M&Aニュース

アシックス、投資子会社が英Valkyrie Industriesに出資

更新日:

株式会社アシックス(7936)は、投資子会社であるアシックス・ベンチャーズ株式会社(兵庫県神戸市)が、Valkyrie Industries Limited(英国、以下Valkyrie Industries)に出資した。

アシックスは、スポーツシューズの大手日本企業。各種スポーツ用品等の製造・販売を行っている。グローバルに展開しており、売上高の約70%は海外売上が占める。

アシックス・ベンチャーズは、スタートアップ企業への出資、事業開発推進を行っている。

Valkyrie Industriesは、VRフィットネスアプリとハプティクスアームバンドの開発・提供を行っている。バーチャル空間でリアルなフィットネス体験をサポートするアプリ「EIR Training(イーアイアールトレーニング)」の開発を進めている。

今回の出資を通じてアシックスは、将来ありたい姿を長期的な視点で表した「VISION2030」の中で、「ファシリティとコミュニティ」を強化事業ドメインの一つに掲げており、その一環としてバーチャル空間のスポーツを楽しめる場の提供をすすめる。

併せて、2023年中にはEIR Training上のトレーニングコーチにアシックス製品を着用してもらい、独自フィットネスメニュー開発などコラボレーションコンテンツ提供も行っていく狙い。

その他の製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

アシックスに関連するM&Aニュース

アシックス、スウェーデンのアウトドア・用品メーカーHaglöfs ABの全株式をLionRock Capital Aspire (HK) Limitedに譲渡

株式会社アシックス(7936)は、2023年12月15日開催の取締役会において、保有するHaglöfsAB(ホグロフスAB)(スウェーデン、以下「Haglöfs」)の発行済株式の全てをLionRockCapitalGPLimitedが最終的に管理・運営するファンドLionRockCapitalAspireLimited保有の特別目的会社LionRockCapitalAspire(HK)Limite

アシックス、欧州におけるランニングイベントの登録・決済プラットフォーム提供の仏njuko SASを子会社化

株式会社アシックス(7936)は、njukoSAS(フランスビダール、以下ニューコ)の発行済株式の全てを取得し、子会社化することとした。アシックスは、スポーツシューズの大手日本企業。各種スポーツ用品等の製造・販売を行っている。グローバルに展開しており、売上高の約70%は海外売上が占める。ニューコは、欧州を中心にランニングイベントの登録・決済プラットフォームを提供するフランス企業。複数の言語、通貨、

アシックス、ランナーのためのポータルサイトを運営するアールビーズの株式取得、子会社化へ

株式会社アシックス(7936)は、日本テレビホールディングス株式会社(東京都港区)と共同で、株式会社アールビーズ(東京都渋谷区)の自己株式を除く発行済株式の全てを取得する株式譲渡契約を締結した。アシックスがアールビーズの株式の65%を取得し、グループ会社化するとともに、日本テレビHDが35%を取得する。アシックスは、各種スポーツ用品等の製造および販売を行っている。ランニング事業を重点戦略の一つとし

アシックス、オセアニア地域などでレース登録サイト「Register Now」運営Registration Logic Pty Ltd.の全株式取得、子会社化へ

株式会社アシックス(7936)およびグループは、オセアニア地域などでレース登録サイト「RegisterNow」を運営するRegistrationLogicPtyLtd.(オーストラリア・ビクトリア州、RL社)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、500万オーストラリアドル。アシックスは、各種スポーツ用品などの製造および販売を行っている。RL社は、レース登録プラットフォーム「Re

アシックス(7936)、フィットネス・トラッキング・アプリ運用の米国FitnessKeeper, Inc.を子会社化

株式会社アシックス(7936)は、米国FitnessKeeper,Inc.(FitnessKeeper社)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。アシックスが本取引のために設立した新会社(デラウェア州)が、FitnessKeeper社との間で現金を対価として合併(逆三角合併)する方法により実施する。取得価額は約102億円。アシックスは、グローバル展開拡大に向け、デジタルマーケティングによる女

この記事に関連するタグ

「資金調達・子会社」に関連するコラム

資金ショートとは?原因と6つの対策を紹介

経営・ビジネス
資金ショートとは?原因と6つの対策を紹介

会社は赤字になったとしても、運転資金があれば、ただちに倒産することはありません。しかし資金ショートが起きてしまうと、黒字の場合でも倒産しかねません。経営者にとって、資金ショートを起こさないための管理は、極めて重要な仕事のひとつと言えます。本記事では、資金ショートの概要、赤字や債務超過との違い、資金ショートが起こる原因について明らかにしたうえで、その対策について解説します。日本M&Aセンターでは、M

関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

経営・ビジネス
関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

関連会社に該当するかどうかは、議決権の割合によって定められています。本記事では関係会社や子会社との違いも含め、関連会社の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら関連会社とは?関連会社とは、親会社が議決権の20%以上を所有し「経営方針の決定に重要な影響を与えること

公募増資による資金調達とは?メリット、企業事例を解説

経営・ビジネス
公募増資による資金調達とは?メリット、企業事例を解説

企業が事業活動に必要な資金を調達する方法は、大きく分けると「融資」と「増資」の2種類です。融資は金融機関などから一定期間資金を借りて調達する方法で、あらかじめ定められた期限にしたがって元本を返済していきます。これに対し増資は投資家からの出資によって資金調達を行う方法で、融資のように返済をする必要がありません。また、出資を受けたお金は資本金となるため、自己資本比率は高まり、会社の信頼性も向上させるこ

ベンチャーキャピタル(VC)とは?7つの種類、メリット・デメリットを解説

経営・ビジネス
ベンチャーキャピタル(VC)とは?7つの種類、メリット・デメリットを解説

企業の成長を目指す経営者から、ベンチャーキャピタルの動向は注目を集めています。本記事ではベンチャーキャピタルの概要、出資を受けるメリット、ベンチャーキャピタルの種類などについて詳しく解説します。日本M&Aセンターでは、様々なステージで成長を目指す企業のM&Aをはじめ、経営課題の解決に向けて専門チームを組成しご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらベンチャー

事業計画書とは?書き方、押さえておきたいポイントを解説

M&A全般
事業計画書とは?書き方、押さえておきたいポイントを解説

事業計画書は、自社のビジネスプランを内外に説明する際に重要な資料です。また、事業計画書を作成することで、自社の強みや課題の抽出にも役立ちます。ただし、事業知計画書には規定のフォーマットがない為、ポイントを押さえて作成することが大切です。本記事では、事業計画書の概要やメリット、作成方法についてご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などをわかりやすく解説

M&A全般
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などをわかりやすく解説

第三者割当増資は、企業の資金調達方法の1つです。本記事では、第三者割当増資の概要、株式譲渡との違い、メリットや注意点などについてご紹介します。日本M&Aセンターでは株式譲渡をはじめ、様々なスキームのM&Aを経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&A・企業戦略に関するご相談はこちらから第三者割当増資とは第三者割当増資は、特定の第三者に対して新株を割り当てて

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年6月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード