コラム

ショート動画でM&Aと食品業界をクローズアップ

広報室だより

⽬次

[表示]

トレンドを反映した動画コンテンツでM&Aをより身近に―。日本M&Aセンター業種特化事業部の食品業界専門グループがショートムービーで、M&Aと食品業界の動向を解説する動画コンテンツ「食品業界M&A」をスタートさせました。約3分間のコンテンツをYouTubeの「経営者チャンネル」から毎週配信していきます。M&Aにおける「お相手選び」のポイントや期待できる効果といった基本的な内容から、食品業界でも盛んなM&Aの分析など経営者が知っておきたいトピックをお届けします。食品業界専門グループの江藤恭輔グループリーダーは「忙しい経営者の方がパッと見て、パッと伝わる内容を心掛けて安心してM&Aができる環境につなげていきたい」と狙いを語ります。

TikTokのようなイメージでM&Aを情報発信

経営者向けのセミナーを創業期から強みとしてきた日本M&Aセンターは、これまで全国で、数千回に上るセミナーを開催してきました。コロナ禍においては、オンラインやハイブリッド形式に切り替えて継続しています。コンサルタントが直接M&Aのメリットを参加者に伝え、M&Aを経験したオーナー社長にもご登壇いただいております。セミナー開催を通じて、国内のM&A仲介のマーケットを切り拓いてきました。近年ではセミナーのほか、YouTube向けの映像制作にも力を入れており、M&Aの効果や成功するためのポイントを、「いつでも、誰でも、どこでも」視聴できる動画コンテンツの充実を図っています。情報収集のトレンドが活字から映像、情報量でもTwitterやTikTokに代表されるSNSの浸透によって、ニュースやエンタメでも速さや効率性がより求められる時代に移り変わってきました。そのようなニーズに応えようと、今回のコンテンツが企画されました。

食品業界専門グループのメンバーは9人で、コンテンツでは各コンサルタントが複数回にわたり、経営者に知っていただきたい内容を数点に絞って情報提供していきます。2022年6月に公開した初回では「譲受企業の適正を見るポイントとは?」をテーマに取り上げました。譲渡企業の経営者が相手を見極める点について「オーナー個人や事業に対する敬意を持っているか」、「大きな器で問題点を受け止め、未来について考えてくれるか」、「関係当事者が多く意思決定が遅くないか」の3点をピックアップ。2分39秒の動画で解説しています。サクッと端的に内容を伝え、分かりやすいテロップも理解度を高めてくれます。コンサルタントの人柄を紹介する話題などカジュアルな内容も展開して飽きさせない工夫も魅力です。

食品業界専門グループは2022年7月から全国10都市を巡回するセミナー「全国食品M&A勉強会」も開催中で、企画力を生かした提案活動にも力を入れています。江藤グループリーダーは「何よりM&Aを身近に感じてもらい、経営者の方々に気軽に見てもらえる人気コンテンツにして、シリーズ化できるように続けていきたい。日本M&Aセンターの業種特化事業部には他にも専門性を持ったチームがあるので、食品業界以外にもコンテンツを広げていきたい」と語ります。M&Aの情報収集にぜひともお役立てください。

食品業界M&Aの視聴はこちら

この記事に関連するタグ

「経営者・業界再編・M&A」に関連するコラム

日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

広報室だより
日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

M&Aの件数が過去最多のペースで進捗しています。レコフM&Aデータベースによると、2021年上半期(2021年1~6月)に公表された日本企業が関連するM&A件数が2,128件となり、新型コロナウイルスが感染拡大する前年の2019年上半期(2,087件)を上回り、上半期ベースでは過去最多を記録しました。M&A専門誌「MARR(マール)」の吉富優子編集長=レコフデータ代表取締役社長=は「政府が旗振り役

サーチファンド・ジャパンが経営者候補の募集説明会を開催

広報室だより
サーチファンド・ジャパンが経営者候補の募集説明会を開催

黎明期を迎えた日本のサーチファンドに新しい人財を求む―。サーチファンド・ジャパンはM&Aを活用して経営者を目指すサーチャー(経営者候補)の募集に向けた説明会を2022年7月26日、日本M&Aセンター東京本社で開催しました。平日夜にも関わらず経営者志望の数十人が出席し、サーチファンドの仕組みやサーチファンド・ジャパンの特徴について耳を傾けました。当日はマスコミの撮影もあり、広がりつつあるサーチファン

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより
2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

ガバナンスとは?目的・メリットや注意点、強化する方法を解説

経営・ビジネス
ガバナンスとは?目的・メリットや注意点、強化する方法を解説

近年、ガバナンスについて議論されることが多くなっています。とくに、企業統治という意味のコーポレートガバナンスには、非常に大きな注目が集まっています。しかし、コーポレートガバナンスという言葉を聞くことは多いものの、しっかりと理解している方は意外と少ないのではないでしょうか。本記事ではガバナンスの中でも特に「コーポレートガバナンス」について詳しくご紹介していきます。ガバナンスとはガバナンスは「統治」、

事業承継・引継ぎ補助金の概要を中小企業庁が解説!(2022年最新情報も掲載)

広報室だより
事業承継・引継ぎ補助金の概要を中小企業庁が解説!(2022年最新情報も掲載)

「事業承継・引継ぎ補助金」は、事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を支援するものです。本補助金の制度運用を担う中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐に解説していただきました。※本記事は2021年6月30日に公開されたものです。役職等は取材当時の内容です。※記事最終更新:2022年7月26日事業承継の動向「我が国において、経営者の高齢化

業種特化セミナーがスタート

広報室だより
業種特化セミナーがスタート

日本M&Aセンター業種特化事業部によるオンラインセミナー「全17コマ9月横断業種特化セミナー」が2021年9月10日から始まりました。高い専門性を駆使してM&Aを成功に導くコンサルタントがIT、物流、調剤、建設、食品、製造の業種別に最新M&A事例や成長戦略を解説します。(※当セミナーは終了しました)IT業界M&Aからスタート「売上20億円以上の受託開発ソフトウェア業におけるM&A戦略」をテーマに、

「経営者・業界再編・M&A」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース