M&Aニュース

デジタルガレージ、りそなグループとの資本業務提携を強化

更新日:

株式会社デジタルガレージ(4819)と株式会社りそなホールディングス(8308、以下「りそなHD」)は、2022年11月に締結した資本業務提携のさらなる強化について合意した。両社は、決済事業・次世代Fintech事業の提携強化に加え、新たにスタートアップ投資とオープンイノベーション事業の協業を開始する。

なお、本提携強化に伴い、りそなHDは、デジタルガレージの第三者割当による自己株式処分と市場買付を通じ、DG株式の10%程度の追加取得を予定する。

デジタルガレージは、決済プラットフォーム事業を軸に、Fintech/DXの新規事業開発やマーケティング、スタートアップ投資事業を展開する。

りそなHDは、銀行持株会社として、属する銀行持株会社グループの経営管理およびこれに付帯または関連する一切の業務等を行う。

デジタルガレージとりそなHDは、2022年11月締結の資本業務提携のもと、決済事業を軸とした両グループ間の協業を拡大する中、本提携強化により経営資源のさらなる融合を図り、双方の中期経営計画の注力事業として共に掲げる、決済事業の強化・シェア拡大と、金融・DXサービス等の次世代Fintech事業の成長加速を通じて、便利で安心・安全なキャッシュレス社会の実現に貢献する。

・資本業務提携強化の主な内容 
1.決済事業:りそな決済サービスを中核とした一体営業体制を通じ、りそなグループの法人顧客50万社へ決済サービスを提供
2.次世代Fintech事業:多様化する顧客ニーズに応える次世代Fintechサービスを共同開発し、両社の顧客向けに提供
3.スタートアップ投資とオープンイノベーション事業:投資ファンドの共同運営と先進技術・ビジネスモデル取込による成長加速

・自己株式処分による調達資金の使途
デジタルガレージは、第三者割当による自己株式の処分を通じて調達した資金を、RKSを含む決済事業強化に向けたM&A資金や、次世代Fintech事業に対する新規事業投資、決済システム基盤の強化に向けたシステム開発投資に活用する。また、当該決済システム基盤を外部決済事業者に提供する 「プロセシング・プラットフォーム事業」 を新たに展開する。

デジタルガレージは本提携を通じて、決済事業に加えて、法人向け金融事業やEC事業、購買データを活用したマーケティング事業、顧客課題を解決する多様な金融・DXサービスの展開を強化する

・第三者割当による自己株式処分の概要
払込期日: 2024年1月9日(火)
取得株式数: 普通株式2,500,000株
取得価額: 1株につき3,660円
取得価額の総額: 金9,150,000,000円
取得方法: 第三者割当の方法による。
処分予定先: りそなホールディングス株式会社

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

デジタルガレージ・りそなホールディングスに関連するM&Aニュース

りそなホールディングス、子会社の首都圏リースとディー・エフ・エル・リースを合併へ

株式会社りそなホールディングス(8308)の連結子会社である首都圏リース株式会社(東京都千代田区)およびディー・エフ・エル・リース株式会社(大阪市中央区)は合併することについて2024年2月19日合意し、2024年4月1日(予定)に「りそなリース株式会社」へ商号変更する。首都圏リースおよび、ディー・エフ・エル・リースはそれぞれ、りそなグループを主要チャネルとする総合リース業を行う。【合併の目的】り

りそなホールディングス、完全子会社の関西みらいフィナンシャルグループを吸収合併へ

株式会社りそなホールディングス(8308)は、完全子会社である株式会社関西みらいフィナンシャルグループ(大阪府大阪市)の吸収合併を決定し、本合併に係る合併契約書を締結した。りそなホールディングスを存続会社とし、関西みらいフィナンシャルグループを消滅会社とする吸収合併(簡易合併・略式合併)方式。りそなホールディングスは、傘下にりそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行を有するメガバンク。

りそなホールディングス、三菱HCキャピタル傘下の2社を子会社化へ

株式会社りそなホールディングス(8308)は、三菱HCキャピタル株式会社(8593)と、持分法適用関連会社であるディー・エフ・エル・リース株式会社および首都圏リース株式会社の株式追加取得に係る譲渡契約を締結し、2024年1月4日付(予定)で両社を連結子会社とすることを発表した。株式追加取得後、ディー・エフ・エル・リースおよび首都圏リースの両社は、合併に向けて具体的な検討・協議を行っていく予定。りそ

デジタルガレージの子会社BI.Garage、博報堂DYグループ2社と資本業務提携契約締結

株式会社BI.Garage(東京都渋谷区)は、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(東京都港区)、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(東京都渋谷区)と資本業務提携契約を締結した。BI.Garageは、インターネット広告の情報媒体の企画・売買・仲介・および斡旋、ネットワークを利用した広告に関連する情報システムの販売などを行っている。インターネット関連の事業会社を持つ株式会社デジタル

りそなHDとブレインパッド、資本業務提携契約を締結

株式会社りそなホールディングス(8308)と、株式会社ブレインパッド(3655)は、資本業務提携契約を締結することを決定した。りそなHDは、新たに223,000株(ブレインパッドの発行済株式総数の1.00%)を取得する。りそなHDは、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらいフィナンシャルグループ等を傘下に置く、金融持株会社。ブレインパッドは、企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタル

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・第三者割当増資・自己株式処分」に関連するコラム

新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

M&A全般
新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

業界経験豊富なM&Aのスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動きについて、プレスリリースを紐解き解説する「M&Aニュースサテライト」。今回はNTTドコモとマネックスグループ・マネックス証券のニュースを解説します。※本記事はYouTube動画の内容を抜粋・編集してご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。ご相談は無料、秘密厳

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより
インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYSBAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYSBAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセ

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などをわかりやすく解説

M&A全般
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などをわかりやすく解説

第三者割当増資は、企業の資金調達方法の1つです。本記事では、第三者割当増資の概要、株式譲渡との違い、メリットや注意点などについてご紹介します。日本M&Aセンターでは株式譲渡をはじめ、様々なスキームのM&Aを経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&A・企業戦略に関するご相談はこちらから第三者割当増資とは第三者割当増資は、特定の第三者に対して新株を割り当てて

自己株式の消却とは?処分や取得との違い、目的・メリットを解説

M&A全般
自己株式の消却とは?処分や取得との違い、目的・メリットを解説

自己株式の消却とは、会社が保有している自己株式を消滅させることを言います。自己株式の消却は、主に発行済株式数の適切化などを目的に実施されますが、その他にもさまざまな利用方法があります。本記事では自己株式の消却の目的・メリット、注意点、具体的な手続きなどについて詳しく解説します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサ

自社株買いとは?目的やメリット、株価への影響をわかりやすく解説!

M&A全般
自社株買いとは?目的やメリット、株価への影響をわかりやすく解説!

「自社株買い」は、株価に大きな影響を及ぼし、配当と並ぶ株主への還元策として行われています。近年は上場企業だけでなく未上場の中小企業においてもM&Aの場面で活用されるケースが見られます。本記事では、自社株買いのメリットやデメリット、株価への影響についてわかりやすくご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専任チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサル

「資本業務提携・第三者割当増資・自己株式処分」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード