M&Aニュース

EAJ、日立ソリューションズ・クリエイトよりサムポローニア事業を譲受け

株式会社エスクロー・エージェント・ジャパン(6093、EAJ)は、株式会社日立ソリューションズ・クリエイト(東京都品川区、日立SC)よりサムポローニア事業を譲り受けることについて基本合意契約を締結することを決定した。

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A

譲受価額は、5億円を上限として、第三者の専門家等による調査を踏まえて決定する。

EAJは、BPOサービス事業およびエスクローサービス事業を展開。高い専門性と業務品質を確保したオペレーションセンターを有し、複数の当事者間で安全に情報の共有が可能な独自のシステムを提供している。

日立SCは、システムの設計・構築・運用・保守・コンサルテーション、ソフトウェアパッケージの開発・販売、BPOサービス事業など行っている。
該当事業は、司法書士が行う登記申請業務についてオンライン申請機能や堅牢な情報管理機能など多様な機能を有している。

本件により、EAJは、手続きのより一層の効率化に貢献、デジタルシフトが進む不動産業界において、士業専門家との連携強固を図り、不動産取引の決済分野の革新的なサービスの提供を目指す。

・今後のスケジュール
最終契約締結日 2022年4月
事業譲受期日 2022年7月31日

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・基本合意」に関連するM&Aニュース

エスクロー・エージェント・ジャパン(6093)、建設事業者向けエスクローサービス提供のネグプランを完全子会社化

エスクロー・エージェント・ジャパン(6093)は、エスクロー・エージェント・ジャパンを株式交換完全親会社とし、株式会社ネグプラン(新潟市)を株式交換完全子会社とする株式交換の実施を決定した。エスクロー・エージェント・ジャパングループは、不動産及び金融業務における取引に関係する業務を一貫して支援するワンパッケージサービスを提供するとともに、様々な専門サービスを提供している。ネグプランは、建設業界にお

エスクロー・エージェント・ジャパン(6093)、旧中央グループの測量・不動産鑑定事業等承継の新設会社の全株式取得

エスクロー・エージェント・ジャパン(6093)は、株式会社中央グループ(新潟市、平成29年7月3日付で株式会社ブレスへ社名変更)の会社分割により、専門家支援事業、測量業、建築設計業及び不動産鑑定業を承継する新設会社である株式会社中央グループ(新潟市、(新)中央グループ)の発行済全株式を取得し子会社化することを決定した。取得価額は34百万円。エスクロー・エージェント・ジャパングループは、不動産及び金

エスクロー・エージェント・ジャパン(6093)、測量事業を手掛ける伊藤厚事務所を子会社化へ

株式会社エスクロー・エージェント・ジャパン(6093)は、伊藤厚事務所株式会社(横浜市)の発行済み株式の100%を取得し子会社化することへ向けた基本合意書の締結を決定した。伊藤厚事務所は本株式取得に先立ち、伊藤厚事務所を存続会社、同社関係会社のスクエア設計株式会社(同市)を消滅会社とする吸収合併を行い、子会社化後に称号を変更する予定。エスクロー・エージェント・ジャパンは、不動産及び金融業務関連の取

「事業譲渡・基本合意」に関連するコラム

中小企業白書から読み解くM&A

広報室だより
中小企業白書から読み解くM&A

中小企業の現状や動向を調査・分析する中小企業白書。毎年、閣議決定後に公表される白書は中小企業にとってバイブルとなっています。2021年版では、M&Aが大きなトピックスになりました。コロナ禍の対応策が特集された第2部「危機を乗り越える力」の中で、「事業承継を通じた企業の成長・発展とM&Aによる経営資源の有効活用」が章立てされています。M&Aにおける意識調査や統計資料にはじまり、実際にM&Aを実施した

NHKおはよう日本で日本M&Aセンターが特集

広報室だより
NHKおはよう日本で日本M&Aセンターが特集

2021年12月10日放送のNHK「NEWSおはよう日本」で、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓のインタビューが放映されました。「中小企業後継者どう探す」をテーマに日本M&Aセンターの事業内容も紹介され、黒字ながら休廃業する中小企業の事業承継がフォーカスされました。(動画)NHK「おはBiz5分でわかる経済トレンド中小企業後継者どう探す」日本の少子高齢化を背景に、国の試算では2025年までに

2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

調査データ
2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

経営者の死亡や体調不良等に起因する「後継者難倒産」が社会問題になりつつあります。東京商工リサーチが公表したレポートによると、2021年上半期(4-9月)の後継者難倒産件数は181件に上り、2年連続で前年同期を上回りました。今年上半期の倒産件数2,937件に占める割合は6.1%となり、比率は年々高まっています。コロナ禍における活況な政府の補助金と金融機関の融資により、倒産件数は低水準で推移しています

M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

広報室だより
M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

「審査・保険料負担なし」の日本初の自動付帯型M&A仲介保険が誕生しました。日本M&Aセンターは損保最大手の東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)と2021年10月29日に業務提携を結び、中堅・中小企業の経営者が安心してM&Aをご検討いただける保険サービスの提供を始めます。日本M&Aセンターが仲介する全てのM&A案件に適用され、当社負担で東京海上日動に保険料を支払うため、譲渡・譲受企業は審査不要

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより
理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。他社に真似できない高精度のマッチングーサービス開発の背景について教えてください九鬼:今回

「事業譲渡・基本合意」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード