M&Aニュース

ヒビノ、連結子会社を通じて、AV-X GmbHの株式取得、子会社化

ヒビノ株式会社(2469)は、連結子会社であるHibino Europe B.V.(オランダ、Hibino Europe )を通じて、ヨーロッパを中心に大型映像サービスを展開するAV-X GmbH(ドイツ)の株式を増資引受により取得し、子会社化することを決定した。

AV-X GmbHが実施する第三者割当増資により発行する株式を連結子会社であるHibino Europe B.V.が引受ける。
取得価額は、Hibino Europeが23万ユーロ。議決権所有割合は、ヒビノが15.0%、Hibino Europeが46.0%、グループ合計で61.0%となる。
本件に伴い、AV-X GmbHは、商号をHibino Deutschland GmbHへ変更を実施する。

ヒビノは、音響と映像を中心とした製品、商品、サービスを多様な市場に提供している。

連結子会社Hibino Europe B.V.は、欧州子会社の管理・統括を行っている。

AV-X GmbHは、イベント用映像システム・音響システムの企画立案、レンタル、オペレート事業を展開。ヨーロッパの大手自動車メーカーを主な顧客として、モーターショーを中心に大型映像サービスを行っている。

本件により、ヒビノは、AV-X GmbHの事業拡大を後押し、グループのグローバル展開をさらに加速させる。
また、AV-X GmbHの豊富な知見および広範なネットワークを活用していくことから、ヨーロッパにおける事業機会創出および新たな戦略的パートナー開拓を目指す。

・今後のスケジュール
契約締結日 2022年3月上旬
商号変更日 2022年4月1日
払込期日 2022年7月1日

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ヒビノに関連するM&Aニュース

ヒビノ(2469)、日本板硝子(5202)100%子会社・日本板硝子環境アメニテイの全株式取得、完全子会社化

ヒビノ(2469)は、日本板硝子(5202)100%子会社である日本板硝子環境アメニテイ株式会社(東京都港区)の全株式を取得し完全子会社とすることを決定し、日本板硝子との間で株式譲渡契約を締結した。取得価額は1,950百万円。ヒビノは、業務用音響機器等の輸入販売を手掛けており、音空間の設計・施工から音響システム販売、保守に至るまで、ワンストップで提供している。進行中の中期経営計画において、「業界ト

ヒビノ(2469)、業務用映像機器等輸入販売を手がけるテクノハウスの全株式取得

ヒビノ(2469)は、株式会社テクノハウス(東京都中央区)の全株式を取得し完全子会社とすることを決定し、テクノハウス株主との間で株式譲渡契約を締結した。ヒビノは、音響機器販売・施工、映像製品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスを主な事業としている。音響機器販売・施工事業では、国際基準で高い評価を得る業務用音響機器等を輸入販売しており、音空間の設計・施工からシステムの保守に至

ヒビノ(2469)、韓国の音響機器販売会社・Sama Soundグループ3社の株式取得、連結子会社化へ

ヒビノ(2469)は、SamaSoundInc.、SamaD&ICo.,Ltd.(韓国・ソウル)及びSamaCDSInc.(以下、総称して「SamaSoundグループ3社」)の株式の一部を取得し連結子会社とすることについて、3社の株主との間で基本合意書の締結を決定した。ヒビノグループは、音響機器販売・施工、映像製品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスを主な事業としている。進

ヒビノ(2469)、映像・音響機器販売のエレクトリを完全子会社化

ヒビノ株式会社(2469)は、株式会社エレクトリ(東京都豊島区)の全株式を取得し、連結子会社化することを決定した。取得価額は180百万円。ヒビノは、放送局やホール、ライブハウス等で使用される、プロ仕様の音響機器販売、映像製品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスの提供を行っている。エレクトリ社は、学校や官公庁、ホテル、エンターテインメント施設等向けの音響・映像および制御機器や

ヒビノ(2469)、日東紡音響エンジニアリングを完全子会社化

ヒビノ株式会社(2469)は、日東紡音響エンジニアリング株式会社(東京都墨田区)の全株式を日東紡績株式会社(福島市)より取得し子会社化することを決定した。取得価額は概算807百万円。ヒビノは、音響機器販売事業等を行っている。日東紡音響エンジニアリングは、60有余年に及ぶ防音・防振に関する音響技術をコアとして、建築音響工事の設計・請負事業を主力に、音に関連するコンサルティング及びシステム構築事業を手

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

海外M&A
新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

今までのブログ投稿では海外現地からの情報発信、マクロ的な話が多かったかと思いますので、少し現場に近い部分の情報発信をさせて頂きます。今回は、新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダードについて書きたいと思います。(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらからコロナ禍で絶望的な海外M&Aの現場全世界を巻き込んだ新型コロナは漏れなく日本M&Aセンターの海外M&Aビジ

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

「株式譲渡・子会社・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード