日本M&Aセンター

「海外進出は、お前にはまだ早い」”攻め”の2代目と”守り”の会長の間で揺れる海外進出

中堅中小企業を悩ます、国内市場の縮小、人材不足…。

「もう海外に出て行くしかない!」
そう思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

私が長年買収のお手伝いをさせていただいてきた、とある会社の2代目社長も上記の通り海外進出を考えていました。
同社の創業者は父親であり、実質の経営は2代目に任せているものの、自身は会長という肩書でまだ在席しています。
ずっと考えてきた東南アジアの会社への出資について、会長である父に相談した時、事件は起こりました。

「海外進出は、お前にはまだ早い。もっと国内でやれることがあるだろう」

国内企業の買収には一切口を出されなかった会長ですが、初めてストップをかけられました。

「親父聞いてくれよ。
東南アジアに拠点を作ってそっちから人を送り込むことで、国内の人材不足だって解消できる。
このタイミングで出て行かなければ、他社に先を越されてしまう。
今こそ海外進出のベストタイミングなんだ」

2代目社長が会社を継いでから8年、親子の意見が初めて対立した瞬間でした。

「海外進出」が親子の対立のきっかけに


海外進出は“攻め”か?“守り”か?

2代目社長はまだ30代。
会社を引き継いでから、さらなる成長のためにいろんなことにチャレンジし、結果を出されてきました。

「自分が責任をもって現地に行く。俺を信じてやらせてほしい」

“攻め”の社長と“守り”の会長。

私が言うのも何ですが、本当にいいバランスの親子です。

会長が息子さんに社長の座を譲ったとき、会長はまだ50代でした。
「これからの時代、“安定性”だけでは生き残っていけない。若くなければ挑戦できないこともたくさんある。ここから先はお前に任せた」
会長の時代には行わなかったM&Aも、2代目社長は積極的に取り入れられ、業績は急激に拡大しています。
社長の手腕は、会長も認めていらっしゃいました。それでも、海外進出には反対されたのです。

国内市場が縮小し、人材不足が声高に叫ばれる昨今、果たして海外進出は一概に“攻め”と言えるのでしょうか?
まだ若い2代目社長は、自社にとっての海外進出を決して“攻め”だけとは考えていませんでした。
自分が十分体力があるうちに海外進出を行うことで長い目で見た“守り”の体制を整えていこうと、2代目社長は考えていました。

めずらしく強い反対姿勢の会長を見て、私はこう提案しました。

「会長、折衷案として、出資比率を50%未満にしてはいかがでしょうか。そうすれば、金額も5,000万円以内で可能です」

それでも会長はしばらく悩まれていましたが、最終的には
「分かった。でも、無理はするな」
とだけおっしゃって、それ以上何も言いませんでした。

さすが百戦錬磨の会長だ、と改めて感じる一幕でした。


M&Aは特効薬になりえるか

会長と社長とで話し合いを重ねられた結果、約20%の出資を決断されました。

「会長の反対を押し切ってやるんだから、失敗はできない」

2代目社長は出資契約を締結するまで、東南アジアの現地まで自ら何度も足を運んで、納得がいくまで経営者や従業員と会って話をされていました。

自ら東南アジアに滞在し、現地のビジネスの成功の秘訣を学んだ2代目社長

M&Aは、企業を飛躍的に成長させる特効薬です。
しかし、その薬を使うには、自分自身つまり社長や自社の体力(余力)が必要であることを、忘れないでいただきたいと思います。

今回でいえば、海外に何度も足を運べるだけの時間が社長にあり、それでも自社の経営が揺るがない組織体制や資金力(収益力)がありました。

「M&Aで買収をして事業を拡大したい」という熱意を持っていたとしても、体力がない会社はM&Aを行うべきではないと、私は思っています。

同じカテゴリーの記事

MA Channel

人気コラム

最新のコラム

コラムカテゴリー

注目のタグ

メールマガジン登録

M&Aニュース

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。