M&Aニュース

三井化学、日本エム・ディ・エムと資本業務提携へ

三井化学株式会社(4183)は、株式会社日本エム・ディ・エム(7600、日本MDM)との間で資本および業務提携契約を締結するとともに、同社の筆頭株主である日本特殊陶業株式会社(5334)が保有する日本MDMの全株式を取得することで合意した。
取得価額は、普通株式17,418百万円。

三井化学は、モビリティ事業、ヘルスケア事業、フード&パッケージング事業、基盤素材事業を展開している。

日本特殊陶業は、スパークプラグおよび内燃機関用関連品、ニューセラミックおよびその応用商品の製造・販売事業を行っている。

日本MDMは、医療機器の輸入販売医療機器の開発製造、全国主要病院および医師への医療商品の紹介を事業都市、主に整形外科用の医療機器を製造販売を行っている。

本提携により、三井化学は、ヘルスケア分野における開発および製造機能を有効活用し、日本MDMとシナジー効果創出を目指すとともに、事業開発および海外事業拡大を促進させる。
また、日本MDMグループが有する医療機器分野における薬事・開発および販売ネットワークを有効活用する。
日本特殊陶業は、資本効率向上と新たな収益の柱となる新規事業発掘の活発化を目指す。

・今後のスケジュール
本提携契約解消日 2022年1月7日
株式譲渡日 2022年1月7日

化学製品製造(製薬・トイレタリー除く)業界のM&A・事業承継の動向はこちら

三井化学・日本特殊陶業に関連するM&Aニュース

三井化学、中国で衛材用不織布の生産・加工・販売を行う三井化学不織布(天津)有限会社をBTF社(中国広東省)へ譲渡

三井化学株式会社(4183)は、三井化学不織布(天津)有限会社(中国天津市、MCNT)の100%持分をFoshanNanhaiBeautifulNonwovenCo.,Ltd.(中国広東省、BTF社)へ譲渡する契約を締結した。三井化学は、モビリティ事業、ヘルスケア事業、フード&パッケージング事業、基盤素材事業を展開している。MCNTは、衛材用不織布の生産、加工、販売を行っている。本件により、三井化

三井化学(4183)、アーク(7873)をTOB

三井化学(4183)の完全子会社である株式会社エムシーインベストメント01(東京都港区)は、アーク(7873)の普通株式並びにB種優先株式を金融商品取引法による公開買付け(TOB)により取得することを決定した。エムシーインベストメント01は、本TOBの実施を目的として設立された。三井化学及びエムシーインベストメント01は、アークを子会社化することを目的としており本TOBによるアーク株式の上場廃止は

三井化学(4183)、旭化成(3407)のスチレン系架橋型熱可塑性エラストマー事業を買収

三井化学(4183)は、旭化成(3407)のスチレン系架橋型熱可塑性エラストマー事業(製品名称「サンヴィーオ™」)の買収を決定した。三井化学は、モビリティ事業を成長事業領域に掲げている。特に熱可塑性エラストマー事業(製品名称「ミラストマー®」、以下「ミラストマー®事業」)を中核に据え、積極的に強化・拡大を進めている。ミラストマー®事業において、自動車向けでは架橋型で内装表皮、ウェザーストリップ、ス

日本特殊陶業(5334)、日本エム・ディ・エム(7600)と資本業務提携

日本特殊陶業株式会社(5334)は、株式会社日本エム・ディ・エム(7600)と資本業務提携契約を締結するとともに、伊藤忠商事株式会社(8001)が保有する日本エム・ディ・エム株式の30.0%を取得する旨の株式譲渡契約を締結した。取得価額は6,195百万円。日本特殊陶業は、ニューセラミック関連のコア・テクノロジーに基づき自動車エンジン部品のスパークプラグや排気酸素センサなど、グローバルで高いシェアを

日本特殊陶業(5334)、米国大手自動車部品UCI Holdings社より事業取得

日本特殊陶業株式会社(5334)は、米国の自動車部品のリーディングカンパニーの一つであるUCIHoldingsLimited社から、UCIAcquisitionHoldings(No.2)Corp.の全株式を取得することを決定した。本件は、実質的にはUCIAcquisition社の傘下にあるスイッチ、イグニッションコイルや圧力センサ等の部品を手掛けるWellsManufacturing,L.P.の

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般
業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年12月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード