M&Aニュース

ケイアイスター不動産、京都・滋賀を中心に展開するエルハウジングをグループ化へ

更新日:

ケイアイスター不動産株式会社(3465)は、株式会社エルハウジング(京都府京都市)の株式の過半数を取得し、グループ会社にするための基本合意締結を決定した。

ケイアイスター不動産は、戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業を行っている。
2021年5月の兵庫県への出店を皮切りに、2022年3月には大阪府に出店するなど、近畿エリアにおける分譲戸建事業の拡大を積極的に図っている。

エルハウジングは、不動産売買、販売代理、仲介、賃貸管理、リフォームを行っている。京都府および滋賀県を中心に戸建住宅の分譲事業を主に展開している。

本件M&Aによりケイアイスター不動産は、両者の持つ仕組みやノウハウ等の経営資源を融合させ、両者のさらなる企業価値の飛躍の実現を図る。

エルハウジングのグループ入りによりケイアイスター不動産グループの出店エリアは、1都2府18県(宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、福岡、佐賀、熊本、大分、鹿児島)となる。

不動産開発・流通・賃貸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

不動産開発・流通・賃貸業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、不動産開発・流通・賃貸業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

ケイアイスター不動産に関連するM&Aニュース

ケイアイスター不動産、子会社のケイアイネットクラウドを吸収合併

ケイアイスター不動産株式会社(3465)は、ケイアイスター不動産の完全子会社であるケイアイネットクラウド株式会社(東京都中央区)を吸収合併すること、また、ケイアイスター不動産がケイアイネットクラウドに対して有する債権の一部を放棄することを併せて決議した。ケイアイスター不動産を存続会社とする吸収合併方式であり、ケイアイネットクラウドは解散する。ケイアイスター不動産は、戸建分譲事業、注文住宅事業、総合

ケイアイスター不動産(3465)、戸建住宅の分譲・リノベーション事業の東京ビッグハウスの株式取得、連結子会社化

ケイアイスター不動産株式会社(3465)は、東京ビッグハウス株式会社(東京都新宿区)の株式を取得し、連結子会社化することを決定した。議決権所有割合は、50.0%となる。ケイアイスター不動産およびグループは、戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業、アセット事業、管理事業、宅地造成を行っている。東京ビッグハウスは、首都圏を中心に戸建住宅の分譲事業及びリノベーションマンション販売を主として行って

ケイアイスター不動産(3465)は、戸建住宅の分譲・リノベーション事業の東京ビッグハウスの株式取得、連結子会社化

ケイアイスター不動産株式会社(3465)は、東京ビッグハウス株式会社(東京都新宿区)の株式を取得し、連結子会社化することを決定した。議決権所有割合は、50.0%となる。ケイアイスター不動産およびグループは、戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業、アセット事業、管理事業、宅地造成を行っている。東京ビッグハウスは、首都圏を中心に戸建住宅の分譲事業及びリノベーションマンション販売を主として行って

ケイアイスター不動産(3465)、埼玉で不動産仲介及びリフォーム事業展開・ハウスラインの株式取得、連結子会社化

ケイアイスター不動産(3465)は、株式会社ハウスライン(埼玉県朝霞市)の株式を同社代表取締役2名よりそれぞれ取得し、連結子会社化することを決定した。議決権所有割合は80.00%となる。ハウスラインラインは、埼玉県朝霞市を中心に不動産仲介事業、リフォーム事業を行っている。本件M&Aにより、ケイアイスター不動産は、埼玉県朝霞市エリアでの仕入れ及び販売の強化、リフォーム事業の拡充とグループの事業拡大の

ケイアイスター不動産(3465)、千葉で住宅事業展開のフレスコを子会社化

ケイアイスター不動産(3465)は、株式会社フレスコ(千葉市)の株式を取得し、連結子会社化することを決定した。議決権所有割合は50.5%となる。フレスコは、千葉市を中心に戸建住宅の分譲事業及び注文住宅事業を主な事業として展開している。仕入から販売、アフターメンテナンスまでを一貫して自社で行う。本件M&Aにより、ケイアイスター不動産グループは、フレスコとの連携により戸建分譲事業を拡充し、事業拡大を加

この記事に関連するタグ

「基本合意・株式譲渡」に関連するコラム

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

会社の身売りと会社売却の違いとは?

M&A全般
会社の身売りと会社売却の違いとは?

新聞や経済ニュースなどで時折目にする「会社の身売り」という言葉は、会社売却とどのように違うのでしょうか。本記事では、身売りが指す意味合い、会社売却の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。会社売却・事業承継のお

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

「基本合意・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年2月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード