M&Aニュース

ベネッセホールディングス、MBOにより上場廃止へ

更新日:

株式会社ベネッセホールディングス(9783)は、MBOの一環として行われる、ブルーム1株式会社 (東京都港区)によるTOB(株式公開買い付け)の実施に賛同の意見を表明した。本公開買付けは、ベネッセホールディングス株式の非公開化を目的としている。

買付け等の価格は、普通株式1株につき、2,600円。買付予定数は79,980,331株で、買付予定数の下限は47,818,900株。全株を取得した場合の買収金額は約2079億円。

ベネッセホールディングスは、グループにて教育、介護・保育などの事業を展開している。

ブルーム1は、本公開買付けを通じたベネッセホールディングスの株券等の取得等を目的として、スウェーデンのプライベート・エクイティ投資会社EQTが設立した買収目的会社。

同社株式はBezant(HK)Limitedが所有しており、EQT AB Group(関係会社およびその他関連事業体を含め、以下「EQT」)が運用・管理・アドバイスを提供するBPEA Fund VIII Limitedが、Bezant(HK)の発行済全株式を間接的に所有している。

ベネッセホールディングスは、経営資源やノウハウに加えEQTのネットワークやノウハウを活用し、本取引を通じて株式を非公開化し、EQTによるグループへの経営資源の投入を可能とすることで、機動的かつ着実な経営施策の実行を通じて、以下シナジーの創出を見込む。

  1. 教育事業におけるデジタル化による業務効率化及びサービスの多様化
  2. 教育事業におけるグローバル事業展開の拡大・高度化
  3. M&Aの積極的な活用
  4. 非公開化に伴う意思決定の迅速化

教育・学習支援(学習塾を除く)業界のM&A・事業承継の動向はこちら

教育・学習支援(学習塾を除く)業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、教育・学習支援(学習塾を除く)業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

ベネッセホールディングスに関連するM&Aニュース

ベネッセホールディングス、ビービットと資本業務提携

株式会社ベネッセホールディングス(9783)は、株式会社ビービット(東京都千代田区)と資本業務提携契約を締結した。ベネッセホールディングスは、グループにて教育、介護・保育などの事業を展開している。ビービットは、UXデザインコンサルティングやソフトウェアサービスを手掛ける会社。ベネッセのサービスUX改善で実績がある。ベネッセホールディングスは、本提携を元に、中期経営計画においても必須となる「デジタル

ベネッセホールディングス、Warisの株式取得へ

株式会社ベネッセホールディングス(9783)は、株式会社Waris(東京都千代田区)の共同代表である米倉史夏氏、田中美和氏、河京子氏を含む既存株主との間で、Warisの株式取得に関する株式譲渡・株式引受契約を締結した。Warisは、2023年6月30日(予定)の株式取得および増資引受に伴い、ベネッセホールディングスの連結子会社となる予定。ベネッセホールディングスは、グループにて教育、介護・保育など

ベネッセHD、労働市場データベースを保有する米国SkyHive社と資本業務提携

株式会社ベネッセホールディングス(9783)は、SkyHiveTechnologiesHoldingsInc.(米国デラウェア、以下SkyHive社)へ1,000万米ドル(約13億円※1ドル130円換算)の出資を行う旨の資本業務提携契約を締結した。ベネッセホールディングスは、グループにて教育、介護・保育などの事業を展開している。SkyHive社は、人工知能(AI)を活用したグローバル人材情報ソフト

ベネッセホールディングス、京都洛西予備校を子会社化へ

株式会社ベネッセホールディングス(9783)は、株式会社京都洛西予備校(京都府京都市)の発行済全株式を取得する株式譲渡契約を締結した。取得先は、京都洛西予備校の代表取締役である土肥賢司氏。京都洛西予備校は、ベネッセホールディングスの連結子会社となる予定。ベネッセホールディングスは、グループにて教育、介護・保育などの事業を展開している。連結子会社の株式会社アップ(兵庫県西宮市)は、関西を拠点に「研伸

ベネッセHD、Berlitzの全株式をカナダのILSC Holdings LPへ譲渡

株式会社ベネッセホールディングス(9783)は、連結子会社であるBerlitzCorporation(アメリカ・ニュージャージー州、Berlitz)に関して、Berlitzに対する債権を放棄すること、そのうえで保有する全株式をカナダのILSCHoldingsLP(ILSC)が保有する特別目的会社ILSCSPC(カナダ・ブリティッシュコロンビア州)に譲渡することを決定した。本件に伴い、Berlitz

この記事に関連するタグ

「MBO・TOB・シナジー・プライベートエクイティ」に関連するコラム

TOB(株式公開買付け)とは?目的やメリット、事例を解説!

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?目的やメリット、事例を解説!

TOB(株式公開買付け)は、他の企業の経営権を取得する買収方法の1つです。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらTOB(株式公開買付け)とは?TOBは、「TakeoverBid(株式公開買付け)」の略で

MBIとは?MBOとの違いやスキーム、活用するメリットを解説

M&A全般
MBIとは?MBOとの違いやスキーム、活用するメリットを解説

経営状態が振るわない企業に、外部の専門家を送り込み経営の立て直しを行う方法をMBIと言います。本記事ではMBIのスキームやメリット・デメリットを紹介するとともに、似た名称であるMBOやTOB、LBOとの違いについても説明します。MBIとは?MBIとは、投資家・ファンド・金融機関等が企業を買収し、経営権を握った後に経営の専門家を送り込み、企業の立て直しや、企業価値向上を図る買収形態の一つです。企業価

EBO(エンプロイーバイアウト)とは?MBOとの違いなど解説

M&A全般
EBO(エンプロイーバイアウト)とは?MBOとの違いなど解説

企業買収の1つとして注目を集めるEBO。本記事では、MBO、LBOなど他の手法との違いや、具体的な進め方、どのような状況がEBOに適しているのかについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらEBOとはEBOとは「EmployeeBuyout(エンプロイーバイアウト)」

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

MBO(マネジメント・バイアウト)とは?目的やメリットを解説

M&A全般
MBO(マネジメント・バイアウト)とは?目的やメリットを解説

2023年11月10日、ベネッセホールディングスがMBOにより上場廃止し、構造改革を行うというニュースが発表されました。近年このようにMBOを実行する企業が増えており、その背景には株式の非公開化による経営再建、企業価値の向上などが挙げられます。本記事では、MBOの概要やメリット、デメリットについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご

シナジーとは?期待される効果、種類をわかりやすく解説

経営・ビジネス
シナジーとは?期待される効果、種類をわかりやすく解説

グーグルやアマゾンなどが創業から20年程度で世界的企業に成長したのは、「足し算方式」の経営でなく「掛け算方式」の経営を効率よく行ったためと言われています。企業経営において、この「掛け算方式」を生み出す核となるエンジンが「シナジー」です。本記事では、シナジーの概要、シナジーを創出する方法など、企業事例を交えてご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専任チームを

「MBO・TOB・シナジー・プライベートエクイティ」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード