M&Aニュース

横河電機(6841)、米国のフローイメージング技術を有するFluid Imaging Technologies, Inc.の全株式取得

横河電機株式会社(6841)は、Fluid Imaging Technologies, Inc.(米国メーン州、Fluid社)の全株式を両社の合意に基づき取得した。

業務用・産業用機械製造業界のM&A

横河電機は、制御事業、計測事業、航機、その他事業を展開している。細胞内部を3Dで観察する共焦点スキャナユニットや、培養細胞を用いた薬の評価実験を自動で行うハイコンテントスクリーニングシステムを提供し、ライブセルイメージング分野で世界中の最先端研究を支えている。

Fluid社は、浮遊細胞などの液体中の粒子測定装置の開発・製造・販売を専門とする企業。粒子イメージング分野で高い技術とノウハウを有している。

本件M&Aにより、横河電機は、細胞観察ソリューションの幅を広げ、ライフイノベーション事業の拡大を図り、バイオエコノミー市場向けビジネスの強化を図る。また、石油、化学、水道などの分野で展開している主力事業の制御事業の技術、ノウハウに、Fluid社のフローイメージング技術を応用し、医療、食品・飲料、薬品産業や環境分野など幅広い分野で新しい価値提供を目指す。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

OKI、YOKOGAWAグループの航空機用計器事業を譲受け

沖電気工業株式会社(6703、OKI)は、横河電機株式会社(6841)、横河マニュファクチャリング株式会社(東京都武蔵野市)と、YOKOGAWAグループの航空機用計器事業を取得する事業譲渡契約を締結した。OKIは、情報通信、メカトロシステム、EMS、プリンターなどの各分野における製造・販売およびこれらに関するシステムの構築・ソリューションの提供、工事・保守・その他サービスなど事業を展開している。横

横河電機(6841)、画像解析AI技術を持つデンマーク企業Grazper Technologiesの全株式取得

横河電機株式会社(6841)は、デンマークのGrazperTechnologiesApS(デンマーク・コペンハーゲン市)の全株式を、両社の合意に基づき、取得することを決定した。横河電機は、プラントや公共インフラ向けの各事業において、AIを活用したソリューションの開発、提供を進めている。Grazperは、2015年設立のベンチャー企業であり、画像を解析する人工知能(AI)の先端技術を有している。本件

オーバル(7727)、横河電機(6841)の樹脂型渦流量計事業を譲り受けへ

株式会社オーバル(7727)は、横河電機株式会社(6841)の樹脂型渦流量計事業を譲り受けすることについて基本合意書の締結を決定した。オーバルグループは、進行中の中期経営計画において、M&Aによる新事業参入や流量計を中核とした新たなサービスの提案を検討している。横河電機は、主に制御機器、計測機器の製造・販売を行っており、世界で初めての渦流量計を製品化した当社の技術は大手半導体向け機器メーカー等から

横河電機(6841)、英国の石油・ガス産業向けコンサルティング KBC社を完全子会社化へ

横河電機株式会社(6841)は、英国AIM上場のKBCAdvancedTechnologiesplc(KBC社)の全株式をスキーム・オブ・アレンジメントの手法により現金にて取得し、同社を完全子会社化することに合意した。取得価額は約297億円。KBC社は、英国・米国・シンガポールを主な拠点として、国営石油会社や国際石油資本、独立系石油会社といった石油・ガス産業を対象に、ガス生産から精製までの一連のプ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連するコラム

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより
2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

「クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード