コラム

独自のM&A戦略で成長するSHIFT社長が登場

M&A全般

日本M&Aセンター業種特化事業部が手掛けたM&Aの企業経営者に聞く動画コンテンツ「M&Aの舞台裏~真実の物語~」に、M&Aで30社以上がジョインして事業を拡大させているIT企業「SHIFT」の丹下大代表取締役社長にご登場いただきました。国内のM&Aトッププレイヤーであり、日本M&Aセンター最年少取締役の渡部恒郎が聞き手となって、丹下氏に独自のM&A戦略を伺いました。

対談の様子:丹下大氏「僕が話しかけにいくと、だいたい皆さんM&Aだろうなって思うみたいで」

渡部:多くのM&Aをする理由を教えてください。
丹下氏:理由は2つあります。1つは成長の時間を稼ぐことです。オーガニックの自社の成長だと、5年、10年掛かるところをM&Aによって時間を短縮することができます。M&Aによって早く自分たちの思い描くビジョンに到達したいと考えています。2つ目は自社に持ちえないノウハウやサービス、技術などタレンティブな企業をグループに加えるためです。

渡部:1件目のM&Aを教えてください。
丹下氏:最初は周りを見回して「この会社いいな」や「一緒に仕事したいな」と思う会社に片っ端から声を掛けていきました。その中で知人から紹介された企業がM&Aの最初になります。2社目から自分たちでリストを作るようになりました。新しい形で面白い仕事ができますよと提案しています。

渡部:買い手企業として選ばれるために必要なことは何ですか?
丹下氏:SHIFTグループにジョインしてくれた企業の社名は変えませんし、人事制度もいじりません。『遠心力経営』と『求心力経営』をすごく気にしています。自分たちがやりたいって人に手を挙げてもらいます。自由に経営できる裁量を持たせることが遠心力経営で、我々の強みである採用力と営業力の求心力経営と組わせていきます。やっぱりビジョンを持っていることが重要だと思います。我々はIT業界のフォックスコン(台湾に本社を置く世界最大の電子機器受託製造企業グループ)になりたいと考えています。目標に到達するスピードが早くより高い景色を見せてあげられることも大切です。

対談の様子:渡部恒郎「その中でこの会社面白いっていう会社は?」

渡部:強みの採用力はどうやって生まれていますか
丹下氏:採用はマーケティングだと捉えています。(採用したい)ペルソナ(詳細なターゲット層)のやりがいや給料、待遇など不満に思っていることをどうやって訴求していくか。徹底的に分析している点では日本一の採用力だと思っています。餅は餅屋じゃないですがエッジの効いた会社だとお客様に説明しやすいですし、会社の採用力も高まると考えています。

対談の様子:丹下大氏「会社が成長すれば、はっきりいってみんなハッピーなわけで」

渡部:M&Aの流儀を教えてください。
丹下氏:ジョインしてくれた企業と社員が楽しく仕事ができているかを常に気にしています。楽しさのセンターピンは売上と利益です。会社が成長していれば皆がハッピーになれます。経営者として営業先を紹介したり、採用を手伝ったりして会社が伸びるためのアイデアのシェアやアドバイスもしています。入ってきてくれた人がハッピーで成長できたら、また仲間を呼んでくれると思っています。結局は人と人との関係です。買った、買われたの話ではなく、そもそもM&Aって言葉はほかに良い呼び方がないかと思っています。ジョインしてくれた企業は一緒に多重下請け構造を壊そうとする同志です。M&Aは、自分たちが思い描くビジョンに到達するための手段であり、方法であると考えています。

渡部:視聴者の方にメッセージをお願いします。
丹下氏:M&Aは人生に一度あるか、ないかの初めての経験になると思います。一番大切なことは、ともに成長していくことだと思います。今はいい意味でM&Aが身近になっています。だたM&Aを1回すると、なかなか振り出しには戻れません。そのために事前に調べたり、企業に話を聞いたりして検討することが重要になります。多くある経営戦略のうちの1つの選択肢として、M&Aも検討していただきたいです。

M&Aの舞台裏~真実の物語

この記事に関連するタグ

「業界再編・譲受企業」に関連するコラム

人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

広報室だより
人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年9月10日に開催されました。4回目の今回はM&Aを成功させるために欠かせないデューデリジェンス(DD、企業精査)を中心に、東日本事業法人チャネル統括部長の川畑勇人が解説しました。売り手企業の実態を知るためのデューデリジェンスM&Aの

日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

広報室だより
日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

M&Aの件数が過去最多のペースで進捗しています。レコフM&Aデータベースによると、2021年上半期(2021年1~6月)に公表された日本企業が関連するM&A件数が2,128件となり、新型コロナウイルスが感染拡大する前年の2019年上半期(2,087件)を上回り、上半期ベースでは過去最多を記録しました。M&A専門誌「MARR(マール)」の吉富優子編集長=レコフデータ代表取締役社長=は「政府が旗振り役

大好評オンラインセミナー 買収の参観日

広報室だより
大好評オンラインセミナー 買収の参観日

日本M&Aセンターのオンラインセミナー「買収の参観日―M&Aの実現と成功のために―」(計3回)が5月より始まりました。M&Aで買い手候補となる経営者を対象にした初めてのセミナーです。毎回、配信が平日の夕方にも関わらず数百人以上が視聴し、まだ2回の配信ながら、すでに人気のコンテンツに成長しています。買い手企業の経営者指南M&Aを検討しながら契約に至る企業と、躊躇して一歩を踏み出せない企業には考え方に

徹底比較!「新規開業」VS「承継開業」

M&A全般
徹底比較!「新規開業」VS「承継開業」

クリニックの新しい開業方法として「承継開業」が注目を浴び始めています。しかしながら、詳しいことはわからないという医師の方も多いのではないでしょうか。「承継開業」は、新規開業にはない数々の恩恵を受けながら、開業に伴うリスクを極力少なくできるというメリットを活用することができます。まさに、承継開業は、多忙な医師の皆様の時間と労力を節約してより安全に開業ができる方法と言えます。日本M&Aセンターのクリニ

承継開業をおススメする3つの理由

M&A全般
承継開業をおススメする3つの理由

クリニックの新しい開業方法として「承継開業」が注目を浴び始めています。しかしながら、詳しいことはわからないという医師の方も多いのではないでしょうか。「承継開業」は、新規開業にはない数々の恩恵を受けながら、開業に伴うリスクを極力少なくできるというメリットを活用することができます。まさに、承継開業は、多忙な医師の皆様の時間と労力を節約してより安全に開業ができる方法と言えます。日本M&Aセンターのクリニ

事前に知っておきたい!「クリニック開業の落とし穴」

M&A全般
事前に知っておきたい!「クリニック開業の落とし穴」

クリニックの新しい開業方法として「承継開業」が注目を浴び始めています。しかしながら、詳しいことはわからないという医師の方も多いのではないでしょうか。「承継開業」は、新規開業にはない数々の恩恵を受けながら、開業に伴うリスクを極力少なくできるというメリットを活用することができます。まさに、承継開業は、多忙な医師の皆様の時間と労力を節約してより安全に開業ができる方法と言えます。日本M&Aセンターのクリニ

「業界再編・譲受企業」に関連する学ぶコンテンツ

業界別にみる中小企業のM&A動向

業界別にみる中小企業のM&A動向

現在、あらゆる分野・業種で、大小さまざまな規模のM&Aが行われています。業界再編が進みM&Aが活発な業界や、近年、急激にM&A案件数が増えている業界など、業種や業界によってM&Aの検討のポイントは異なります。本記事では主な業界の現状動向についてご紹介してまいります。医薬品卸・小売業界医薬品卸売・小売という大カテゴリーの中でも、中小企業のM&Aで圧倒的に多く見られる調剤薬局についてご紹介します。調剤

譲受企業(買い手)にとってのM&A。その目的や押さえておきたいポイント

譲受企業(買い手)にとってのM&A。その目的や押さえておきたいポイント

一言でM&Aといっても、買収戦略を実行していく譲受企業(買い手)側には様々な目的があります。M&Aの成功に向けて、押さえておきたいポイントを確認していきましょう。M&A実行の目的・メリットM&Aを実行する目的として、一般的には以下の項目が挙げられます。売上規模の拡大、シェア向上バリューチェーンの補完による関連事業領域拡大事業の多角化、新規事業参入人材の獲得、技術力向上シナジー効果の創出一つひとつ見

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

M&A仲介会社などパートナーを選定したら、次は買収先、つまり譲渡企業(売り手)を探すステップに移ります。お相手探しは主に2つの方法で行われます。それぞれについて詳しく見てまいりましょう。譲渡企業の探し方①譲渡案件型1つ目は、M&A仲介会社が既に保有している譲渡企業(売り手)の情報を閲覧し、検討する方法です。最初は譲渡企業の社名が伏せられた「ノンネームシート」を見て、より詳細情報を「企業概要書」で把

M&A検討の第一歩。譲受企業(買い手)の事前準備

M&A検討の第一歩。譲受企業(買い手)の事前準備

昨今、M&Aは企業を成長させる手法の一つとして注目を集めています。M&Aで買収を行う譲受企業(買い手)の目的は「売上企業の拡大・シェア向上」「事業の多角化・新規事業参入」「人材の獲得・技術力向上」など多岐にわたります。本記事では、譲受企業(買い手)の目線で、M&Aを検討し始めた際、事前に準備すべきことは何か、どういった相談先があるのか、大切なファーストステップについてご紹介します。譲受企業(買い手

譲渡企業(買収先)の本格検討へ。詳細情報の確認・分析

譲渡企業(買収先)の本格検討へ。詳細情報の確認・分析

本記事では、M&Aをいよいよ本格的に検討する段階で押さえておきたいポイントについてご紹介してまいります。譲渡企業(買収先)の本格検討に向けてまず、買収をなかなかスムーズに実現できない多くの企業が陥りがちな落とし穴として、2点注意していただきたいことがあります。M&Aをすること」を目的にしないもともと「M&Aをしたい」ということで検討を始める企業は存在しません。例えば「売上100億円まで到達したい」

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース