コラム

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

臼井 智

プロフィール

臼井智

日本M&AセンターTOKYO PRO Market事業部 上場推進部長

西川 大介

プロフィール

西川大介

日本M&Aセンター 企業戦略部 企業戦略部統括

M&A全般

⽬次

[表示]

ENEOS買収事例イメージ1
「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。

動画はこちらから

西川: 皆様こんにちは!日本M&Aセンター 企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。
日本M&Aセンター西川

臼井: 日本M&Aセンター TOKYO PRO Market事業部の臼井です。どうぞよろしくお願いいたします。
日本M&Aセンター臼井

西川: この動画では、外部に公表されている実際のM&Aの成約、プレスリリースを題材にしてその背景、概略について簡単な解説をお届けしていければと思っています。

臼井: プロの目から見た解説ですね。

2021年のM&Aを振り返る

西川: はい。ということで臼井さん、最初にクイズです。昨年2021年に世の中に公表された、日本企業の関わったM&Aプレスリリースは一体何件あったでしょうか?

ENEOS買収事例イメージ2

臼井: そうですね、答えはなんとなく想像つくのですが、コロナもありましたので多少は減った気もします。コロナ前でも約3,000件は超えていましたので、3,000件台半ばぐらいかなという感じがしますが、どうですか?

西川: ブー!違います。

臼井: えっ!?

西川: 4,000件を超えてますね。4,280件です。

臼井: めちゃめちゃ増えてますね。

西川: はい。M&A件数情報によると前年対比14.7%増で、2年ぶりに最多件数を更新しました。コロナ前よりも件数が増えています。

いま、M&A市場のトレンドのカギを握るのは

西川: 2021年、M&A市場を見ていて、どんな事がキーワードとして挙げられますか?

臼井: その時々に応じてM&Aのトレンドはあると思うんですが、2021年は戦略的な動きが非常に強化されたと感じています。その中でも顕著な動きが見られるのが、 エネルギー関連 ですね。カーボンニュートラル、それに関連したSDGsなど世の中、世界の流れに沿った形でM&Aの動きが見られた1年でした。

ENEOS買収事例イメージ3

西川: そうですね。「脱炭素」「カーボンニュートラル」などたくさん聞きます。再生可能エネルギー関係、あるいは脱炭素に関わる具体的なM&Aってありましたか?

臼井: 個人的に一番印象に残っているのは、ENEOSホールディングスが再生可能エネルギー新興企業のジャパン・リニューアブル・エナジー(以下、JRE)を買収した事例ですね(2021年10月)。
これはちょっと時代のステージが変わった、インパクトのある事例だと思っています。

それまでの石油業界でいうと、地球環境に良いエネルギー原料をという流れで、どちらかというと逆風が吹いていた。その中で石油業界に何が起こっていたでしょうか。そう、業界再編ですよね。

ENEOS買収事例イメージ4

石油業界における業界再編は、これまで10年~15年にわたって連綿と行われてきました。様々な石油元売り各社など、かなりの勢いで再編された結果、最終的にここ1年で残ったのは一方がENEOS(JXTG HG)、もう一方が出光・昭和シェル。時間をかけて、主にこの2系統まで再編されました。

石油業界の再編というのは国内だけはなく、海外でもエクソンモービル社をはじめ、様々な動きが起こっています。それら海外の流れに組み込まれていくのか、どうか。国内の業界再編で生き残った2社が、次に何をするのか注目されている中で、このENEOSさんによる買収が行われたましたが、JREは石油会社からすると異業種ですよね。

西川: JREは再生可能エネルギー、つまり従来のエネルギーに代わる太陽光、風力、バイオマスなど扱う会社なので、ENEOSとは異業種ではありますね。

臼井: 両社にはエネルギーという共通なワードがありますけど、まったく違う方向に一歩踏み出した。
しかもその踏み出し方も、買収額2,000億円ですよ。

ENEOS買収事例イメージ5

西川: うーん、インパクトある数字ですね。

臼井: 買収対象会社の年商をはるかに超える、非常に高い金額で買収したという。

西川: 専門家の中には、割高なのではという声もあるようですが。

臼井: それが割高なのかどうか、まだわからないところはありますが、買収にあたって、きちんと分析・交渉した結果、公表された数字ですので。相当、ENEOSさんは戦略的な一手を打った、といえるのではないかと思います。2021年は、この事例が一番インパクトが大きかったですね。

M&Aのトレンドをおさえ、次のアクションを起こしていく

西川: 今回の案件を通じてENEOSさんの本気度を感じましたし、実際に私もいろいろな現場で、みなさん「ENEOSショック」なんて言い方をされているのを耳にします。

ENEOS買収事例イメージ6

ENEOSさんの(この買収事例の)プレスリリース以降、再生可能エネルギー関連、脱炭素関連のご相談が急増しています。今後M&A市場はこのテーマから目が離せないですね。
それでは最後、臼井さんから今日のテーマについて、ひとことお願いします。

臼井: そうですね、我々M&Aという観点で、世の中の事象を見ていくのが半ば習慣化しているんですけど、その専門家である我々から見ても、今回のENEOSさんの買収事例は「えっ!?」と驚くような案件でした。
逆にいうと、少し頭をやわらかくして考えないといけないとも思っています。
先を見越して、早めにアクションを起こしていく。その戦略を実現していく。これがすごく重要ですよね。

西川: 本当にこのM&Aのトレンドに乗り遅れてはいけないと思っています。
とくに金融機関、あるいは投資家サイドでは、このテーマについて今後さらに重視されていく、といわれています。
投融資のポートフォリオにおいて、温室効果ガス排出量の「ネットゼロ」化を掲げていますので、これをクリアできていないと融資も投資もされないでしょう。これは1日、1年で実現できるような簡単な問題ではありませんので、企業は本気で準備していくことが求められています。場合によってはM&Aを活用することも重要かなと考えます。
本日はありがとうございました。

臼井: ありがとうございました。まだまだ話したいテーマがたくさんありますので(笑)みなさん、これからもよろしくお願いいたします。次回もお楽しみに。

動画はこちらから
【M&A時事解説スタート!!】第1回目:ENEOSが2000億円で買収!?JRE買収に見える石油業界の今後とは?

プロフィール

臼井 智

臼井うすい さとし

日本M&AセンターTOKYO PRO Market事業部 上場推進部長

1991年に山一證券株式会社に入社、M&A部門に配属。同社自主廃業後、大手証券会社M&A部門を経て2009年に日本M&Aセンター入社。27年間にわたり一貫して国内外のM&A仲介アドバイザリー業務の第一線に従事。上場企業同士の経営統合から中小企業の事業承継案件まで、規模の大小を問わず幅広い業界にて200件超のM&A成約実績がある。

西川 大介

西川にしかわ 大介だいすけ

日本M&Aセンター 企業戦略部 企業戦略部統括

大手プラントエンジニアリング会社(海外プラント建設)、Big4系コンサルティングファーム(PMI等)、大手証券会社(M&Aアドバイザリー)を経て、2010年に当社に入社。通算20年近いM&A実務経験に強み。現在、上場会社グループに特化してM&Aサービスを提供する部門を率いる。事業ポートフォリオ再構築プランやM&A戦略の立案サポートから、クライアント毎のオーダーに基づく案件オリジネーション、交渉・実行サポートを行う。弊社において、大型案件、複雑案件、及びノンコア切離し案件をリードする。

この記事に関連するタグ

「買収・株式譲渡・業界再編・業界別M&A」に関連するコラム

商社のM&A事情について、元商社マンが語る!成功する買い手企業の共通点とは?

M&A全般
商社のM&A事情について、元商社マンが語る!成功する買い手企業の共通点とは?

日本M&Aセンターでは毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフとしてスタートした動画の内容をお届けします。動画本編はこちらから商社の介在価値とは壷井:今回のテーマは「商社企業のM&A事情」。商社出身の当社営業、井東さんをゲストに迎え

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

物流業界の2024年問題とは?M&A含め具体的な対策を解説

M&A全般
物流業界の2024年問題とは?M&A含め具体的な対策を解説

2024年問題は、物流業界全体や個々の企業に様々な影響を及ぼすとされています。迫りくる問題に対し経営者はどのような対策をとるべきでしょうか。本記事では、2024年が与える影響や対策について詳しく解説します。物流業界に迫る「2024年問題」とは?2024年問題とは、働き方改革法に伴う「時間外労働時間の上限規制」などが2024年4月から「自動車運転の業務」にも適用されることで懸念されている物流業界の諸

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「買収・株式譲渡・業界再編・業界別M&A」に関連する学ぶコンテンツ

「買収・株式譲渡・業界再編・業界別M&A」に関連するM&Aニュース

NEC、5G Open RANシステム構築事業を行うAspire Technologyの株式取得、子会社化へ

日本電気株式会社(6701、NEC)は、AspireTechnologyUnlimitedCompany(アイルランド・ダブリン)の全株式を取得する株式売買契約を締結した。NECは、住友グループの電機メーカー。社会公共・社会基盤・エンタープライズ・ネットワークサービス・グローバル事業を展開している。AspireTechnologyは、通信事業者向けに5GOpenRAN※システムの構築事業を行ってい

浜松ホトニクスのベルギー子会社、レーザ装置を製造・販売するNKT Photonicsを買収へ

浜松ホトニクス株式会社(6965)は、連結子会社であり欧州における域内統括会社であるPhotonicsManagementEuropeS.R.L(ベルギー・ブリュッセル、PME)が、NKTPhotonicsA/S(デンマーク・コペンハーゲン)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、約205百万ユーロ(約29,499百万円)。浜松ホトニクスは、電気機器メーカー。光電子増倍管、イメー

富士レビオHD子会社Fujirebio Europe、ADx NeuroSciencesの株式取得、子会社化へ

富士レビオ・ホールディングス株式会社(東京都新宿区)傘下のFujirebioEuropeNV(ベルギー・ヘント、FRE)は、ADxNeuroSciencesNV(ベルギー・ヘント、ADx)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。富士レビオHDは、感染症および腫瘍、生活習慣病などの臨床検査薬の提供を行っている。受託臨床検査、検査薬事業を展開するH.U.グループホールディングス株式会社(4544

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース