M&Aニュース

住友ゴム工業、スイス子会社Lonstroff AGの全株式をオランダ投資ファンド子会社に譲渡へ

更新日:

住友ゴム工業株式会社(5110)は、医療用ゴム製品の製造・販売子会社 Lonstroff AG(スイス連邦・アールガウ州 、以下、LAG)の全株式を、オランダに本社を置く投資ファンド会社Nimbusが運用するプライベート・エクイティ・ファンドNimbus Investment Fund V Coöperatief U.Anの子会社NCM Investments VII B.V.(オランダ王国・ユトレヒト州)に譲渡する内容の株式譲渡契約を締結することについて、2023年12月20日開催の取締役会にて決議し、株式譲渡契約を締結した。

LAGは、医療用ゴム製品、産業用ゴム部品の製造・販売を行う。

NCM Investments VII B.V. は株式の保有を行う。

住友ゴム工業グループは、2015年にスイスの医療用ゴム製品製造・販売会社であったLAGを買収し、また、2017年には新たな生産拠点としてスロベニアにLonstroff Medical Elastomers d.o.o (以下、LSI)を設立し、医療用ゴム製品事業のグローバル展開を進めてきた。

これまで日欧一体となり、生産性改善・品質向上に取り組んできたが、新型コロナウイルス感染症の影響による生産性改善の遅れ、またその後の原材料の高騰により収益性が悪化したため、短期的な収益性の改善が難しいと判断し、新たな株主へ株式を譲渡することを決定した。

・今後の予定
譲渡実行日  2024年1月31日

輸送用機械・部品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

住友ゴム工業に関連するM&Aニュース

住友ゴム工業、AIを活用した米・車両故障予知会社「Viaduct」へ出資

住友ゴム工業株式会社(5110)は、トータルフリートマネジメントサービスの実現に向け、AIを活用した車両故障予知ソリューションサービスを提供する米国のベンチャー企業であるViaductInc.(米国カリフォルニア州、以下「Viaduct社」)へ出資した。住友ゴム工業は、タイヤ事業やスポーツ事業、産業品事業をグローバルに展開する総合ゴム製品メーカー。Viaduct社は、AIを活用した車両故障予知ソリ

住友ゴム工業(5110)、英国大手タイヤ販社Micheldever Groupの全株式取得

住友ゴム工業(5110)は、MicheldeverGroupLtd.(英国、MD社)の全株式を、MD社株式を保有するPEファンドであるGraphiteCapitalManagementLLP.(英国)等より取得し、子会社化することを決定し、株式譲渡契約を締結した。取得価額は約312億円。住友ゴム工業は、平成27年10月にグッドイヤー社とのアライアンスを解消して以降、欧州市場における生産増強および販

住友ゴム工業(5110)、英国SDI社より海外DUNLOPブランド事業を譲り受け

住友ゴム工業(5110)は、英国のSportsDirectInternationalplc(SDI社)から、海外のDUNLOP商標権ならびにDUNLOPブランドのスポーツ用品事業およびライセンス事業を譲り受けるための契約をSDI社と締結した。本件譲り受けにあたって、住友ゴム工業は、スポーツ事業子会社であるダンロップスポーツ(7825)と共同でダンロップインターナショナル株式会社(神戸市)を設立し、

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・選択と集中・カーブアウト」に関連するコラム

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

複数の事業を展開する中で、不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを迫られる場合があります。このような場面で活用されるのが、事業売却です。事業売却は組織再編において有効な方法ですが、その特徴を十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生みかねません。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、

カーブアウトとは?メリットや課題、進め方、企業事例を紹介

M&A全般
カーブアウトとは?メリットや課題、進め方、企業事例を紹介

~ある上場企業の経営企画部長の悩み~社長から「事業ポートフォリオ見直しに着手せよ」という指示を受けました。選択と集中は不可欠で、子会社や事業の切離し(カーブアウト)も視野に入れたいと社長は力説します。しかし、当社は買収実績があっても売却はほとんどしたことがない。さて、どうしたものか・・・。近年、事業ポートフォリオの見直しに伴う、グループ会社や事業の切り離し、つまりカーブアウトの動きが加速しています

スピンアウトとは?スピンオフとの違いやメリット・注意点・事例まで詳しく解説

経営・ビジネス
スピンアウトとは?スピンオフとの違いやメリット・注意点・事例まで詳しく解説

スピンアウトは、新たな事業価値を創出する手段として注目されています。そこで本記事では、スピンアウトとスピンオフの違い、スピンアウトのメリットや注意点等について詳しく解説します。スピンアウトとは?スピンアウトとは、企業が特定の子会社や事業を切り離し、新たな会社として独立させる言葉として、ビジネスの場面で用いられます。親会社との資本関係を解消するため、新会社は完全な独立企業になる点が特徴です。親会社の

事業ポートフォリオとは?作成するメリットや手順や最適化のコツを紹介

経営・ビジネス
事業ポートフォリオとは?作成するメリットや手順や最適化のコツを紹介

事業ポートフォリオとは、企業が運営しているすべての事業を組み合わせて可視化したものです。事業ポートフォリオを作成すれば、それぞれの事業の収益性や成長性などを確認しやすくなります。本記事では事業ポートフォリオを作成するメリット、作成手順、事業ポートフォリオを最適化するためのポイントなどについて解説します。@sitelink事業ポートフォリオとは事業ポートフォリオとは、企業の事業を一覧化したものを指し

「選択と集中」とは?手法やメリット・デメリット、企業事例を解説

M&A全般
「選択と集中」とは?手法やメリット・デメリット、企業事例を解説

どの企業にも強みと弱みがあります。すべての強みを伸ばしながら弱みを小さくして事業成長を図るのが理想的ですが、活用できる経営資源は限られているため、実現は難しいでしょう。そこで考えられたのが、「選択と集中」という経営戦略です。本記事では、「選択と集中」とはどのような経営戦略で、メリットとデメリットにはどういったものがあるのかを解説し、実行する際のポイントなども説明します。日本M&Aセンターは場企業の

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・選択と集中・カーブアウト」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード