M&Aニュース

シーズメン、ネクスグループ連結子会社より全株式取得、基本合意書締結へ

株式会社シーズメン(3083)は、株式会社ネクスグループ(6634)連結子会社の株式会社チチカカ(東京都中央区)の全株式を取得し、子会社化することを前提に、株式取得に関する基本合意書を締結することを決定した。

ファッション・生活用品小売業界のM&A

シーズメンは、衣料品および服飾雑貨の販売事業を展開している。

ネクスグループは、グループ企業の経営戦略策定および経営管理を行っている。介護、リハビリロボットなどの企画、開発、販売、 農業ICTの企画・開発・販売事業を行っている。

チチカカは、エスニックファッションおよびエスニック雑貨の輸入販売を行っている。

本件M&Aにより、シーズメンは、チチカカのノウハウを取り込みシナジー効果創出を図ることから、商品の多様化・顧客層拡大・販売体制強化を図る。
今後も業績向上を目指すとともに、さらなる企業価値向上を目指す。

・今後のスケジュール
株式譲渡契約締結日 2022年2月28日
株式譲渡実行日 2022年3月1日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・基本合意・子会社」に関連するM&Aニュース

シーズメン、TSIホールディングスの子会社スピックインターナショナルの全株式取得、子会社化へ

株式会社シーズメン(3083)は、株式会社TSIホールディングス(3608)の子会社の株式会社スピックインターナショナル(東京都目黒区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。シーズメンは、衣料品および服飾雑貨の販売を展開している。カジュアルウェア「METHOD」「流儀圧搾」等のブランドを展開。TSIホールディングスは、傘下子会社およびグループ会社の事業活動の管理ならびにそれに付帯する業務を

CAICA(2315)、子会社のアイスタディ(2345)がネクスグループ(6634)よりソフトウェア開発企業のイーフロンティアの株式取得、連結子会社化へ

株式会社CAICA(2315)の子会社アイスタディ株式会社(2345)は、株式会社イーフロンティア(東京都港区)の株式の一部を株式会社ネクスグループ(6634)から取得し、連結子会社化することを決定した。取得価額は、80百万円。議決権所有割合は、99.9%となる。CAICAの子会社アイスタディは、人材育成・採用支援を事業の柱とし、eラーニングシステムの開発販売など、企業および個人のスキルアップに貢

アイスタディ(2345)、ネクスグループ(6634)子会社の介護事業者向けASPシステム開発事業のケア・ダイナミクスの全株式取得

アイスタディ株式会社(2345)の連結子会社である株式会社エイム・ソフト(東京都新宿区)が株式会社ケア・ダイナミクス(東京都港区)の全株式を、株式会社ネクスグループ(6634)から取得し、孫会社とすることを決定した。取得価額は、72百万円。アイスタディは、人材育成・採用支援を事業の柱とし、eラーニングシステムの開発販売、ラーニングコンテンツ、人材紹介サービスなど、企業および個人のスキルアップに貢献

シーズメン(3083)、衣料品、服飾雑貨メーカーのピートと資本業務提携

シーズメン(3083)は、株式会社ピート(東京都墨田区)との間で資本業務提携を行い、ピートの株式を取得して子会社化することを決定した。取得価額は40百万円。今回取得に基づく議決権所有割合は40.20%ではあるが、筆頭株主・大株主との議決権行使に関する取り決めにより実質的な議決権行使可能割合は91.45%となる予定。ピートは、衣料品、服飾雑貨の製造、小売及び卸売を展開している。シーズメンの主要な取引

ネクスグループ(6634)の連結子会社、アイスタディ(2345)と資本業務提携

ネクスグループ(6634)の連結子会社である株式会社イーフロンティア(東京都新宿区)は、ブイキューブ(3681)の連結子会社アイスタディ(2345)と資本業務提携を実施し、同社が実施する第三者割当増資の引き受けを決定した。アイスタディが実施する第三者割当増資実施後の発行済株式総数に対する所有割合11.99%相当をイーフロンティアが取得する。取得価額は259,200,000円。アイスタディは、企業に

ネクスグループ(6634)、子会社を通じカジュアルファッションブランド「FACETASM」展開の会社と資本業務提携

ネクスグループ(6634)連結子会社の株式会社バーサタイルは、株式会社ファセッタズム(東京都渋谷区)と資本提携を実施し、ファセッタズムが実施する第三者割当増資を引き受け子会社化することを決定し、ファセッタズムとの間で資本提携契約を締結した。バーサタイルは、ファセッタズムが実施する第三者割当てにより新たに発行する普通株式4,182,000株(株式取得後の発行済株式総数に対する所有割合51.00%)を

ネクスグループ(6634)、シーズメン(3083)と資本業務提携、第三者割当増資を引受け

ネクスグループ(6634)とシーズメン(3083)は、資本業務提携契約を締結した。シーズメンの第三者割当による自己株式の処分につき、ネクスグループがその全てを引き受ける。引受価額は90,958千円。発行済株式総数に対する所有割合は19.01%となる。ネクスグループは、IoT分野を注力領域の一つに挙げ、ハードの提供だけに留まらない、IoT関連サービスの提供に注力してきた。また、服飾品の販売、トレード

フィスコ(3807)子会社のネクスグループ(6634)とテリロジー(3356)、資本業務提携

フィスコ(3807)の連結子会社であるネクスグループ(6634)は、テリロジー(3356)との間で資本業務提携契約を締結した。本件に伴い、ネクスグループおよびその関係会社の兄弟会社である株式会社シークエッジ・インベストメント(大阪府岸和田市)とテリロジー取締役との間で、テリロジー株式を市場外の相対取引により取得する契約を締結した。取得価額はネクスグループは630,217,500円、シークエッジ・イ

ネクスグループ(6634)、ソウ・ツーと資本業務提携

ネクスグループ(6634)は、連結子会社であるイー・旅ネット・ドット・コム株式会社(大阪府)と株式会社ソウ・ツー(東京都)が資本業務提携し、イー・旅の普通株式の一部をソウ・ツーに譲渡することを決定した。イー・旅は、旅行関連のeマーケットプレイスの運営事業を行っており、また子会社を通じてオーダーメイド型の旅行プラン提供に特化している。ソウ・ツーは、主要とする不動産関連事業のほか、蔦屋書店に代表される

フィスコ(3807)子会社のネクスグループ(6634)、SJI(2315)を子会社化

株式会社フィスコ(3807)の連結子会社である株式会社ネクスグループ(6634)は、株式会社SJI(2315)と資本業務提携契約書を締結することと、SJIが第三者割当により発行する普通株式(デット・エクイティ・スワップを含む)並びに新株予約権を引き受けし、SJIを子会社化することを決定した。ネクスグループは、SJIの発行済株式総数の57.4%(議決権比率57.4%)を合計6,469,988,000

「株式譲渡・基本合意・子会社」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

「株式譲渡・基本合意・子会社」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード