M&Aニュース

ウィルグループ(6089)、建設技術者派遣・紹介事業展開のC4を完全子会社化

ウィルグループ(6089)は、C4株式会社(神奈川県横浜市)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。
取得価額は3,399百万円。

ウィルグループは、国内外で人材派遣、業務請負、人材紹介等を展開している。

C4は、建設技術者派遣・紹介を行っている。東北地方における施工管理技士派遣数の2割程度のシェアを保有する。

本件M&Aにより、ウィルグループは、新たな事業領域の拡大を図るとともに、建設業界における人材サービスの経営資源及びノウハウの取得を推進する。

●今後のスケジュール
株式取得日 平成30年6月27日

人材派遣・紹介業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ウィルグループに関連するM&Aニュース

ウィルグループ(6089)、シンガポール子会社を通じて、オーストラリアの人材紹介会社u&uの株式取得

ウィルグループ(6089)は、連結子会社であるWILLGROUPAsiaPacificPte.Ltd.(シンガポール、WAP)によりu&uHoldingsPtyLtd(オーストラリア、u&u)の株式60%取得、u&uの連結子会社であるu&uNSWPtyLtd(オーストラリア、NSW)の株式19%取得を決定した。取得価額はそれぞれ概算で、u&u普通株式について1,526百万円、NSW普通株式について

ウィルグループ(6089)、シンガポール子会社を通じ、現地のグローバルHR事業会社・The Chapman Consulting Group Pte.Ltd.の株式51%取得

ウィルグループ(6089)は、連結子会社のWILLGROUPAsiaPacificPte.Ltd.(シンガポール、WAP)が、TheChapmanConsultingGroupPte.Ltd.(シンガポール、CCG)の株式51%を取得し、連結子会社化することを決定した。概算取得価額は1,867百万円。ウィルグループは、国内外で人材派遣、業務請負、人材紹介等を展開している。進行中の中期経営計画におい

パシフィックネット(3021)、ウィルグループ(6089)傘下のテクノアライアンスの全株式取得へ

パシフィックネット(3021)は、株式会社テクノアライアンス(東京都千代田区)の全株式を取得し完全子会社化することについて、ウィルグループ(6089)100%子会社の株式会社クリエイティブバンク(東京都千代田区)との間で基本合意書の締結を決定した。パシフィックネットは、進行中の中期経営計画において、フローからストック中心の収益構造への転換を進めている。テクノアライアンスは、クラウド製品・サービスに

ウィルグループ(6089)、豪州人材派遣会社Quay Appointmentsを買収へ

ウィルグループ(6089)は、連結子会社のEthosBeathChapmanAustraliaPtyLtd(オーストラリア・シドニー、EBA)が、QuayAppointmentsPtyLtd(オーストラリア・シドニー、Quay)の全株式を段階的に取得し、連結子会社化することを決定した。取得価額は概算で第1回(51%分)が495百万円、第2回目(49%分)は553百万円。ウィルグループは、国内外で人

ウィルグループ(6089)、オーストラリアの人材会社DFP Recruitment Holdings Pty. Ltd.を子会社化

ウィルグループ(6089)は、連結子会社であるWILLGROUPAsiaPacificPte.Ltd.(シンガポール、WAP)が、DFPRecruitmentHoldingsPty.Ltd.(オーストラリア、DFP)の株式60%を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は1,226百万円。議決権所有割合は60%となる。DFPは、DFPBusinessTrust(オーストラリア)のユニット保有者

この記事に関連するタグ

「子会社・株式譲渡」に関連するコラム

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

M&A全般
西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「子会社・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード