M&Aニュース

NTTドコモ、JTOWERと連携強化を目的に資本業務提携へ

株式会社NTTドコモ(東京都千代田区、ドコモ)は、株式会社JTOWER(4485)と、インフラシェアリングの活用における連携強化を目的とした資本業務提携を行うことを決定した。

本件に伴い、今後ドコモは、日本電信電話株式会社(9432)が保有するJTOWER株式の一部を取得し、議決権比率2.5%の株主となる予定。

ドコモは、通信事業、スマートライフ事業、その他の事業を展開している。

JTOWERは、通信インフラシェアリング事業およびその関連ソリューションの提供を行い、事業を展開している。

本提携により、ドコモは、JTOWERとの連携を強化、屋内外の新規設備構築や既存鉄塔の有効利用に向けた検討や協議を行い、インフラシェアリングを推進することで経済的な5Gネットワークの構築を図る。
また、設備投資、コスト、消費電力やインフラ設備のスペースを削減、早期エリア展開に向け取り組む。

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

NTT、グループ内の会社を再編、グローバル事業を統合へ

日本電信電話株式会社(9432)は、NTT株式会社(東京都千代田区、NTT,Inc.)およびNTTLimited(東京都千代田区、NTTLtd.)を、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(東京都江東区、NTTデータ)の傘下に移管し、NTT,Inc.およびNTTLtd.の下で営むグローバル事業とNTTデータグループのグローバル事業を統合することを決定した。日本電信電話は、通信事業を営む企業を傘下に持つN

NTTドコモ、NTTコミュニケーションズとNTTコムウェアを子会社化へ

株式会社NTTドコモ(東京都千代田区、ドコモ)は、NTTコミュニケーションズ株式会社(東京都千代田区、NTTCom)とエヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(東京都港区、NTTコムウェア)をドコモの子会社とすることを決定した。本件に伴い、日本電信電話株式会社(9432、NTT)が保有するNTTコムウェアの株式の一部をドコモに移管する。移管後の持分比率は、NTTComにおいては全株式、NTTコムウェア

IoT事業等を展開するACCESS、NTT社と「IOWN構想の実現」を目的とした業務提携締結へ

株式会社ACCESS(4813)は、日本電信電話株式会社(9432、NTT社)との間で、NTT社が推進する「IOWN構想の実現」を目的とした業務提携を行うことを決定した。ACCESSは、IoT事業、電子出版事業、ネットワーク事業を展開している。NTT社は、移動通信、地域通信、長距離・国際通信およびデータ通信事業等を行っている。本提携により、ACCESSは、NTT社とIOWN構想の実現を目的として、

NTTドコモ、SMBC日興証券、お金のデザイン、資産運用サービス拡充に向けて基本合意契約締結

日本電信電話株式会社(9432)のグループ会社の株式会社NTTドコモ(東京都千代田区、ドコモ)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316)のグループ会社のSMBC日興証券株式会社(東京都千代田区)、株式会社お金のデザイン(東京都港区)の2社と、各社の保有するビジネス基盤や知見を組み合わせ、「長期・分散・積立」を基本とした資産運用サービス拡充に向けた協業の検討に合意し、基本合意契約を締結し

NTTグループとNEC、5Gを活用した企業向けソリューション開発の共創活動を開始

日本電信電話株式会社(9432、NTT)、株式会社NTTデータ(9613)、日本電気株式会社(6701、NEC)は、グローバル市場において、5Gを活用した企業向けソリューションの共創活動を開始する。本件では、NTTは協業の全体調整・支援、NTTデータは企業向け5G活用システムのインテグレーション、NECは企業向け5G活用システムに求められる技術・製品・ソリューションの提供を行う。NTTは、NTTグ

NTTドコモ、食のイノベーションとして事業展開するグッドイートカンパニーと資本業務提携

日本電信電話株式会社(9432、NTT)のグループ株式会社NTTドコモ(東京都千代田区、ドコモ)は、株式会社グッドイートカンパニー(東京都渋谷区)と資本提携契約を締結し、グッドイートカンパニーからの第三者割当増資の引き受けにより普通株式を取得することについて合意した。取得割合は、51%。NTTは、持株会社であり、グループ企業の事業を多方面に展開している。ドコモは、通信事業、スマートライフ事業、ケー

NTTコムウェア、「mobiAgent」や「mobiVoice」等の顧客サポート業務支援を行うモビルスと資本業務提携締結

日本電信電話株式会社(9432、NTT)の子会社エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(東京都港区、NTTコムウェア)は、モビルス株式会社(東京都品川区)と第三者割当増資の引き受け、資本業務提携契約を締結した。所有割合は、10%となる。NTTコムウェアは、情報通信システムおよび情報通信システムに関わるソフトウェア各種装置の開発、製作、運用、保守およびそれらの受託等を行っている。モビルスは、人工知能と

トヨタ自動車(7203)とNTT(9432)、スマートシティ実現をめざし資本業務提携

トヨタ自動車株式会社(7203)と日本電信電話株式会社(9432、NTT)は、両社間で価値観を共有し社会の発展をめざすコアなパートナーとして、住民のニーズに応じて進化し続けるスマートシティの実現をめざし、スマートシティビジネスの事業化が可能な長期的かつ継続的な協業関係を構築することを目的として、業務資本提携に関する合意書を締結した。トヨタ自動車は、NTTが実施する第三者割当による自己株式の処分によ

NTT(9432)、東京センチュリー(8439)と資本業務提携

日本電信電話株式会社(9432、NTT)は、東京センチュリー株式会社(8439)との資本業務提携に合意した。NTTグループの金融中核会社であるNTTファイナンスが新たに設立する新会社NTT・TCリース株式会社に対し、リース事業及びグローバル事業の一部を分社型吸収分割の方法により承継させた後、東京センチュリーが新会社の株式を取得することにより、新会社を合弁会社化する。また、NTTは東京センチュリーの

NTTセキュリティ、米国のアプリケーションセキュリティサービス事業者・WhiteHatを買収

NTT(9432)グループのNTTセキュリティ株式会社(東京都千代田区)は、WhiteHatSecurity,Inc.(米国サンノゼ、WhiteHat)を買収する契約を締結した。NTTセキュリティは、NTTグループのセキュリティ専門会社。グループ企業を通して、セキュリティソリューションを顧客に提供している。世界に複数のSOC、7拠点の研究開発センタ、及び1,500人以上のセキュリティ専門家を擁する

「資本業務提携・業務提携・株式譲渡」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般
業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

「資本業務提携・業務提携・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード