M&Aニュース

ヒビノ(2469)、日本板硝子(5202)100%子会社・日本板硝子環境アメニテイの全株式取得、完全子会社化

ヒビノ(2469)は、日本板硝子(5202)100%子会社である日本板硝子環境アメニテイ株式会社(東京都港区)の全株式を取得し完全子会社とすることを決定し、日本板硝子との間で株式譲渡契約を締結した。
取得価額は1,950百万円。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A

ヒビノは、業務用音響機器等の輸入販売を手掛けており、音空間の設計・施工から音響システム販売、保守に至るまで、ワンストップで提供している。進行中の中期経営計画において、「業界トップの維持・シェア向上」と「システムソリューション販売の強化」を掲げている。

日本板硝子環境アメニテイは、防音・防振音響技術をベースとした製品販売及び工事を主な事業としている。

本件M&Aにより、ヒビノグループは、建築設計・施工といった上流段階への関与機会を増やすことで、最終顧客へのアプローチを強化する。また、日本板硝子環境アメニテイの受注物件に自社グループの取り扱う輸入ブランド商品を供給することで、売上・利益の拡大を図る。
さらに、ヒビノの完全子会社である日本音響エンジニアリングと日本板硝子環境アメニテイとの、技術の融合を通じた新製品の開発や生産性の向上も目指す。

●今後のスケジュール
株式取得実行日 2019年4月1日

この記事に関連するタグ

「子会社・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

ヒビノ(2469)、業務用映像機器等輸入販売を手がけるテクノハウスの全株式取得

ヒビノ(2469)は、株式会社テクノハウス(東京都中央区)の全株式を取得し完全子会社とすることを決定し、テクノハウス株主との間で株式譲渡契約を締結した。ヒビノは、音響機器販売・施工、映像製品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスを主な事業としている。音響機器販売・施工事業では、国際基準で高い評価を得る業務用音響機器等を輸入販売しており、音空間の設計・施工からシステムの保守に至

ヒビノ(2469)、韓国の音響機器販売会社・Sama Soundグループ3社の株式取得、連結子会社化へ

ヒビノ(2469)は、SamaSoundInc.、SamaD&ICo.,Ltd.(韓国・ソウル)及びSamaCDSInc.(以下、総称して「SamaSoundグループ3社」)の株式の一部を取得し連結子会社とすることについて、3社の株主との間で基本合意書の締結を決定した。ヒビノグループは、音響機器販売・施工、映像製品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスを主な事業としている。進

ヒビノ(2469)、映像・音響機器販売のエレクトリを完全子会社化

ヒビノ株式会社(2469)は、株式会社エレクトリ(東京都豊島区)の全株式を取得し、連結子会社化することを決定した。取得価額は180百万円。ヒビノは、放送局やホール、ライブハウス等で使用される、プロ仕様の音響機器販売、映像製品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスの提供を行っている。エレクトリ社は、学校や官公庁、ホテル、エンターテインメント施設等向けの音響・映像および制御機器や

ヒビノ(2469)、日東紡音響エンジニアリングを完全子会社化

ヒビノ株式会社(2469)は、日東紡音響エンジニアリング株式会社(東京都墨田区)の全株式を日東紡績株式会社(福島市)より取得し子会社化することを決定した。取得価額は概算807百万円。ヒビノは、音響機器販売事業等を行っている。日東紡音響エンジニアリングは、60有余年に及ぶ防音・防振に関する音響技術をコアとして、建築音響工事の設計・請負事業を主力に、音に関連するコンサルティング及びシステム構築事業を手

「子会社・株式譲渡」に関連するコラム

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード