M&Aニュース

事業承継セミナー

ピアズ、KandaQuantumと資本業務提携

更新日:

株式会社ピアズ(7066)は、CVC事業の第5号案件として、株式会社KandaQuantum(東京都千代田区)の株式を取得し、ピアズの各事業へのChatGPTをはじめとするAI活用などに関する資本業務提携をした。

ピアズは、店舗DX、セールスプロモーション、スタートアップ事業などを行っている。 店舗DX事業においてはAIを活用したオンライン接客センター事業、AIを活用し表情解析や感情解析を可能にしたロープレトレーニングシステム「mimik(ミミック)」などを展開している。

KandaQuantumは、Gen-AI(生成AI、ジェネレーティブAI)や量子技術を用いた様々なプロダクトを展開している。

本提携により、ピアズが持つ営業・接客ビッグデータとChatGPTなどのAI技術が、KandaQuantumのAI・量子技術により補完され、より高度なプロダクトの開発販売へとつながることを見込む。

その他サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ピアズに関連するM&Aニュース

ピアズ、連結子会社及び孫会社を吸収合併へ

株式会社ピアズ(7066)は、完全子会社である株式会社ウィル(神奈川県横浜市)、および同社の子会社である株式会社ウィルコーポレーション(神奈川県横浜市)を吸収合併することを決定した。ピアズを存続会社、ウィルおよびウィルコーポレーションを消滅会社とする吸収合併方式。ウィルの合併成立後、同日付にてウィルコーポレーションを合併する。ピアズグループは、創業時より、通信業界をメインとしたセールスプロモーショ

ピアズと、アパレル向けAI・DX プラットフォーム提供のL-DXが資本業務提携

株式会社ピアズ(7066)は、L-DX株式会社(東京都目黒区)より第三者割当増資を引き受け、AI・DXプラットフォーム事業に関する資本業務提携をした。ピアズは、店舗DX、セールスプロモーション、スタートアップ事業などを行っている。L-DXは、ライフスタイル産業向けAI・DXプラットフォームの提供、受託システム開発、業務改善コンサルティング等を行っている。アパレル業界の業務を一元管理し、リアルタイム

ピアズ、連結子会社XEROをcoLAB.に譲渡へ

株式会社ピアズ(7066)は、連結子会社であるXERO株式会社(東京都港区)の株式を、コンサルティング業を行う株式会社coLAB.(神奈川県横浜市)へ譲渡することを決定した。なお本件に伴い、XEROはピアズの連結子会社から除外される。ピアズは、セールスプロモーション事業、店舗DX事業、働き方革新事業、メタバース事業などを行っている。2020年4月にXEROを設立し、通信業界のノウハウをもとに飲食業

ピアズ、組織コンサルティングを行う子会社OneColorsを吸収合併へ

株式会社ピアズ(7066)は、完全子会社である株式会社OneColors(東京都港区)を吸収合併することを決定した。ピアズを存続会社、OneColorsを消滅会社とする吸収合併方式。ピアズは、セールスプロモーション事業、店舗DX事業、働き方革新事業、メタバース事業などを行っている。通信業界をメインに事業を展開しているが、2020年以降、通信業界以外での事業も開始し、事業の多角化を行ってきた。One

ピアズ、通信業界向け人材派遣事業を行うウィルの株式を取得、子会社化へ

株式会社ピアズ(7066)は、株式会社ウィル(神奈川県横浜市)の全株式を取得し、連結子会社化することを決定した。取得価格は、デューデリジェンス費用等も含め約1,192百万円。ピアズは、店舗DX事業、働き方革新事業、セールスプロモーション事業、Labo(企画・開発)を行っている。店舗のDXを支援するオンライン接客システムONLINX(オンリンクス)など新しい事業を展開し、また、オンライン接客センター

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・株式譲渡」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

会社売却とは?メリットや成功させるポイント、流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや成功させるポイント、流れを解説

会社売却を行うにあたって、あらかじめ押さえたいポイントがいくつかあります。本記事では会社売却のメリット、流れなど概要をご紹介します。自社の「業種・地域・売上高」の3つを入力するだけで「会社売却をするとしたら、どのような相手が候補に挙がってくるか」が1分でわかる、無料の診断サービスがあります。ぜひご活用ください。会社売却先シミュレーション(無料)を試してみる会社売却とは?会社売却は、経営者が新たなビ

会社を売りたい。会社売却で知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却で知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

「資本業務提携・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード