M&Aニュース

エルアイイーエイチ、酒類の製造及び販売を行う新潟県にある連結子会社 越後伝衛門の全株式を譲渡へ

更新日:

株式会社エルアイイーエイチ(5856)は、連結子会社である老松酒造株式会社(大分県日田市)が保有する、株式会社越後伝衛門(新潟県新潟市)の全株式を第三者に譲渡することを決定した。
譲渡価格は、37百万円。

エルアイイーエイチは、食品流通事業、酒類製造事業、教育関連事業を展開している。

連結子会社である老松酒造は、酒類の製造および販売を行っている。初代は創業当時、日田地方にある松の老い木がある老松神社の泉より湧き出る清浄な水が酒造りに適していたので、酒造りを始めたということが名の由来にもなっている。

越後伝衛門は、酒類の製造および販売を行っている。

エルアイイーエイチは、越後伝衛門をグループの中で将来的に大きなシナジー効果が見込まれないと判断し本件譲渡に至った。

・今後のスケジュール
株式譲渡契約日 2021年7月1日
株式譲渡期日 2021年7月1日

輸送用機械・部品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

エルアイイーエイチに関連するM&Aニュース

エルアイイーエイチ、苫小牧にて学習塾事業を行うTransCoolを子会社化へ

株式会社エルアイイーエイチ(5856)は、株式会社TransCool(北海道苫小牧市)の全株式を取得する譲渡契約を締結し、完全子会社化することを決定した。エルアイイーエイチは、グループにて食品流通、酒類製造、教育関連の事業を展開する持株会社。TransCoolは、学習塾事業にて小学生・中学生・高校生を対象とする学習指導・受験指導を行っている。エルアイイーエイチは、授業動画制作・授業のオンライン化に

エルアイイーエイチ、食肉卸業を行うエルモアミートの全株式取得、子会社化へ

株式会社エルアイイーエイチ(5856、LIEH)は、株式会社エルモアミート(神奈川県川崎市)の発行済全株式を取得し、子会社化するための株式譲渡契約を締結することを決定した。LIEHは、事業持株会社。グループ会社には、食品流通事業、酒類製造事業、教育関連事業を展開している。エルモアミートは、輸入肉、国産肉、食料品の販売・輸送事業を行っている。本件M&Aにより、LIEHは、食品流通事業が展開する小売ス

エス・サイエンス(5721)、エルアイイーエイチ(5856)からリフォーム事業会社の全株式取得、子会社化へ

株式会社エス・サイエンス(5721)は、株式会社エルアイイーエイチ(5856)から株式会社なごみ設計(神奈川県横浜市)の全株式を取得する譲渡契約を締結し、完全子会社化することを決定した。エス・サイエンスは、ニッケル事業、不動産事業、教育事業を展開している。エルアイイーエイチは、食品流通事業、酒類製造事業、教育関連事業、その他の事業としてリフォーム事業のなごみ設計をグループに持ち事業を展開している。

川金HD(5614)、東理HD(5856)より福島のダイカスト製造会社を譲受け

川金ホールディングス(5614)は東理HD(5856)より、株式会社東京理化工業所(福島県白河市)の株式を新たに取得し、子会社化することを決定した。取得価額は76百万円。議決権所有割合は、95.0%となる。東京理化工業所は、アルミダイカストの先進メーカーとして、自動車、通信機器、事務機器など、多品種の製造・加工が可能な高い技術力を持っていて、ナノキャストの新規分野にも進出している。川金HDグループ

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・株式譲渡」に関連するコラム

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

M&Aが失敗する要因とは?対処法や事例も紹介

M&A全般
M&Aが失敗する要因とは?対処法や事例も紹介

M&Aは譲渡企業(売り手)、譲受け企業(買い手)の双方が目的実現のために、M&Aを実行します。しかし、残念ながら中にはM&Aが失敗、交渉途中に破談に終わるケースもあります。本記事では、M&Aが失敗に至ってしまう原因や、対応策についてご紹介します。M&Aにおける失敗の定義はじめに、M&Aが失敗したとみなされる主なケースについて見ていきます。想定していたシナジー効果が得られないM&Aの目的の一つとして

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

複数の事業を展開する中で、不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを迫られる場合があります。このような場面で活用されるのが、事業売却です。事業売却は組織再編において有効な方法ですが、その特徴を十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生みかねません。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、

「事業譲渡・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年6月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード