M&Aニュース

エスクリ(2196)、福井のブライダル施設運営のみや美を子会社化

株式会社エスクリ(2196)は、みや美株式会社(福井市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。

ウェディング業界のM&A

エスクリは、挙式・披露宴の企画・運営を行うブライダル事業を主たる事業としており、東京、名古屋、大阪を中心に17施設運営している。
みや美は、4つのブライダル施設を福井県内に有するなど、県内では有数の規模でブライダルサービスを提供している。

エスクリは、地元で培ってきたみや美の信用とブランドに、エスクリのサービス水準と運営力を加えることで、福井エリアでの事業を拡大する。

●今後のスケジュール
株券引渡期日 平成27年4月1日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するM&Aニュース

SBIホールディングス、ブライダル事業のエスクリと資本業務提携

SBIホールディングス株式会社(8473)は、株式会社エスクリ(2196)と資本業務提携契約書を締結することを決定した。SBIホールディングスの子会社であるSBIファイナンシャルサービシーズ株式会社は、エスクリが第三者割当の方式で発行する普通株式を取得する。第三者割当増資後の所有議決権割合13.33%、SBIホールディングス、およびSBIグループは、SBI証券や住信SBIネット銀行、SBI損保など

エスクリ、会議室・宴会場等の空間再生流通事業を展開するTKPと資本業務提携締結

株式会社エスクリ(2196)は、株式会社ティーケーピー(3479、TKP)と資本業務提携契約を行うことを決定した。また、本提携は有限会社ブロックス(東京都中央区)が売主となり、TKPが買主となるエスクリの普通株式の市場外での相対取引により株式譲渡を行う。売出し価額の総額は、約568百万円。議決権所有割合は、14.52%となる。エスクリは、挙式・披露宴の企画・運営を行うブライダル事業を展開している。

エスクリ(2196)、結婚式場「ラヴィマーナ神戸」の運営及び同施設の衣裳事業を譲り受けへ

株式会社エスクリ(2196)は、結婚式場「ラヴィマーナ神戸」の運営及び同施設の衣裳事業を譲り受けることについて基本合意書を締結することを決定した。エスクリグループは、挙式・披露宴の企画・運営を行うブライダル事業を行っている。ブライダルマーケットにおけるシェアを拡大すべく、施設のスタイルにこだわらず、東京23区及び政令指定都市の利便性の高い場所に、新規開発施設を出店し、地方都市を含めた全エリアに、初

ヒューマンHD(2415)、エスクリ(2196)よりWEBマーケティング子会社ウェブスマイルの全株式取得

ヒューマンホールディングス(2415)の完全子会社であるヒューマンデジタルソリューションズ株式会社は、エスクリ(2196)より株式会社ウェブスマイル(東京都新宿区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。ヒューマンHDは、グループ内で分散していたWebサイト制作やWeb広告出稿などの業務プロセスを集約化し、業務の効率化やコストの削減、知識・能力の構築による品質向上に取り組んでいる。ウェブスマ

エスクリ(2196)、フジ・メディアHD(4676)より婚礼プロデュースのストーリアの株式を取得

株式会社エスクリ(2196)は、株式会社フジ・メディア・ホールディングス(4676)の100%子会社である株式会社ストーリア(東京都港区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。エスクリは、挙式・披露宴の企画・運営を行うブライダル事業を展開しており、東京、名古屋、大阪を中心に17の施設(屋号)を運営している。ストーリアは、婚礼プロデュース事業を展開し、2つの施設を運営している。エスクリは本件

エスクリ(2196)、渋谷を子会社化

株式会社エスクリ(2196)は、株式会社渋谷の全株式を取得し子会社化することを決定した。取得価額は概算で806百万円。渋谷は、建築工事の請負・設計監理、木材・インテリア用品および家具等の輸入および販売を行っている。エスクリは、新規出店の際の内装工事を適切に管理できる体制を整え、施設数の増加に伴う修繕費用および施設の維持管理の最適化を行っていく。今後のスケジュール株券引渡期日平成25年5月15日

「株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2015年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード