M&Aニュース

丸紅、タイの大手コスメブランドKarmartsに出資

更新日:

丸紅株式会社(8002)は、Karmarts Public Company Limited(タイ バンコク、以下Karmarts社)による第三者割当増資を、Quadriga Private Equity Co., Ltd.社(タイ バンコク、以下Quadriga社)とのコンソーシアム※にて引き受け、出資参画した。

※コンソーシアム:複数組織が、共通の目的に向かい協力するために結成する、共同事業体のこと。

出資完了後のKarmarts社に対する当該コンソーシアムの出資比率は、20%(丸紅18%、Quadriga社2%)となる。

丸紅は、大手総合商社。生活産業、素材産業、エナジー・インフラソリューション、社会産業・内外事業投資や資源開発など、事業を多角的に展開している。

Karmarts社は、タイ証券取引所(SET)上場の大手コスメブランド企業。

Quadriga社は、タイの投資会社。投資、投資顧問業、アドバイザリーサービス等を行う。

Karmarts社においては、今回の第三者割当増資により、丸紅とQuadriga社のネットワークや投資を活用し、ベトナム等のアセアン域内での海外市場開拓およびタイ国内での有力化粧品関連企業との資本・業務提携の推進等、事業開発を進める。

丸紅は、アジアの次世代消費者をターゲットとしたビューティー関連分野での成長事業を追求しており、今回の出資もその一環としている。

総合・その他専門卸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

総合・その他専門卸業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、総合・その他専門卸業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

丸紅に関連するM&Aニュース

JAFホールディングス、ジャパンフーズへのTOBについて買付条件等を変更

丸紅(8002)系のJAFホールディングス株式会社(東京都千代田区)は、ジャパンフーズ株式会社(2599)への公開買付け(TOB)について、買付条件等の変更を発表した。変更について買付け等の期間(変更前)2024年5月13日(月曜日)から2024年6月21日(金曜日)まで(30営業日)(変更後)2024年5月13日(月曜日)から2024年7月8日(月曜日)まで(41営業日)買付け等の価格(変更前)

丸紅、ベトナムの工業団地開発・運営のAmata City Halong JSCの株式20%を取得

丸紅株式会社(8002)は、AmataCityHalongJSC(ベトナム・クアンニン省、以下「ACHL」)の株式20%を、AmataVNPublicCompanyLimited(タイ・バンコク、以下「AmataVN」)より取得し、ベトナムにおける工業団地の開発・運営に参画した。丸紅は、国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報・不動産、その他の広範な分野において、輸出入及び国内取引の他、

丸紅、ライフスタイルブランド展開の米国R. G. Barry Corporationを買収・ライフスタイルブランド運営事業に参入

丸紅株式会社(8002)は、R.G.BarryCorporation(米国・オハイオ州、以下「RGB社」)の発行済み株式の過半数を取得し、RGB社を子会社化した。丸紅は、大手総合商社。国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報ソリューション、次世代事業開発、各種サービス業務等、内外事業投資や資源開発等の事業活動を多角的に展開している。RGB社は、米国でフットウェア、バッグ等の服飾雑貨を手頃

丸紅、みずほリースと資本業務提携

丸紅株式会社(8002)と、みずほリース株式会社(8425)は、2024年5月14日、資本業務提携に関する契約を締結した。丸紅は、本資本業務提携の一環として、みずほリースの実施する普通株式の第三者割当増資の一部を引き受け、みずほリースは丸紅の持分法適用関連会社となる予定。丸紅は、大手総合商社。国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報ソリューション、次世代事業開発、各種サービス業務等、内外

丸紅系のJAFホールディングス、ジャパンフーズに対しTOBを実施へ

JAFホールディングス株式会社(東京都千代田区、以下「公開買付者」)は、2024年5月10日、ジャパンフーズ株式会社(2599、以下「対象者」)の普通株式を金融商品取引法による公開買付け(TOB)により取得することを決定した。本他社株公開買付けは、アイ・シグマ・キャピタル株式会社が管理するアイ・シグマ事業支援ファンド4号の支援を受けて行われ、公開買付者は対象者株式の非公開化を目指す。公開買付者は、

この記事に関連するタグ

「第三者割当増資・資金調達・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などをわかりやすく解説

M&A全般
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などをわかりやすく解説

第三者割当増資は、企業の資金調達方法の1つです。本記事では、第三者割当増資の概要、株式譲渡との違い、メリットや注意点などについてご紹介します。日本M&Aセンターでは株式譲渡をはじめ、様々なスキームのM&Aを経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&A・企業戦略に関するご相談はこちらから第三者割当増資とは第三者割当増資は、特定の第三者に対して新株を割り当てて

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠

資金ショートとは?原因と6つの対策を紹介

経営・ビジネス
資金ショートとは?原因と6つの対策を紹介

会社は赤字になったとしても、運転資金があれば、ただちに倒産することはありません。しかし資金ショートが起きてしまうと、黒字の場合でも倒産しかねません。経営者にとって、資金ショートを起こさないための管理は、極めて重要な仕事のひとつと言えます。本記事では、資金ショートの概要、赤字や債務超過との違い、資金ショートが起こる原因について明らかにしたうえで、その対策について解説します。日本M&Aセンターでは、M

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

「第三者割当増資・資金調達・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード