M&Aニュース

大伸社、デザインリサーチ事業の子会社mctの株式5%をNTTデータに譲渡

更新日:

株式会社大伸社(9169)は、2024 年3月 8 日開催の取締役会において、同社の完全子会社である株式会社mct(東京都渋谷区)と株式会社 NTT データ(東京都江東区)との間で、業務提携契約の締結及び mct の株式の一部(5%)を、NTT データに譲渡することを決議した。

mctは、Design Research 事業を行う。

NTT データは、総合 IT ソリューション(コンサルティング/SI・ソフトウェア開発/メンテナンスサポート/IT インフラ・通信端末機器販売等)を行う。

本業務提携及び株式の一部譲渡の目的

mct は、2014 年 11 月の設立から、デザインリサーチ事業に注力し、4 つの領域である①定性リサーチによるユーザーインサイトの提供、②デザイン思考の手法・プロセスを使った製品・サービス・事業開発支援及び既存事業の顧客体験改善・変革支援、③デザイン思考を使った顧客中心の事業プロセスへの変革支援、
④デザイン思考を使った組織開発支援及び研修・コーチの提供を中心とした事業活動により、顧客のもつ課題解決のための支援を行ってきた。

また、製薬業界及び IT 業界へのサービス提供比率を高め、デザイン思考の導入を支援する新しいサービスメニューの開発などを進め、顧客の経営成績と企業価値を共に向上させることに努めている。

一方、NTT データは、世界50か国以上で IT に関するあらゆるサービスや最先端テクノロジーを組み合わせ、お客様にとって最適なサービス・ソリューションをグローバルに提供している。また、NTT データは、顧客のあるべき体験のデザイン、顧客タッチポイントの設計に加えて、それを実現する AI・データドリブンオペレーションおよびデータ活用基盤を総合的に提供する「デジタルサクセス」CX イノベーションを提供、展開する。

本サービスは、顧客や従業員の体験をデザインし、テクノロジーを活用して迅速に実装・実現するとともに、体験データを起点に改善し、成果に繋げていくことができることが強みとなっており。特に、デザイン手法を活用して徹底的にユーザー視点で顧客のあるべき体験をデザインするデザインコンサルティングが、本サービスの重要な要素となっている。デザインコンサルティングについては、2020 年に立ち上げたデザイナー集団の「Tangity」が、多くのお客様によりよい顧客体験価値を高めるサービスを提供し、お客様の CX 変革、EX 変革に貢献してきた。

mct と NTT データは従来継続した取引を実施しており、今般、mct はNTTデータとの業務提携契約の締結及び当社が保有する mct 株式の 5%を譲渡することにより、両社のより強固な関係強化を目指す。

本事業提携の内容

本業務提携においては、両者が有する技術やノウハウ、ネットワーク等の強みを相互補完的かつ有機的に活かしつつ、強固な協業関係を構築し、安定受給を可能とするとともに NTT データのブランドを通じてデザインリサーチ事業の拡大を図ることを目的として取り組むものである。

【今後の予定】
本業務提携契約締結日 2024 年 3 月 12 日
株式譲渡実行日    2024 年3月 12 日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

業務提携とは?資本提携・M&Aとの違い、メリットを解説

M&A全般
業務提携とは?資本提携・M&Aとの違い、メリットを解説

企業は、競争力の強化や市場拡大、イノベーションの促進、リスクの分散などを実現するために、業務提携を積極的に活用しています。本記事では、業務提携の概要、メリット、リスクや注意点、円滑に進めるためのポイントについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、業務提携や資本提携をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこ

会社の身売りと会社売却の違いとは?

M&A全般
会社の身売りと会社売却の違いとは?

新聞や経済ニュースなどで時折目にする「会社の身売り」という言葉は、会社売却とどのように違うのでしょうか。本記事では、身売りが指す意味合い、会社売却の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。会社売却・事業承継のお

「株式譲渡・業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード