コラム

マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

広報室だより
更新日:

⽬次

[表示]

日本M&Aセンターでは、クロスボーダーM&Aの支援強化に向けて、ASEAN地域に拠点を設けています。今回は、マレーシア現地法人 Nihon M&A Center Malaysia Sdn. Bhd.でM&Aコンサルタントとして活躍するDaphnie Ongさんに、入社の経緯や今後の目標をインタビューしました!

プロフィール
ダフィニー オンさん(写真中央)
2020年2月入社。M&Aコンサルタントとして日本とマレーシアのクロスボーダーM&Aを支援。

中小企業を支援したいという思いからM&Aの世界へ

以前は銀行に勤めていましたが、多くの家計を支え、大企業や国の経済の柱である中小企業に対してもっと支援をしていきたいという思いから、2017年にM&Aの世界に飛び込みました。
日本M&Aセンターに入社したのは、当時働いていた会社で最初のM&A案件を完了した後、交渉相手だった日本M&Aセンターの尾島 悠介さんに誘っていただいたのがきっかけです!交渉の場での彼らのプロ意識とチームワークの良さを見て、「こんなプロフェッショナルなチームに所属できたら最高なんだろうな」と心の中で思っていたんです。オファーをいただいて、もっと学びたい気持ちや好奇心、期待感から迷うことなく受け入れました。あのとき、彼が私を信頼してくれ、成長する機会を与えてくれたことにとても感謝しています。
日本M&Aセンターの常務取締役 大槻 昌彦さんも部下に対して思いやりがあり、チャンスを与えてくれます。第一印象は真面目で洞察力のある方という印象でしたが、接していくうちに実はユーモラスで笑うのが好きだということもわかってきました!

マレーシアでもM&Aの認知はまだまだ

マレーシアでは後継者がいない場合の解決策としてM&Aが受け入れられるようになってきましたが、一般的にマレーシアではM&Aアドバイザリー業務についてよく知っている人はそう多くはいません。
「日本M&Aセンター」の認知度もまだまだです。当社のことだけでなく、M&Aを普及させていくためにも、もっと意義をしっかりとPRしていく必要があると感じています。

6人中4人が女性 男女関係なく活躍できる職場

2022年6月上旬に正式に新オフィスに移転しました。
モダンでデザイン性が高く、素晴らしい景観が魅力です。どこか温かみもあり、チームの「ホームグラウンド」のような場所です。

日本M&Aセンターマレーシア現地法人 新オフィスの様子

いまのチームは、6人中4人が女性(もう1名女性が入社予定)です。コミュニケーションの壁がなく、自由に意見を交換し、異なる意見も尊重する雰囲気です。
ちなみに、マレーシアで働いていて性差を意識することはほとんどありません。銀行時代を振り返っても、男女が混在し、チャンスも平等。昇給や昇進の判断は、性別ではなく能力・適性によって行われていました。
マレーシアには女性の起業家もたくさんいます。例えば2021年度に担当した3社のディールのうち2社のオーナーが女性でした。彼女たちのエネルギッシュな姿勢に感銘を受けるとともに、より良い会社にしたいという強い意志や緻密な戦略に感心するばかりでしたね。優れたビジネスパーソンや起業家に、性別は関係ないと思っています!

同じ志を持つ仲間とこれからも成長を続けていきたい

日本企業で組織を率いるのは「日本人男性」という印象が定着しているように思いますが、私は、自分が日本企業で働いているからといって、自分自身の可能性まで狭めたくはないんです。当社が「外国人女性」にもチャンスが開かれているのであれば、これからも努力を続けていきたいと思っています。
私一人では小さな力かもしれませんが、同じ志を持つ仲間と一緒に働く中で徐々に自信をつけることもできました。これからも中小企業の支援を通じて、より多くの家族に幸せを届けていきたいです!

当社HPにマレーシアの成功事例インタビュー掲載!

グローバル専門商社へ!現地顧客開拓のためのクロスボーダーM&A
海外に複数の現地拠点を設け、事業拡大を続ける社長に、海外企業とのPMIで重視すべきポイントを聞きました。

コロナ禍におけるクロスボーダーM&Aでのマレーシア進出
クロスボーダーM&Aの経験豊富な社長に、M&Aを進める上での経営の判断軸をお聞きしました。

売上76%増!日本の中堅中小企業が海外M&Aで成長を目指すモデルケース
M&Aの全交渉をフルリモートで実施。ウィズコロナ時代のM&Aの進め方を紹介しています。2022年版「中小企業白書」にも掲載されました。

日本M&Aセンター 海外M&A支援サイトはこちら

この記事に関連するタグ

「海外M&A・人材育成・クロスボーダーM&A・ASEAN」に関連するコラム

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

海外M&A
Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

こんにちは、3カ月ぶりの出社(外出)できるようになりました日本M&Aセンター・ベトナムの渡邊です。コロナ防疫に成功を収めていた優等生のベトナムですが、2021年5月以降コロナ変異株が猛威を奮いはじめ、直近3カ月の7月~9月は、生活必需品の購入ですら外出が禁止されるという厳しいロックダウン規制が導入されました。9月上旬にはピークを迎え、1日あたりのコロナ新規感染者数が1万5,000人、同死亡

ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

海外M&A
ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

日本M&Aセンターインドネシア駐在員事務所は、シンガポールに次ぐ第2の拠点として、2019年10月に開設されました。今回は将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長・市場拡大が期待されるインドネシアへのM&Aについてご紹介します。(※本記事は2021年10月に執筆されました。)新型コロナの現状この原稿を執筆しているのは2021年10月末ですが、インドネシアでは2021年6月~8月にか

M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

海外M&A
M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

日本M&Aセンターのマレーシア拠点は、新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた2020年3月に、4番目の海外拠点として開設されました。ロックダウンや渡航制限の影響を大きく受けながらも、2021年は既に成約件数が4件となり、当社の海外拠点では年間ベースで最大の成約件数となりました。マレーシアは、日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。今回は、ASEANではシンガポールに次

時代は変わりつつある、タイのM&A

海外M&A
時代は変わりつつある、タイのM&A

多くの方が旅行で訪れたことがあるであろうタイ王国。欧米列強が東南アジアに攻め込んでいた時代、独立を守り抜いた唯一の国でもある。そのような歴史のあるタイでのM&Aはどうなのか?数字には表れていないM&A現場をお伝えします。2021年11月、タイ王国駐在員事務所を新規開設2021年11月8日、日本M&AセンターはASEAN地域5か国目の新拠点としてタイ王国駐在員事務所を開設しました。日系企業によるAS

「海外M&A・人材育成・クロスボーダーM&A・ASEAN」に関連する学ぶコンテンツ

「海外M&A・人材育成・クロスボーダーM&A・ASEAN」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

任天堂、「ホグワーツ・レガシー」など開発した米国Shiver Entertainment, Inc.を買収

任天堂株式会社(7974)は、ShiverEntertainment,Inc.(米国・フロリダ州、以下「Shiver」)の株式のすべてを取得し子会社化するため、EmbracerGroupAB(スウェーデン・カールスタード)との間で株式譲渡に関する契約を締結した。任天堂は、家庭用レジャー機器の製造・販売を行っている。据置型ゲーム機、携帯型ゲーム機、ゲームソフトウェアなどを国内外問わず展開している。S

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース