M&Aニュース

オプティマスグループ、オーストラリアの中古自動車ディーラーOzCarと資本業務提携(持分法適用関連会社化)

更新日:

株式会社オプティマスグループ(9268)は、OzCar Pty Ltd.(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州、OzCar)との資本業務提携を強化するため、OzCarによる第三者割当増資をオプティマスグループの100%子会社であるOptimus Group Australia Pty Ltd(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州)が引受け、OzCarを持分法適用関連会社とした。
株式所有割合は、10.0%から20.0%となる。

オプティマスグループは、グループ会社の経営管理、およびそれに付随する業務を行っている。
グループ会社は、貿易事業、物流事業、サービス事業、検査事業を行っている。

OzCarは、中古自動車および自動車関連商品の販売を行っている。

本提携により、オプティマスグループは、オプティマスグループがニュージーランドで30年以上に渡り培ってきた中古自動車販売関連事業のオーストラリア市場への参入スピードのアップとさらなる深化を目指す。
また、OzCarの財務基盤の強化と商品力のさらなる強化を図る。

オプティマスグループに関連するM&Aニュース

オプティマスグループ、オーストラリアの自動車総合物流会社 Autocare社を買収

株式会社オプティマスグループ(9268)は、2024年2月1日開催の取締役会において、オーストラリアの自動車総合物流会社AutocareServicesPtyLtd(オーストラリア・ビクトリア州、以下「Autocare社」)の株式100%を、100%子会社であるOptimusGroupAustraliaPlyLtdが取得する株式取得契約の締結について決議した。オプティマスグループは、中古自動車の仕

オプティマスグループ、豪州の自動車販売会社AUTOPACT PTY LTDの株式取得へ

株式会社オプティマスグループ(9268)は、オーストラリアにおける自動車販売会社AUTOPACTPTYLTD(オーストラリアクイーンズランド州、以下AUTOPACT社)の株式取得契約締結を決定した。オプティマスグループは、貿易事業、物流事業、サービス事業、検査事業を行うグループ会社の経営管理を行っている。AUTOPACT社は、オーストラリア東部3州で長期にわたり新車販売を展開する大手自動車ディーラ

オプティマスグループ、子会社を通じて豪Blue Flagの株式を追加取得、連結子会社化へ

株式会社オプティマスグループ(9268)は、BlueFlagPtyLtd(オーストラリア・メルボルン)の株式の20%を、オプティマスグループ完全子会社であるOptimusGroupAustraliaPtyLtd(オーストラリア・シドニー)が追加取得することを決定した。これにより、オプティマスグループのBlueFlagの株式保有割合は、40%から60%となる。BlueFlagは、オプティマスグループ

オプティマスグループ(9268)、オーストラリアの中古車カーディーラーOzCar Pty Ltdと資本・業務提携締結へ

オプティマスグループ(9268)は、OzCarPtyLtd(オーストラリア・シドニー、OzCar)と、オーストラリアでの事業拡大に向けて資本・業務提携する基本合意書を締結した。オプティマスグループおよびグループ会社は、ニュージーランドで30年以上中古自動車販売関連事業を展開している。OzCarは、オーストラリアのニューサウスウェールズ州を中心に20年以上中古自動車ディーラーを行っている。本提携によ

オプティマスグループ(9268)、ニュージーランドのUSAVE Car&Truck Rentals Limitedよりレンタカー事業を買収

オプティマスグループ(9268)は、100%子会社であるUniversalRentalCarsLimited(ニュージーランド・オークランド市、UR)を通じて、USAVECar&TruckRentalsLimited(USAVE)の関連事業及び資産を買収することを決定した。取得価額は約6億円。オプティマスグループは、成長戦略の1つとしてバリューチェーンの延伸を掲げている。その一環として、BtoCビ

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・持分法適用関連会社化・業務提携・第三者割当増資・資本業務提携」に関連するコラム

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより
インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYSBAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYSBAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセ

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。日本M&Aセンターでは、資本提携など、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。日本M&Aセンターは、タイへの進出・事業拡大をクロスボーダーM&Aで支援しています海外・クロスボーダーM&Aについてご相談はこちら私自身は、2度目

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて持続的に発展することを支援するために2022年にNihonM&ACenterVietnamへ入社しました。当社へ入社する前

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠点の集積地として地位を維持しています(タイ:21社、マレーシア:11社、インド:5社)。リークアンユー首相の下で、少ない資

「クロスボーダーM&A・持分法適用関連会社化・業務提携・第三者割当増資・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年5月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード