M&Aニュース

日本ハウズイングへのTOB(株式公開買い付け)、5月23日から実施

更新日:

マルシアンホールディングス合同会社(以下「公開買付者」)は、2024年5月9日付「日本ハウズイング株式会社(証券コード:4781)の普通株式に対する公開買付けの開始予定に関するお知らせ」にて公表したとおり、2024年5月9日、日本ハウズイング株式会社(4781)の普通株式(以下「対象者株式」)を金融商品取引法及び関係法令に基づく公開買付け(TOB)により取得することを決定した。

本公開買付けについては、日本、台湾、ベトナム及びウクライナの競争法並びに日本における外国為替及び外国貿易法(昭和24年法律第228号。その後の改正を含みます。)に基づく許認可等に係る手続が必要であるところ、日本における競争法の手続は2024年4月17日の経過をもって、台湾における競争法の手続は同月15日付で、日本における外国為替及び外国貿易法の手続は同月19日付で完了していた。

一方で、ベトナム及びウクライナにおける競争法の手続は2024年5月9日時点において完了しておらず、これらの国における競争法に基づく必要な許認可等の取得に向けた手続及び対応に一定期間を要することが見込まれたことから、本公開買付けは、本クリアランスの取得が完了していること等一定の条件が充足された場合又は公開買付者により放棄された場合に、速やかに開始することを予定していた。

その後、公開買付者は、2024年5月22日までに、本前提条件(ベトナム及びウクライナにおける競争法に基づく必要な許認可等の取得を除く)がいずれも充足されたことを確認したことから、本公開買付けを2024年5月23日より開始することを決定した。

関連ニュース:
日本ハウズイングが米ゴールドマン・サックスと組みMBOで株式非公開化へ(2024年05月09日)

ビルメンテナンス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ビルメンテナンス業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、ビルメンテナンス業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

日本ハウズイングに関連するM&Aニュース

日本ハウズイングが米ゴールドマン・サックスと組みMBOで株式非公開化へ

日本ハウズイング株式会社(4781)は、2024年5月9日開催の取締役会において、いわゆるマネジメント・バイアウト(MBO)の一環として行われるマルシアンホールディングス合同会社(以下「公開買付者」)による日本ハウズイングの普通株式に対する金融商品取引法及び関係法令に基づく公開買付け(TOB)に関して、2024年5月9日時点における日本ハウズイングの意見として、本公開買付けが開始された場合には、賛

日本ハウズイング、三井E&Sホールディングス連結子会社の全株式取得、子会社化へ

日本ハウズイング株式会社(4781)は、株式会社三井E&Sホールディングス(東京都中央区、三井E&S)から、連結子会社の株式会社MESファシリティーズ(千葉県市原市、MES)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。日本ハウズイングは、マンション管理事業、ビル管理事業、不動産管理事業、営繕工事業を展開している。三井E&Sは、機械・システム事業、船舶事業、海洋開発事業、エンジニアリング事業、IT

日本ハウズイング、給排水に関連した事業を行うメイセイの全株式取得、子会社化へ

日本ハウズイング株式会社(4781)は、株式会社メイセイ(埼玉県草加市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。日本ハウズイングは、マンション管理事業、ビル管理事業、不動産管理事業、営繕工事業を展開している。メイセイは、給排水に関連した様々な設備や制御機器の保守・点検、調査・診断、清掃・洗浄、修理・工事業務を行っている。近年建物の高経年化を背景に、給排水設備に関する工事および保守点検のニーズ

日本ハウズイング(4781)、晴耕雨耕よりマンション管理委託契約上の地位を一部承継

日本ハウズイング(4781)は、会社分割(吸収分割)の方法により、晴耕雨耕株式会社(兵庫県尼崎市)が運営する一部のマンション管理委託契約上の地位を承継することを決定した。日本ハウズイングは本会社分割の対価として、現金59百万円を晴耕雨耕に交付する。晴耕雨耕は、本社所在地である阪神エリアに経営資源を集中させるため、一部のマンション管理事業の業務引継先を探していた。日本ハウズイングは、主力事業であるマ

日本ハウズイング(4781)、シンガポールのファシリティマネジメント会社PROPELLを子会社化

日本ハウズイング(4781)は、シンガポールのPROPELLINTEGRATEDPTELTD(PROPELL)の株式を取得し子会社化することを決定した。議決権所有割合は80%で、取得価額は非開示。日本ハウズイングは、本件完了後から3年を目途に20%を追加取得し、100%子会社化する予定。日本ハウズイングは、日本国内においてマンションおよびオフィスビルの総合管理を中心に事業を展開している。1994年

この記事に関連するタグ

「TOB・MBO」に関連するコラム

TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、中小企業の成長戦略にフォーカスしたセミナーを開催しております。中堅・中小企業の成長戦略としてM&Aが注目されている現在、日本M&Aセンターが支援するレバレッ

MBIとは?MBOとの違いやスキーム、活用するメリットを解説

M&A全般
MBIとは?MBOとの違いやスキーム、活用するメリットを解説

経営状態が振るわない企業に、外部の専門家を送り込み経営の立て直しを行う方法をMBIと言います。本記事ではMBIのスキームやメリット・デメリットを紹介するとともに、似た名称であるMBOやTOB、LBOとの違いについても説明します。MBIとは?MBIとは、投資家・ファンド・金融機関等が企業を買収し、経営権を握った後に経営の専門家を送り込み、企業の立て直しや、企業価値向上を図る買収形態の一つです。企業価

EBO(エンプロイーバイアウト)のメリット・デメリットとは?

M&A全般
EBO(エンプロイーバイアウト)のメリット・デメリットとは?

企業買収の1つとして注目を集めるEBO。本記事では、MBO、LBOなど他の手法との違いや、具体的な進め方、どのような状況がEBOに適しているのかについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらEBOとはEBOとは「EmployeeBuyout(エンプロイーバイアウト)」

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

MBO(マネジメント・バイアウト)とは?目的やメリットを解説

M&A全般
MBO(マネジメント・バイアウト)とは?目的やメリットを解説

2023年11月10日、ベネッセホールディングスがMBOにより上場廃止し、構造改革を行うというニュースが発表されました。近年このようにMBOを実行する企業が増えており、その背景には株式の非公開化による経営再建、企業価値の向上などが挙げられます。本記事では、MBOの概要やメリット、デメリットについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご

イグジット(EXIT:出口戦略)とは?IPO・M&Aによるイグジットの比較

経営・ビジネス
イグジット(EXIT:出口戦略)とは?IPO・M&Aによるイグジットの比較

イグジット(EXIT)はビジネスや投資における戦略の一つであり、主に投資家や起業家が事業を始める際に考えるべき重要な要素の一つです。本記事ではイグジットの概要や、方法別の特徴、メリットや注意点について解説します。日本M&Aセンターは、中堅・中小企業の成長に向けて、M&A仲介やTOKYOPROMarketへの上場支援を行っています。「M&AかIPOか」それぞれの特徴をふまえ、会社に最適な選択肢を検討

「TOB・MBO」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード