M&Aニュース

INPEX、蘭国の洋上風力発電事業会社の株式取得

株式会社INPEX(1605)は、欧州における再生可能エネルギー事業を推進することを目的として英国に新設したINPEX Renewable Energy Europe Limited(イギリス・ロンドン、INPEX REE)を通じて、三菱商事株式会社(8058)の完全孫会社である蘭法人Diamond Generating Europe B.V.社(オランダ・アムステルダム、DGE-NL)とDGE-NL子会社の株式譲渡契約を締結し、合意した。

石炭石油製品製造販売・資源開発業界のM&A

INPEXは、オランダ沖合にて操業中のLuchterduinen(ルフタダウネン)洋上風力発電所の50%持分、およびBorssele(ボルセレ)Ⅲ/Ⅳ洋上風力発電所の15%持分を取得する。

INPEXは、石油・天然ガス、その他の鉱物資源の調査、探鉱、開発、生産、販売および同事業に付帯関連する事業、それらを行う企業に対する投融資を行っている。

INPEX REEは、欧州における電力開発事業を展開している。

DGE-NLは、ベネルクスにおける洋上風力事業の運営・管理を行っている。

本件により、INPEXは、2050年ネットゼロカーボン社会の実現に向けたさらなるエネルギー構造の変革に積極的に取り組む。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

出光興産、連結子会社・出光スノーレ石油開発の株式一部譲渡へ

出光興産株式会社(5019)は、連結子会社である出光スノーレ石油開発株式会社(東京都千代田区、ISD)の株式の一部を株式会社INPEX(1605)に譲渡することについて、INPEXおよび大阪ガスサミットリソーシズ株式会社(大阪府大阪市、OSR)との間で株式譲渡契約を締結した。本件は、OSRが保有するISDの全株式および出光興産が保有する持分の一部をINPEXに売却。ISDは、持分法適用会社となる。

三菱商事、豪州で原生林再生プロジェクトを行っているAustralian Integrated Carbon社の株式取得

三菱商事株式会社(8058)は、AustralianIntegratedCarbon社(オーストラリア、エーアイカーボン社)の株式40%を取得した。三菱商事は、天然ガスグループ、総合素材グループ、石油・化学グループ、金属資源グループ、産業インフラグループ、自動車・モビリティグループ、食品産業グループ、コンシューマー産業グループ、電力ソリューショングループ、複合都市開発グループなどを行っている。エー

三菱商事、ビルや施設の中央監視システムの開発及び販売等を展開するネットワーク・コーポレーションと資本業務提携

三菱商事株式会社(8058)は、株式会社ネットワーク・コーポレーション(神奈川県横浜市、NWC)の第三者割当増資を引き受けNWC株式を取得し、資本業務提携に合意した。取得割合は、19%。三菱商事は、天然ガスグループ、総合素材グループ、石油・化学グループ、金属資源グループ、産業インフラグループ、自動車・モビリティグループ、食品産業グループ、コンシューマー産業グループ、電力ソリューショングループ、複合

綜合警備保障、福祉用具のレンタル事業を行う日本ケアサプライの株式を三菱商事より取得

綜合警備保障株式会社(2331)は、三菱商事株式会社(8058)との間で、介護・高齢者生活支援事業に関する資本業務提携に合意した。綜合警備保障は、三菱商事の子会社である株式会社日本ケアサプライ(2393、東京都港区)の株式を三菱商事から取得する。取得割合は、議決権比率32.1%。綜合警備保障は、ホームセキュリティ、パーソナルセキュリティ、ライフサポートとして盗聴器探索サービスや介護事業などの事業を

三菱商事(8058)とNTT(9432)、共同設立会社を通じ、位置情報サービスを展開するオランダのHERE Technologies社の株式取得

三菱商事株式会社(8058)と日本電信電話株式会社(9432、NTT)は、2019年に共同設立した在蘭持株会社を通じて、HERETechnologies社(オランダ・アムステルダム、HERE社)の株式取得を行った。取得割合は、30%となる。HERE社は、カーナビ用、BtoB事業者、自治体向け、デジタル地図および位置情報サービスの提供を行っている、位置情報サービス分野の世界的なリーディング企業。本件

EC支援サービス等を提供するAMS、三菱商事(8058)グループの三菱商事ロジスティクスと資本業務提携締結

株式会社AMS(東京都目黒区)は、三菱商事(8058)グループの三菱商事ロジスティクス株式会社(東京都千代田区)を、第三者割当増資の引受先として、資本業務提携契約を締結した。AMSは、大規模ECサイトの要求に応えられるEC支援サービスおよびオムニチャネルソリューションの提供を行っている。三菱商事ロジスティクスは、国際複合一貫輸送業、海上運送業、倉庫業、流通加工業、アセットファイナンス・サービス等の

綜合警備保障(2331)、三菱商事(8058)との間で、ファシリティマネジメント事業に関する資本業務提携

綜合警備保障株式会社(2331、ALSOK)は、三菱商事株式会社(8058)との間で、ファシリティマネジメント(FM)事業に関する資本業務提携に合意した。国内では、三菱商事がALSOKの連結子会社でFM事業・警備を担うALSOK双栄株式会社の株式の33.4%を取得し、海外ではシンガポールに2社合弁で三菱商事は70%、ALSOKは30%の所有割合でFM事業会社を設立し、同合弁会社を通じてタイ市場を皮

三菱商事(8058)と中部電力(9502)、再生可能エネルギー開発事業を展開するオランダEnecoの全株式取得

三菱商事(8058)と中部電力(9502)は、Eneco社(オランダ・ロッテルダム)を買収した。三菱商事と中部電力が共同で設立したDiamondChubuEuropeB.V.を通じて、100%の株式を約5千億円で買収した。Enecoは、電力・ガス・熱併給の総合エネルギー事業をオランダ、ベルギー、ドイツ等で事業を展開している。再生可能エネルギー開発を積極的に進めるとともに、小売事業においてデジタル技

三菱商事(8058)、関連会社DGC Westmoreland, LLCの一部持分をKyuden International Westmoreland, LLCに譲渡

三菱商事(8058)は、完全子会社であるDiamondGeneratingLLC(DGLLC)が保有する連結子会社DGCWestmoreland,LLC(米国・デラウェア州、DGCWML)の持分25%をKyudenInternationalWestmoreland,LLC(米国・デラウェア州、九州電力)に譲渡することを決定した。譲渡持分数は、62,086,412米ドル、所有持分割合は、75%となる

エムティーアイ(9438)の調剤薬局ICT化事業展開の子会社ファルモ、三菱商事(8058)に第三者増資割当、資本業務提携

エムティーアイ(9438)は、連結子会社である株式会社ファルモ(東京都新宿区)がエムティーアイおよび三菱商事(8058)を割当先とする第三者割当増資を実施することを決定した。増資後の株式保有比率は、エムティーアイ55.17%、三菱商事22.41%、ファルモ代表取締役社長広井氏22.33%となる。なお、第三者割当増資のほか、広井氏から三菱商事へ普通株式300株が譲渡された。エムティーアイは、医療・ヘ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連するコラム

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより
2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年12月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード