コラム

商社のM&A事情について、元商社マンが語る!成功する買い手企業の共通点とは?

壷井 直貴

プロフィール

壷井直貴

日本M&Aセンター 東日本事業法人部 部長

井東 純平

プロフィール

井東純平

日本M&Aセンター 東日本事業法人部 シニアチーフ

M&A全般

⽬次

[表示]

商社のM&A事情について元商社マンが語る!
日本M&Aセンターでは毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフとしてスタートした動画の内容をお届けします。

動画本編はこちらから

商社の介在価値とは

壷井: 今回のテーマは「商社企業のM&A事情」。商社出身の当社営業、井東さんをゲストに迎えて掘り下げていきたいと思います。井東さん、簡単に自己紹介をどうぞ。

井東: 井東です。前職は商社に勤めていまして、国内や海外の貿易関係、特に中国やASEANを中心に輸入・輸出の仕事をしていました。日本M&Aセンターに入社して6年目を迎えます。

壷井: ご自身のバックボーンを活かして、当社でも商社のお客様のM&Aをたくさん担当されていると。

井東: そうですね、商社のお客様の割合は社内でも多いほうだと思います。お客様の扱う商品商材がそれぞれ違っても、事業形態や会社として何を強みに商売をされているのか、商流やバリューチェーンを意識しやすいのは、商社出身ならではかなと感じています。

壷井: 商社ビジネスは佳境ともいわれていますが、どうやって今後戦略を作っていったらいいのか悩まれている経営者さんが多いと考えています。川上、川下、横展開で別の商材にいくのか…逆に動きやすいポジションだからこそ、M&Aの戦略を作りやすいといいますか、シナジーを出しやすい業界なのかなと個人的には見ているんですけれども。

井東: 商社といっても総合商社から専門商社まで様々で、商材によって異なるとは思います。昔はインターネットもなく、連絡手段も限られた状態で、間に立つ人が動き回るというところから、いかに情報をキャッチして提供するか、金利負担をするかなど、時代時代によって商社の介在価値は変わってきたんですけど、 機能をたくさん持つことが商社の介在価値につながる と思っています。

単純に商売を仕入れているだけでなくて、自社でロジスティクスを持ったりとか、加工機能を持ったりとか、仕入れた物をより拡販しやすい形にして小売りに近づいたりとか。今では実店舗を構えるではなくECサイトのようにライトな感じで小売ビジネスに近づけくことができるので、旧来の業態からチャレンジした商社さんは上手くいっている印象がありますね。
大きい商社さんの場合ですと商流、枠組みが固定されているので、小売りに進出してもやり方を知らなくて失敗したりとか、加工機能持ったけど製造業の技術が無いと難しい、という話もよく耳にします。

壷井: チャレンジしている会社さんと、そうでない会社さんの違いは何でしょうか。

井東: できていない会社さんには、オーナーシップを持ってチャレンジする、という人が少ない、という課題があるからではと考えます。一方で日本M&Aセンターがお手伝いする商社の買い手企業さんの場合、譲り受けた後にオーナーシップを持って経営していて、買い手の社長様自身がノウハウを身につけて知見を広げられている。結果、上手く事業を回してらっしゃるというケースをよく目にします。商社として今の時代に即した介在価値を考えることは、一生語られるべきテーマかなと思いますね。

壷井: 「介在価値はどこか」といっても、明確に見えていれば進んでいけますし、見えてても壁があって進めないこともあると思います。商社の会社さんとお話していると「こっちの方向にいったら、こういうビジネス展開ができる」「そっちにいったら、さらにここの方に進める」と様々な展開が描きやすいなと感じます。

井東: 私自身が思い描く、商社の理想がありまして。

壷井: 理想の姿ですか。

井東: たとえば繊維業界でいうとユニクロですよね。SPAモデルといって自分で作って、運んで、お店やネットで売る。このビジネスができたらたぶん最強だと思うんですよね。昔は(サプライチェーン)一つひとつの機能が重めだったので、それぞれ縦割りでやってたと思うんですけど、今の時代って自社ブランドの商品って委託すれば全世界のいろんな工場で作って、自社ブランドを立ち上げられる。販売も固定資産を持たなくてもECサイト上で売れて、そこで介在できるものを自分たちでやれるというのが強みであって。やっぱり製造小売業までいけると最強かなと思います。もちろん、そこをやりたいかどうかですけれども。商社の方々は自社が何をできるかだけではなくて、自社で何をやりたいか という観点で動かれていくと、可能性は無限大かなと考えています。

商社のM&A事例にみるポイント

壷井: 商社さんだと実際どのようなM&Aのケースがあるんでしょうか。

井東: 元々商社は「ビジネスを作っていく」というのが根底にあるので、いかに付加価値をつけていくかという観点を持たれている会社さんが多いので、いろいろなパターンがありますね。

よくあるのは「面をとっていきましょう」というケースですね。当社のお客様の例ですが、関東ともうひとつ遠隔地に自社の拠点を持っていらっしゃる商社さんがいらっしゃいました。長年、その2拠点の間にあたるエリアが手薄だったので、そこに商流を作っていきたいということでM&Aを検討されていて。その会社さんは輸入貿易系が得意だったのですが、小さな販路で細かな商売をやっていくことを苦手としていました。なので希望するエリアで「仕入れは苦手だけど販路をたくさん持っている会社」を譲受けましょう、とお相手を探していました。結果、希望エリア内で、関連商材を扱う譲渡希望の会社さんが見つかり、M&Aで一緒になられたのですが、現在ではその買い手企業さんの輸入力を使って、譲渡企業さんが今まで扱ってなかった商材を販売することで、早い段階から売り上げを伸ばしてらっしゃると聞いています。

壷井: お話伺ってるだけでも、今後さらにシナジーを生み出していきそうと感じました。

井東: 最近トレンドとして多いのは50代、60代前半の経営者様からの譲渡のご相談が増えているので、売り手の社長さんが3年~5年スパンで会社に残ってくれるケースが多いですね。譲り受けた中でまた新しい方を見つけて、ソフトランディングしていけるケースが増えたので、成約後、両社の統合に向けて昔より対応しやすくなっていると感じています。

壷井: 売り手の会社が経営者含め残ってくれるので、スムーズに統合が進められて、シナジーも生まれている。いいことづくめですね!

井東: いいことづくめですね。

壷井: その買い手の会社さんは、最初からM&Aを中心に考えていたんですか?

井東: 最初にお会いした時は「M&A、どうしようかな、やってみてもいいかな」という温度感でした。シナジーもその時お話したんですけど、 個人的にはシナジーって絶対的なM&Aの目的ではなく、M&Aをするための要因のひとつと考えています。
いろいろなお客様のM&Aに接している中で、一番大事だなと思ったのは、今あるビジネスを中心にシナジーを考えるのではなくて、 その会社、オーナーさん自身が何をやりたいか、何を実現したいかが非常に重要 かなと思っていて。

例えばとある会社さんが新規事業をやりたいとなった時に、シナジーをいきなり一番に考えることはあまりないと思います。M&Aってシナジーを持ってやるというより、 (他社の力を借りて)新規事業を一足飛びでできる という考え方に立って判断するのがいいんじゃないかな、と思っています。

私もお客様とディスカッションして夢やビジョンを語り合う中で、新しいことにどんどんチャレンジしていこうという経営者の方が多いので、そこが中小企業M&Aの良さかなと思っています。
投資っていう観点でいくと、ちゃんと利益が出ている会社を適正な価格で譲受ければ、銀行からの信用力もさらに上がるというケースが増えてきています。買い手企業さんが1件目は数千万から1億未満の投資を、その次に数億円、3件目では10億円に近い投資を銀行の協力を得てできたというケースも少なくないです。
つまり、利益が出ている会社を適正な価格で譲受けることができれば、買い手の会社さんにとって信用力もついて、成長バイアスがかかりやすいのかなと感じますね。 買い手の会社さんにはM&Aも新規事業、新規ビジネスの立ち上げの1つとして考えてもらう と、非常に成功しやすいのではと感じますので、ぜひいろいろなチャレンジをしていただきたいですね。

まずはお気軽にご相談を!

壷井: 今、日本M&Aセンターに譲渡案件が何件くらいあるんでしょうか。

井東: 1,500件くらいありますね。

壷井: まずはそうした案件情報をたくさん見て戴きながら、ディスカッションをさせていただくのが大切かなと思います。売り手さん側もいいお相手を真剣に探してますし、買い手さん側もそうしたビジネスチャンスととらえて検討されてる方も多いと思うので、まずは気軽にご相談いただければと。

井東: とりあえず1.2件、情報を見せてくださいという経営者さんもごくたまにいらっしゃいますが、当社だと、まず会社として社長として何をやりたいのか、半年後、1年後、1年半後にどんなことをやっていくかという観点でディスカッションさせていただくことが多いですかね。そうしたお話をさせていただくなかで、もちろんM&Aを実行するかどうかは結果論でしかないのですが、社長さまとして視野を広げたり将来のビジョンを広げる、そのお手伝いを一緒にしていければと考えております。

壷井: 北は北海道から南は沖縄まで、そしてASEANをはじめ海外も対応しております。ぜひお気軽にお問合せください!

M&Aに関するご相談はこちらから承っております。
ご検討段階の方もお気軽にお問合せください。

本記事の動画はこちらからご覧いただけます。

プロフィール

壷井 直貴

壷井つぼい 直貴なおき

日本M&Aセンター 東日本事業法人部 部長

大手福利厚生サービス企業を経て、日本M&Aセンターに入社。一貫して成長企業に対する買収提案を行い、100件を超える買収支援実績を誇る。

井東 純平

井東いとう 純平じゅんぺい

日本M&Aセンター 東日本事業法人部 シニアチーフ

専門商社を経て日本M&Aセンターに入社。商社をはじめ数多くの譲受け企業のM&Aに携わる。

この記事に関連するタグ

「買収・業界別M&A」に関連するコラム

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

PMIを検討するポイントとは?買い手企業目線の留意点を解説

M&A実務
PMIを検討するポイントとは?買い手企業目線の留意点を解説

国内外のM&Aの専門家であるDr.Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する「Dr.MのM&Aワンポイント解説」。第4回となる今回はM&Aのその先に待ち構えるPMIについてです。M&Aが具体的検討フェーズに進んだら、はじめにPMIを考えよう!—ドクター本日のテーマをお願いします。Dr.M:今回のテーマは「PMI」です。「PMI」とは、「ポスト・マージャー・インテグレ

買収には落とし穴がある?正しい知識でM&Aを進めよう

M&A全般
買収には落とし穴がある?正しい知識でM&Aを進めよう

日本M&Aセンターでは毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフとしてスタートしたYouTube動画の内容をお届けします。直近の「買収の参観日セミナー」の詳細はこちらから!ありそうでなかった⁉買い手企業向けの情報発信をスタート久力(く

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

物流業界の2024年問題とは?M&A含め具体的な対策を解説

M&A全般
物流業界の2024年問題とは?M&A含め具体的な対策を解説

2024年問題は、物流業界全体や個々の企業に様々な影響を及ぼすとされています。迫りくる問題に対し経営者はどのような対策をとるべきでしょうか。本記事では、2024年が与える影響や対策について詳しく解説します。物流業界に迫る「2024年問題」とは?2024年問題とは、働き方改革法に伴う「時間外労働時間の上限規制」などが2024年4月から「自動車運転の業務」にも適用されることで懸念されている物流業界の諸

「買収・業界別M&A」に関連する学ぶコンテンツ

「買収・業界別M&A」に関連するM&Aニュース

NEC、5G Open RANシステム構築事業を行うAspire Technologyの株式取得、子会社化へ

日本電気株式会社(6701、NEC)は、AspireTechnologyUnlimitedCompany(アイルランド・ダブリン)の全株式を取得する株式売買契約を締結した。NECは、住友グループの電機メーカー。社会公共・社会基盤・エンタープライズ・ネットワークサービス・グローバル事業を展開している。AspireTechnologyは、通信事業者向けに5GOpenRAN※システムの構築事業を行ってい

浜松ホトニクスのベルギー子会社、レーザ装置を製造・販売するNKT Photonicsを買収へ

浜松ホトニクス株式会社(6965)は、連結子会社であり欧州における域内統括会社であるPhotonicsManagementEuropeS.R.L(ベルギー・ブリュッセル、PME)が、NKTPhotonicsA/S(デンマーク・コペンハーゲン)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、約205百万ユーロ(約29,499百万円)。浜松ホトニクスは、電気機器メーカー。光電子増倍管、イメー

富士レビオHD子会社Fujirebio Europe、ADx NeuroSciencesの株式取得、子会社化へ

富士レビオ・ホールディングス株式会社(東京都新宿区)傘下のFujirebioEuropeNV(ベルギー・ヘント、FRE)は、ADxNeuroSciencesNV(ベルギー・ヘント、ADx)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。富士レビオHDは、感染症および腫瘍、生活習慣病などの臨床検査薬の提供を行っている。受託臨床検査、検査薬事業を展開するH.U.グループホールディングス株式会社(4544

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース