コラム

M&Aウーマンの働き方

米澤 恭子

企業評価総合研究所 代表取締役社長 税理士

経営・ビジネス

⽬次

[表示]

M&Aを通じた社会貢献

中小企業庁の「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」によると、今後日本は2025年までに127万社(日本企業全体の1/3)の中小企業が後継者未定になるとしています。これを放置するとこれらの企業は廃業を余儀なくされ、その結果2025年までの累計で約650万人の雇用が失われ、約22兆円のGDPが消失する可能性があると言われています。M&Aは、中小企業が廃業という選択をせずに事業を承継し、日本経済が破綻しないシナリオへ導く極めて重要なファクターです。
このような大きな社会問題に直面し、「M&Aを通じて社会に貢献したい」 そう想うのは、男性に限ったことではありません。

女性社員の仕事を通じた社会貢献に対する想い

我々企業評価総合研究所の社員は9割が女性です。日々、M&A株価算定を行い、正確で精緻な企業概要書を作成しています。
設立5年目を目前に、先日当社の社員に対して我々の使命は何かを問うアンケートを実施しました。
当社のサービスである企業評価書、企業概要書を通じて「安全なM&Aが行われること」ひいては「社会に貢献すること」という回答が多数を占めました。
仕事を通じて個人が成長し、社会に貢献をしたいという想いは性別問わず同じなのではないでしょうか。

アンケート結果から、改めて当社には

誰もが安心してM&Aができるように中堅・中小企業M&Aマーケットの健全な成長に寄与する

というミッションに共感してくれる人が集まってくれていて、社員に根付いているのだと確信しました。

“世界一の働きやすさ”で“世界一の品質”を目指す

私は経営者として、「“世界一の働きやすさ”で“世界一の品質”を目指す」ことを掲げています。

これは、私自身も会社のサポートを受けながら子育てをし、キャリアを形成してきた経験から生まれた想いを経営理念にしたものです。人生には出産、育児、介護、様々な変化があります。一人ひとりの人生において、今この時がどのようなステージであっても輝きを失わず働き続けられる環境を用意することが、経営者の責務だと感じています。

私は働きやすさを次のように考えています。

1. 組織が成長していて、社員が次のチャレンジをできる環境であること
2. 成果に対して正当な評価ができるマネジメントが行われていること
3. ライフステージの変化を支える柔軟な働き方と仕事の成果を両立できる、環境・制度があること

これらを実現するため、会社設立時より、在宅勤務制度や子供のための休暇制度を整備してきました。2019年度は新たに、KPIの設定などマネジメント体制も構築することで社員の中長期的な成長を支援する体制を整えました。さらに来年度には、フレックスタイム勤務制度も導入します。
また、企業評価総合研究所は多様な働き方に対応しより働きやすいオフィス環境を整えるため、新オフィスに移転しました。新しいオフィスでは全席フリーアドレス導入し、カフェをイメージしたコミュニケーションエリアを配し、より自由で主体的な働き方を実現できる環境を整えました。
今後も社員が柔軟な働き方と仕事の成果を両立できる、環境・制度構築に積極的に取り組んでいきます。

企業評価総合研究所 新本社オフィス

経営者・M&Aウーマンとしての想い

昨今叫ばれているSDGsは、2015年に「誰ひとり取り残さない」ことを目指して決定されました。この17の目標のうち、「5.ジェンダー平等を実現しよう」「8.働きがいも経済成長も」「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」などが、まずは第一段階の私たちの行動目標となってきます。 日本は少子化による急速な人口減少により、将来の労働力不足が予測されており、それはM&A業界においても他人事ではありません。M&A業界は多くの企業の存続を支援するとともに、自分たち自身も存続をかけて人材確保に取り組まなければならないのです。 私は、現在300万人存在すると言われている潜在的な女性労働人口に対し就業の環境を整え、より長い期間にわたって成長し活躍できる場を少しでも多く提供していきたいと考えています。 私の小学生の娘は、「日本が大好き」と言います。われわれ大人が日本の将来を憂うことがあっても、子供にはお構いなしです。 私は経営者として、M&Aウーマンとして、また一人の親として子供らのためにも、日本が素晴らしい国であり続けられるよう、これからも企業の承継に貢献し続けていきたいと思っているのです。

企業評価について

企業評価総合研究所について

米澤恭子のインタビューはこちらにもあります

著者

米澤 恭子

米澤よねざわ 恭子きょうこ

企業評価総合研究所 代表取締役社長 税理士

株式会社企業評価総合研究所 代表取締役社長。中堅・中小企業のM&Aにおける取引事例法企業価値評価を研究。 2020年世界初の取引事例法評価システムVCOMPASSをリリース。 公正なM&A取引価格の算定・提示によって中堅・中小企業のM&Aマーケットの健全な成長を目指す。 同年株式会社スピアとのM&Aを実施。同社代表取締役社長を兼任。税理士。

この記事に関連するタグ

「SDGs・イノベーション・人材育成・専門家・経営者・企業評価」に関連するコラム

M&Aの「着手金」の役割とは?着手金をいただき続けていることへのこだわり

M&A全般
M&Aの「着手金」の役割とは?着手金をいただき続けていることへのこだわり

日本M&Aセンターの「着手金」M&Aの仲介会社を選ぶシーンで、その仲介会社の料金体系が「着手金あり」か「着手金なし」かというのは、M&Aを検討する企業にとってとても気になるところだと思います。日本M&Aセンターは「着手金あり」の料金体系です。今回は我々の「着手金の使い道」についてお話しさせていただきます。日本M&Aセンターの着手金は「企業評価料」と「案件化料」から成ります。企業評価とは譲渡企業様の

日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

広報室だより
日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

創業以来、セミナーを企業文化としてきた日本М&Aセンターで史上初めてとなる、M&Aを検討しながら譲渡しなかった経営者が体験談を語るウェビナー「成長戦略セミナー私が会社を売らなかった理由」が2021年8月25日に開催されました。逆説的でありますが、М&A仲介のリーディングカンパニーだからこそできる話題のセミナーとなりました。結果的に当社をM&A仲介ではなく“経営コンサル”としてご活用した経験談となり

ZOZOの売却に思うこと ~成長過程の企業のM&A~

M&A全般
ZOZOの売却に思うこと ~成長過程の企業のM&A~

ZOZOが成功の過程で企業を事業承継した。成長過程の企業の選択肢はもちろん急成長の最中ではなく、初の減益などを経た上ではある。それでも、2019年3月期で売上高118,405百万円、営業利益25,654百万円をたたき出し、時価総額7,000億円前後の会社を21年で作り上げたことは事実だ。日本の株式市場の中でも上位数本の指に入る成長を遂げた企業と言える。なお、2019年9月13日時点での時価総額を見

【1万字スペシャル対談】SHIFT×日本M&Aセンターが巻き起こす、SI業界革命

M&A全般
【1万字スペシャル対談】SHIFT×日本M&Aセンターが巻き起こす、SI業界革命

2019年5月、業務提携を発表したSHIFTと日本M&Aセンター。提携により、2社が共同で運営する新たなコンソーシアムを立ち上げ、SI業界変革を加速していくという。果たして両社は今後、業界の未来をどのように変えていくのか。SHIFT代表取締役社長丹下大氏と、日本M&Aセンター上席執行役員渡部恒郎に語ってもらった。ソフトウェアテスト業界を切り拓く日本M&Aセンター渡部SHIFTはソフトウェアテストの

大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

事業承継
大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

実家が家業を営んでいるという若い世代は、自身の将来についてどんな考えを巡らせているのでしょうか。自分の進みたい道がある、漠然と家業は継ぎたくないと思っている、親である社長の考えがわからず不安に感じている等々、さまざまな方がいるでしょう。もちろん家業を継ぐことを真剣に考えていて、若いうちは実家から離れて就職し、将来戻ってきて家業を継ごうとしていたり、最初から家業に入って後継者として経営のノウハウを学

後継者問題を抱える 技術者集団の経営を「紡ぐヒト」

M&A全般
後継者問題を抱える 技術者集団の経営を「紡ぐヒト」

株式会社メイホーホールディングス所在地:岐阜県岐阜市事業内容:総合行政サービス業従業員数:688名(正社員)代表取締役尾松豪紀様(右から)アルト代表取締役社長小林薫様メイホーホールディングス代表取締役社長尾松豪紀様スタッフアドバンス代表取締役渡辺龍也様日本M&Aセンター西日本事業部長雨森良治「従業員の給与水準を高めるにはどうしたら良いのか」今から10数年前、すでに、人口減で市場が縮小する見通しのな

「SDGs・イノベーション・人材育成・専門家・経営者・企業評価」に関連する学ぶコンテンツ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース