M&Aニュース

東京センチュリー、ふくおかフィナンシャルグループと資本業務提携締結

東京センチュリー株式会社(8439)は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(8354、FFG)と、資本業務提携を締結した。
東京センチュリーは、FFG傘下の十八総合リース株式会社(長崎県長崎市)の株式の一部取得(持分法適用関連会社化)、および十八総合リースと業務提携を行う。

取得割合は、25%。
十八総合リースは、FFGの戦略子会社としてさらなるリース事業拡大に向けて、商号をFFGリース株式会社とし、本社所在地を長崎県から福岡県へ変更する。

東京センチュリーは、金融・サービス企業。「国内リース事業分野」「国内オート事業分野」「スペシャルティ事業分野」「国際事業分野」の4つの分野で事業を展開している。

FFGは、福岡県、熊本県、長崎県を中心とした九州全域にネットワークを有する広域展開型地域金融グループ。

十八総合リースは、長崎県を中心とする株式会社十八親和銀行(長崎県長崎市)の取引先にリース・割賦などを提供している。

本提携により、東京センチュリーは、FFGと株式会社福岡銀行(福岡県福岡市)や株式会社熊本銀行(熊本県熊本市)の取引先に対し、リースを含めた多様な資金調達手段を提供していく。
FFGの強固な顧客基盤と東京センチュリーが有するリースなどの多様な金融・サービスノウハウを融合することから、シナジー創出を目指す。
また、多様な顧客ニーズへの対応ならびに持続的な地域社会の発展に貢献していく。

・今後のスケジュール
FFGリースへの商号変更および福岡県への本社所在地変更 2022年4月1日
本提携の開始 2022年4月4日

銀行等業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ふくおかフィナンシャルグループ・東京センチュリーに関連するM&Aニュース

東京センチュリー、シエル・テールグループの⽔上太陽光発電事業に参画

東京センチュリー株式会社(8439)と、シエル・テール(フランス)は、シエル・テール・ジャパンが開発した⽇本の⽔上太陽光発電事業に参画する。東京センチュリーは、日本の大手総合リース会社。⾦融・サービス企業として、太陽光発電をはじめとする再⽣可能エネルギー事業に積極的に取り組み、⽇本を中⼼に再⽣可能エネルギー事業を運営している。シエル・テールと、東京センチュリーの連結⼦会社である京セラTCLソーラー

東京センチュリー、MIRAI-LABOと資本業務提携、合意

東京センチュリー株式会社(8439)は、バッテリーの診断評価・リユース事業等を展開するMIRAI-LABO株式会社(東京都八王子市)と資本業務提携を行うことに合意した。東京センチュリーは、国内リース事業、国内オート事業、スペシャルティ事業、国際事業を展開している。MIRAI-LABOは、環境プラットフォームの構築、太陽光路面発電技術、リユースEVバッテリー技術、バッテリーの無瞬断切替技術、省エネ照

東京センチュリーの連結子会社、米国ディーラー会社Work Truck Direct, Inc.の全株式取得、完全子会社化

東京センチュリー株式会社(8439)の連結子会社であるTokyoCentury(USA)Inc.(アメリカ・ニューヨーク州、TCUSA)は、WorkTruckDirect,Inc.(アメリカ・オレゴン州、WTDEquipment)の全株式を取得し、完全子会社とした。東京センチュリーは、国内リース事業(情報通信機器・事務機器、工場設備、建設機械、商業用機器等)、国内オート事業(法人・個人向けオートリ

八十二銀行、ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBank社と資本業務提携へ

株式会社八十二銀行(8359)は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(8354)傘下のiBankマーケティング株式会社(福岡県福岡市、iBank社)と、iBank事業への参画に関する正式合意および資本業務提携を行うことを決定した。本件では、八十二銀行が、iBank社の株式の一定割合を取得する。八十二銀行は、銀行業を行っている。ふくおかフィナンシャルグループは、銀行、その他銀行法により子会社とす

ふくおかフィナンシャルグループのiBank、システムコンサルティング開発事業を展開するdiffeasyの全株式取得、子会社化へ

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(8354、FFG)傘下のiBankマーケティング株式会社(福岡県福岡市、iBank)は、株式会社diffeasy(福岡県福岡市)の全株式取得に関する株式譲渡契約書を締結した。FFGは、銀行、その他銀行法により子会社とすることができる会社の経営管理およびこれに付帯関連する業務、その他、銀行法により銀行持株会社が行うことができる業務を行っている。iBankは、銀

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・業務提携・株式譲渡・持分法適用関連会社化」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

「資本業務提携・業務提携・株式譲渡・持分法適用関連会社化」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年3月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード