型でサービスを展開。自社運営アフィリエイトシステム「アフィリエイトアド」、アフィリエイト広告などの効果測定およびEC事業社向けの広告測定ツール「CATS」、デジタルマーケティングツールとして広告レポートツール「ADRAS」、ヒートマップツール「CATS forヒートマップ」、HRテックとしてWEB面接ツール「SOKUMEN」、録画面接ツール「ITSUMEN」、電子契約サービス「FAST SIGN」など開発・運営している。

本件M&Aにより、ジーニーは、グループにおいて、新設会社の事業を迎え入れることから、広告プラットフォーム事業・マーケティングSaaS事業の拡大を目指す。
また、顧客に対しシームレスな価値提供を実現、マーケティングの総合的なワンプラットフォーム構想確立の加速化を図り、グループのさらなる成長を目指す。

・今後のスケジュール
新設会社設立 2022年2月

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

ジーニー、チャットボット制作サービス「Engagebot」を運営するREACTの全株式取得、子会社

株式会社ジーニー(6562)は、株式会社REACT(東京都渋谷区)の株式譲渡が完了し、完全子会社化した。ジーニーは、広告プラットフォーム事業、マーケティングSaaS事業、海外事業を展開している。REACTは、チャットボット制作サービス「Engagebot」の企画・開発・運営事業を行っている。本件M&Aにより、ジーニーグループは、チャット型Web接客サービス領域において機能を拡張・強化し、収益機会の

ジーニー、ソフトウェアの研究開発等を行うビジネスサーチテクノロジの全株式取得、子会社化へ

株式会社ジーニー(6562)は、ビジネスサーチテクノロジ株式会社(東京都渋谷区)の全株式を取得し、子会社化する株式譲渡契約を締結した。取得価額は、1,100百万円。ジーニーは、マーケティングテクノロジー事業を行っている。ジーニーグループは、アド・プラットフォーム事業、マーケティングソリューション事業、海外事業の3つの事業を展開している。ビジネスサーチテクノロジは、ソフトウェアの研究開発・コンサルテ

ジーニー(6562)、シンガポール連結子会社を通じてインドのデジタル広告・マーケティング会社Adskom Indiaの株式取得

ジーニー(6562)は、連結子会社であるGenieeInternationalPte.,Ltd.(シンガポール、GI)にて、AdskomIndiaPrivateLimited(インド、AdskomIndia)の株式を取得することを決定した。議決権所有割合は90%となる。ジーニーグループは、2012年より海外事業展開に注力している。現在シンガポールやベトナム、インドネシア、タイに拠点をおき、現地企業

ジーニー(6562)、ちきゅう社より中小企業向けCRM/SFAシステム開発・販売事業を会社分割により承継

ジーニー(6562)は、ちきゅう株式会社(東京都港区)が行う中小企業向けCRM(顧客管理)/SFA(営業管理)システム「ちきゅう」の開発・販売事業を会社分割により承継することを決定し、吸収分割契約を締結した。本分割に際し、ジーニーはちきゅうに対して、238百万円の金銭を交付する。ジーニーは、2016年7月よりマーケティングオートメーションツール「MAJIN」の提供を開始し、マーケティングテクノロジ

「子会社・株式譲渡・新設分割」に関連するコラム

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより
沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
「本当にM&Aでこんなことできるのか」  わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

「子会社・株式譲渡・新設分割」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード