M&Aニュース

ベネッセHD、労働市場データベースを保有する米国SkyHive社と資本業務提携

更新日:

株式会社ベネッセホールディングス(9783)は、SkyHive Technologies Holdings Inc.(米国 デラウェア、以下SkyHive社)へ1,000万米ドル(約13億円※1ドル130円換算)の出資を行う旨の資本業務提携契約を締結した。

ベネッセホールディングスは、グループにて教育、介護・保育などの事業を展開している。

SkyHive社は、人工知能(AI)を活用したグローバル人材情報ソフトウェア企業。

本提携により、ベネッセホールディングスはSkyHive社のAI技術を活用し、企業向けに従業員のスキル可視化と分析、リスキリングに適した学習マネジメント、そしてUdemyなどの学習コンテンツ提供を一貫して行うことが可能となる。
これにより、企業の人的資本経営支援が強化されることが期待される。

さらに、SkyHive社が世界で蓄積したリスキリングを通じた組織変革ノウハウを、日本国内で活用することも見込む。

教育・学習支援(学習塾を除く)業界のM&A・事業承継の動向はこちら

教育・学習支援(学習塾を除く)業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、教育・学習支援(学習塾を除く)業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

ベネッセホールディングスに関連するM&Aニュース

ベネッセホールディングス、TOBが成立し上場廃止へ

ブルーム1株式会社(以下「公開買付者」)が、2024年1月30日から実施してきた株式会社ベネッセホールディングス(9783)の普通株式に対する公開買付け(TOB)が、2024年3月4日をもって終了した。本公開買付けの結果、2024年2月28日(本公開買付けの決済の開始日)付で下記のとおり、同社のその他の関係会社及び主要株主である筆頭株主に異動が生じる見込みとなった。本公開買付けの結果本公開買付けに

ベネッセホールディングス、MBOにより上場廃止へ

株式会社ベネッセホールディングス(9783)は、MBOの一環として行われる、ブルーム1株式会社(東京都港区)によるTOB(株式公開買い付け)の実施に賛同の意見を表明した。本公開買付けは、ベネッセホールディングス株式の非公開化を目的としている。買付け等の価格は、普通株式1株につき、2,600円。買付予定数は79,980,331株で、買付予定数の下限は47,818,900株。全株を取得した場合の買収金

ベネッセホールディングス、ビービットと資本業務提携

株式会社ベネッセホールディングス(9783)は、株式会社ビービット(東京都千代田区)と資本業務提携契約を締結した。ベネッセホールディングスは、グループにて教育、介護・保育などの事業を展開している。ビービットは、UXデザインコンサルティングやソフトウェアサービスを手掛ける会社。ベネッセのサービスUX改善で実績がある。ベネッセホールディングスは、本提携を元に、中期経営計画においても必須となる「デジタル

ベネッセホールディングス、Warisの株式取得へ

株式会社ベネッセホールディングス(9783)は、株式会社Waris(東京都千代田区)の共同代表である米倉史夏氏、田中美和氏、河京子氏を含む既存株主との間で、Warisの株式取得に関する株式譲渡・株式引受契約を締結した。Warisは、2023年6月30日(予定)の株式取得および増資引受に伴い、ベネッセホールディングスの連結子会社となる予定。ベネッセホールディングスは、グループにて教育、介護・保育など

ベネッセホールディングス、京都洛西予備校を子会社化へ

株式会社ベネッセホールディングス(9783)は、株式会社京都洛西予備校(京都府京都市)の発行済全株式を取得する株式譲渡契約を締結した。取得先は、京都洛西予備校の代表取締役である土肥賢司氏。京都洛西予備校は、ベネッセホールディングスの連結子会社となる予定。ベネッセホールディングスは、グループにて教育、介護・保育などの事業を展開している。連結子会社の株式会社アップ(兵庫県西宮市)は、関西を拠点に「研伸

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・クロスボーダーM&A・資金調達」に関連するコラム

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより
インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYSBAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYSBAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセ

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠

資金ショートとは?原因と6つの対策を紹介

経営・ビジネス
資金ショートとは?原因と6つの対策を紹介

会社は赤字になったとしても、運転資金があれば、ただちに倒産することはありません。しかし資金ショートが起きてしまうと、黒字の場合でも倒産しかねません。経営者にとって、資金ショートを起こさないための管理は、極めて重要な仕事のひとつと言えます。本記事では、資金ショートの概要、赤字や債務超過との違い、資金ショートが起こる原因について明らかにしたうえで、その対策について解説します。日本M&Aセンターでは、M

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

月別M&Aニュース

注目ニュースワード