M&Aニュース

ケイアイスター不動産(3465)、戸建住宅の分譲・リノベーション事業の東京ビッグハウスの株式取得、連結子会社化

ケイアイスター不動産株式会社(3465)は、東京ビッグハウス株式会社(東京都新宿区)の株式を取得し、連結子会社化することを決定した。
議決権所有割合は、50.0%となる。

ケイアイスター不動産およびグループは、戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業、アセット事業、管理事業、宅地造成を行っている。
東京ビッグハウスは、首都圏を中心に戸建住宅の分譲事業及びリノベーションマンション販売を主として行っている。

本件M&Aにより、ケイアイスター不動産グループは、東京ビッグハウスとのシナジーにより戸建分譲事業の拡充・コストダウン等を図り、さらなるグループの事業拡大を加速させる。

・今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2020年4月2日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するM&Aニュース

ケイアイスター不動産(3465)は、戸建住宅の分譲・リノベーション事業の東京ビッグハウスの株式取得、連結子会社化

ケイアイスター不動産株式会社(3465)は、東京ビッグハウス株式会社(東京都新宿区)の株式を取得し、連結子会社化することを決定した。議決権所有割合は、50.0%となる。ケイアイスター不動産およびグループは、戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業、アセット事業、管理事業、宅地造成を行っている。東京ビッグハウスは、首都圏を中心に戸建住宅の分譲事業及びリノベーションマンション販売を主として行って

ケイアイスター不動産(3465)、埼玉で不動産仲介及びリフォーム事業展開・ハウスラインの株式取得、連結子会社化

ケイアイスター不動産(3465)は、株式会社ハウスライン(埼玉県朝霞市)の株式を同社代表取締役2名よりそれぞれ取得し、連結子会社化することを決定した。議決権所有割合は80.00%となる。ハウスラインラインは、埼玉県朝霞市を中心に不動産仲介事業、リフォーム事業を行っている。本件M&Aにより、ケイアイスター不動産は、埼玉県朝霞市エリアでの仕入れ及び販売の強化、リフォーム事業の拡充とグループの事業拡大の

ケイアイスター不動産(3465)、千葉で住宅事業展開のフレスコを子会社化

ケイアイスター不動産(3465)は、株式会社フレスコ(千葉市)の株式を取得し、連結子会社化することを決定した。議決権所有割合は50.5%となる。フレスコは、千葉市を中心に戸建住宅の分譲事業及び注文住宅事業を主な事業として展開している。仕入から販売、アフターメンテナンスまでを一貫して自社で行う。本件M&Aにより、ケイアイスター不動産グループは、フレスコとの連携により戸建分譲事業を拡充し、事業拡大を加

ケイアイスター不動産(3465)、業務処理システム開発のアルファテクノロジーと資本業務提携

ケイアイスター不動産(3465)は、アルファテクノロジー株式会社(東京都渋谷区)との間で、資本業務提携を行うことを決定した。議決権所有割合は5.0%となる。アルファテクノロジーは、製造・機械・業務系のシステムの開発・提案を行っており、特に画像処理やAIを利用した業務処理等において独自の技術を搭載したシステムを開発している。本件M&Aにより、ケイアイスター不動産は、現在進めているITの戦略的導入にお

ケイアイスター不動産(3465)、神奈川の土木工事会社・建新を第三者割当増資引き受けにより持分法適用関連会社化

ケイアイスター不動産(3465)は、株式会社建新(神奈川県横須賀市)と資本提携を実施し、同社が実施する第三者割当増資を引受け、持分法適用関連会社化することを決定した。議決権所有割合は31.03%となる。建新は、神奈川県横須賀市を中心に土木造成工事、戸建て分譲事業を行っている。造成工事について、高低差の大きな土地における開発造成を得意とする。本件により、ケイアイスター不動産は、両社のノウハウのを相互

ケイアイスター不動産(3465)、田園都市線沿線で戸建住宅分譲事業展開の旭ハウジングの全株式取得

ケイアイスター不動産(3465)は、株式会社旭ハウジング(横浜市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。旭ハウジングは、田園都市線沿線における戸建住宅の分譲事業を主な事業として展開している。本件M&Aにより、ケイアイスター不動産は、両社ともに仕入から販売、アフターメンテナンスまですべて自社で一貫して行う体制であるという特色を活かし、両社間での連携を行うことで戸建分譲事業の拡充を行い更なる成

「株式譲渡」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード