M&Aニュース

JESホールディングス、トヨタファシリティーサービスの株式追加取得、完全子会社化へ

ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(6544、JESホールディングス)は、株式会社トヨタファシリティーサービス(東京都豊島区)の株式を追加取得し、完全子会社化することを決定した。

JESホールディングスは、独立系(非設置メーカー)メンテナンス会社。エレベーター・エスカレーターのメンテナンス事業を行っている。

トヨタファシリティーサービスは、エレベーターなどのメンテナンス事業を行っている。2021年5月にJESホールディングスの子会社となり、東京・神奈川・埼玉・千葉等の首都圏および大阪・兵庫等の関西圏を中心に事業を展開している。

本件M&Aにより、JESホールディングスは、一層の連携強化と意思決定の迅速化を図る。

・今後の予定
株式譲渡実行日 2022年6月24日

ジャパンエレベーターサービスホールディングスに関連するM&Aニュース

JESホールディングス、ベトナムでエレベーター設置及びメンテナンスを行うUNIECO VIETNAM COMPANY LIMITEDの資本持分取得、子会社化へ

ジャパンエレベーターサービスHD株式会社(6544、JESHD)は、エレベーターなどメンテナンス事業を営むUNIECOVIETNAMCOMPANYLIMITED(ベトナム、UNIECO)を子会社化することを決定した。議決権割合は、51.0%となる。JESHDは、メンテナンス(保守・保全)事業、リニューアル事業などを行っている。UNIECOは、エレベーターの設置およびメンテナンスを行っている。本件に

ジャパンエレベーターサービスHD、エレベーター等のメンテナンスを行うエヒメエレベータサービスの全株式取得、子会社化へ

ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(6544)は、エヒメエレベータサービス株式会社(愛媛県松山市)の全株式を取得し子会社化することを決定した。ジャパンエレベーターサービスHDは、メンテナンス(保守・保全)事業、リニューアル事業等を展開している。エヒメエレベータサービスは、エレベーター等のメンテナンス事業を行っている。本件M&Aにより、ジャパンエレベーターサービスHDは、エヒメエレ

ジャパンエレベーターサービスHD、トヨタファシリティーサービスの株式取得、子会社化へ

ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(6544、JESHD)は、株式会社トヨタファシリティーサービス(東京都豊島区)の株式を取得し子会社化することを決定した。議決権所有割合は、60%となる。JESHDは、メンテナンス(保守・保全)事業、リニューアル事業等を行っている。トヨタファシリティーサービスは、エレベーター等のメンテナンス事業を行っている。本件M&Aにより、JESHDは、保守契

ジャパンエレベーターサービスHD、東京エレベーターの株式取得、子会社化

ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(6544、JESグループ)は、東京エレベーター株式会社(東京都中央区)の株式を取得し子会社化することを決定した。議決権所有割合は、90%となる。JESグループは、独立系メンテナンス会社として、国内主要メーカー各機種に対応できる高度な技術力と純正部品の調達力を強みに、質の高いサービスを適正価格で提供している。東京エレベーターは、エレベーター保守、

ジャパンエレベーターサービスHD、長野エレベーターの全株式取得、子会社化へ

ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(JESホールディングス、6544)は、株式会社長野エレベーター(長野県松本市)の全株式を取得し子会社化することを決定した。JESホールディングスは、独立系メンテナンス会社。JESグループでは、国内主要メーカー各機種に対応したメンテナンス(保守・法定点検)を行い、必要に応じた部品交換、修理、調整を行っている。長野エレベーターは、エレベーター等のメ

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社」に関連するコラム

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

M&A全般
西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「株式譲渡・子会社」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード